NHKアナウンス室

アナウンサー仕事の流儀

バックナンバー↓

インタビュー 豊原謙二郎

スポーツを通して、伝えたいこと。
1/07
ラグビーから教えてもらったこと。
  • ラグビーに興味を持ったきっかけを教えてください。

    中学生のとき、テレビでたまたま早稲田大学と明治大学の試合を見たことです。毎年12月の第1日曜日に行われる対抗戦で、その年は雪の中で行われ、しかもまさに死闘と言うべきものすごい試合でした。今でも『雪の早明戦』と言われ語り継がれているくらいです。 その熱戦をテレビで見て、こんなにも熱い世界があるのかと思い、高校に入ったら絶対にラグビー部に入ろうと思いました。

  • ラグビー部に入ってみてどうでしたか?

    ポジションは、予想外のフォワードでした。私は人よりも少しだけ足が早かったので、きっとボールを持って走り回るバックスだろうと勝手に思っていましたが、チームメートの中では身長174センチと体格がいいほうだったので、スクラムを組んで相手選手とガツガツ当たるフォワードでプレーすることになりました。そして、練習や試合を重ねて、一つのボールをつなぐ喜びや尊さを理解できるようになると、ますますラグビーというスポーツが好きになりました。

  • 当時、どんな思い出がありますか?

    今でも鮮明に覚えているのは、やっぱり初めてタックルで人を倒したときのことですね。試合形式の練習の最中、180センチを越える大柄な先輩が、自分めがけて突進してきたんです。メチャメチャ怖かったんですが、タックルをしなければどんどん前進されてしまいます。一瞬ためらいしましたが、覚悟を決めて、練習した通り、低く構えてその先輩の腰の辺りに肩をぶつけるように突っ込みました。ドーンという衝撃が体に伝わってきましたが、必死で先輩の両太モモにしがみついたら、バタッと先輩を倒すことができたんです。仲間からは「ナイスタックル!」という声が飛びました。「怖かった」という恐怖感と、「やった!倒せた!」という達成感、「責任を果たした」という使命感とがミックスされた、なんともいえない高揚感がありました。これもラグビーをプレーする上での、一つの大きな魅力だと思います。

  • ラグビーの経験で、今に活かせていることはありますか?

    何かできないことがあっても、それを克服しようと意識して練習していればいつかできるようになる瞬間がある、ということです。 ラグビーでうまくできないプレーがあった時、どうすればそのプレーができるようになるのか常に意識して練習することで、あるときにポーンとブレイクスルーする瞬間がありました。 例えば、私は、ボールを持って走るときに、はじめは闇雲に突進することしかできませんでした。先輩から「ボールをもらう前に一度顔を上げて前を見ろ」と指導されましたが、なかなかできず、突進していくばかりでした。それでも、「もらう前に前を見る、前を見る・・・」と意識だけは持ち続けるようにしました。すると、あるとき、ボールをもらう直前に前方を見回して、どこを走れば相手の防御を突破できるのかとっさに判断し、大きく前進することができたんです。 それは、きっと、意識し続けないと訪れない瞬間だと思います。 私は器用なタイプではなく、はじめはうまくいかなことばかりでした。それでも、どうすればできるようになるのか意識し続けていると、いつの間にかできるようになっている。とにかく意識し続けること、それが大事だということをラグビーを通して学びました。

1/15
インパクトのある言葉で勝負する。
  • 初任地は佐賀放送局でしたが、
    そこで印象に残っている仕事は?

    私はモータースポーツも好きだったので、できればそれに関わる仕事がしたかったんです。とはいえ、自動車レースのF1は民放で放送していたし、NHKでモータースポーツの仕事は無理だろうなとも思っていました。
    そんなとき、佐賀県出身でオートバイによる世界グランプリ(MotoGP)で戦っている選手がいることを知りました。さらに、当時、NHKでMotoGPの中継がはじまったこともあり、その選手で番組を作りたいと提案し続けたんです。彼が佐賀に里帰りしたときや日本でレースがあるときは取材し、夕方の情報番組のスポーツコーナーで活躍を紹介するなどして、およそ1年間追いかけました。そして、そうした取材の積み重ねが一つの番組になったんです。
    アナウンサーになる前に「NHKでは、自分がやりたいことを『やりたい!』と言い続け、そのためのアクションを続けていれば、いつかは実現できるよ」と聞いていたのですが、「それはこういうことか!」と思いました。

  • スポーツアナウンサーを志したのはいつごろのことですか?

    緊張感とワクワク感が同居しているスポーツの現場の空気が好きだったので、そこに関わり続けたい。そして、その空気に最もふれられるのがスポーツ実況でした。でも、しゃべるのがうまくなかったので、佐賀放送局のころは、スポーツアナウンサーには絶対になれない・・・と弱気になっていました。
    だけど、次に赴任した京都放送局のときに、ここで勝負しないとおそらくスポーツ実況を担当するアナウンサーにはなれないと思い腹をくくりました。

  • スポーツ実況を担当するために、どんなことをしましたか?

    ひたすら自主練ですね。野球の試合の録画を見たり、高校や大学の野球部の練習試合を見に行ったりして、実況の練習をしました。練習試合では、観客もほとんどいない中、1人、ずっとブツブツ言っていました(笑)。

  • スポーツを実況するアナウンサーとして、
    手応えをつかんだのはどんな時ですか?

    声質や滑舌に自信がなかったし、何より先輩のように淀みなく流ちょうにプレーを描写することができなくて・・・、実況は本当に下手でした。でもあるとき、自分で言うのは照れくさいのですが、これならもしかすると同期や先輩とも勝負できるかもしれないと思えるものに気づいたんです。それは、「ここぞ!と言う場面での言葉のチョイス」です。そのシーンにフィットする短いフレーズで、しかもこれまで先輩たちがあまり使ってこなかった表現で。
    立て板に水のようにしゃべるのではなくて、インパクトのある短い言葉をそのとき起きたプレーに当てていく。そういう実況スタイルなら自分の強みが生かせるのではないかと考えて練習しました。
    もちろん先輩たちに少しでも近付くためにプレーを淀みなく描写する練習もしましたが、自分が勝負できるところ、「ここぞ!という場面での言葉のチョイス」を大切に練習していくことにしたんです。

1/21
ゲームが白熱するほど冷静になれる。
  • これまでの放送で、特に印象に残っているものは何ですか?

    2015年のラグビーワールドカップで、日本代表が南アフリカ代表から大金星をあげた試合は、やはり印象深いですね。
    日本代表が世界を驚かせた試合を実況できたということ。そして、これは個人的なことになりますが・・・自分がこれまでやってきたことがあの試合、あの最後の逆転トライの瞬間に全てが報われたような気がしたんです。
    高校時代にラグビー部でその魅力にとりつかれ、アナウンサーになってからは、改めてラグビーのことを勉強し直しました。高校や大学ラグビーの人気が衰え、冬の時代と言われた時期もありましたが、自分がすばらしいと思い、ずっと関わっていきたいと思っていたスポーツだったので、現場に足を運んで地道に取材を続けてきました。そうやって積み上げてきたものを生かせる、総動員できる機会に恵まれたことに本当に感謝しています。

  • 実況をしていて選手に感情移入してしまうことはありませんか?

    白熱するシーンであればあるほど、集中するので逆に冷静です。集中力が高まっているのでいろいろなものが見えてきて、そのときに起こっていることをロジカルに実況することができます。しかも、頭が研ぎ澄まされるので、ふだんでは思いつかないような言葉がとっさに出てきたりもします。
    たとえば、2016年のリオデジャネイロオリンピック、柔道100キロ超級の原沢久喜選手とフランスのテディ・リネール選手の決勝戦の実況。その試合、原沢選手はリネール選手に組ませてもらえず、『指導』をとられて敗れました。どちらもすばらしいアスリートであることは間違いありません。リネール選手が、原沢選手に有利な組手を取らせず、『指導』を受けさせたのも戦術の1つです。
    私は実況しながら歯がゆい思いがありましたが、「リネール選手がこういう動きをするので、原沢選手が攻めていないように審判には映るのですね」など、解説者の言葉を借りながらロジカルに実況を続けました。同時に、日本で観戦している人たちはこの試合をどのような気持ちで見ているのだろうとも思いました。
    そして、原沢選手が敗れた瞬間、リネール選手をおとしめずに、どういうことを言えば日本で見ている人たちの気持ちにシンクロできるだろう?と考えたんです。そのとき、パッとひらめいたというか、口をついて出てきたのが「原沢、柔道をさせてもらえませんでした」という言葉です。柔道の試合で柔道をさせてもらえなかった。日本でこの試合を見ていた多くの人たちの悔しい思いを代弁しようと選んだギリギリの言葉です。集中力が高まっているからこそ、冷静に言葉を選べたのだと思います。

  • 『NHKニュース おはよう日本』ではスポーツキャスターを
    担当していますが、どんなことを心がけていますか?

    朝のスポーツコーナーは、日本時間の明け方に試合が行われているメジャーリーグの速報もありますが、前夜の試合の結果報告になってしまいがちです。でも、それではつまらないので、試合結果だけでなく、そこにプラスアルファがほしいと番組のプロデューサーから言われました。
    スポーツ実況を担当するアナウンサーは、取材をして選手たちからもたくさんの話を聞いています。ですから、私は「昨夜のあの選手のプレーが勝敗を分けましたが、実はあの選手はふだんからこういう練習をしているから、あのプレーが出せたのだと思います」など、取材実感を元にコメントするようにしているんです。
    それから、優れた指導者の考えには、教育やビジネスのヒントになるようなこともたくさんあります。そういう話をコメントすることで、番組をご覧のみなさんが、日常生活に役立てたり、仕事の悩みを解消するヒントにしたりしてもらえるとうれしいですね。

1/28
スポーツには、すばらしい価値がある。
  • スポーツの放送を担当する上で大切にしていることは何ですか?

    スポーツを、ただのスポーツで終わらせない実況をしたいと思っています。30歳を過ぎたころから、そう考えるようになりました。
    それは、試合をより楽しんでもらえるように伝えることを前提として、見ている人たちが選手に感情移入できる、「この選手がこんなに頑張っているんだから、自分も頑張ろう」と思ってもらえるような実況です。みなさんにそう感じてもらえるように、私は選手の努力に報いる放送をすべきだと考えています。

  • それはどういうことですか?

    ワンプレーのために日々汗を流している選手、そしてその選手を支えている、監督、コーチ、家族、ファンのために実況をする。そうすることで、視聴者が選手に共感できるポイントが生まれるのではないかと考えています。
    たとえば、高校野球の試合、サードへの強い打球。グローブで捕球することはできなかったが、体でボールを受け止めて前に落としたとき。「サード、ボールを落としました」と言うのと、「サード、強烈な当たりを体で止めました」と言うのでは印象が全然違います。
    取材を通して、その選手が試合のためにどれだけ厳しい練習をしてきたか知っているので、打球を後ろにそらさなかった選手のプレーを、「体で止めました」と実況したい。そのほうが見ている人にも、その選手の試合にかける熱い思いが伝わるのではないでしょうか。

  • どんなアナウンサーを目指していますか?

    スポーツには、勝った負けた以上のものがあって、その価値を最大限に伝えられる放送をしたい。私はスポーツの世界が好きだし、スポーツは人間が生活していく上でとても役立つことを教えてくれると思っています。
    たとえば、一見、無謀なプレーに見えても、実は自分を犠牲にしてチームメイトを生かしていることがあります。また、注目を集めるようなすばらしいプレーの前に、目立たなくても本当はすごいプレーでお膳立てしていることもあります。いいプレーには影の立役者がいることも多いのです。
    これは実況だけでなく、スポーツニュースでも同じですが、「スポーツは人間が成長する上で、役に立つ、良いものである」ということが感じられる実況をしたいし、そういう放送ができるアナウンサーになりたいと思っています。

    ありがとうございました。

ページトップへ↑