NHKアナウンス室

アナウンサー仕事の流儀

バックナンバー↓

インタビュー 林田理沙

大切なのは「伝えたい」という気持ち。
5/07
言葉の持つ力。
  • 子どものころの夢は何でしたか?

    5歳からピアノを習っていたのですが、中学生の頃から、世界の人々に少しでも安らいでもらえるピアニストを目指したいと思うようになりました。
    転機となったのは、高校2年生の時に出場したコンクールです。ピアニストの夢を叶えるため絶対に納得できる結果を出さなければと意気込んで臨みました。でも、演奏の途中で指が止まってしまったんです。もともと、ステージに立つことや人前で演奏することが大好きで、練習よりも本番の方が手ごたえを感じることが多かったのに、なぜかその日は、突然頭が真っ白になって……、曲の続きがわからなくなってしまいました。初めての経験でした。この一番大事な日に限ってなぜこんなことになったのだろうとショックを受け、同時に、一度限りの演奏で全てが決まってしまう、常に最高のパフォーマンスを求められるプロは厳しい世界なのだと痛感しました。
    それで、ピアニストになりたいという夢はあきらめ、進路を考えなおそうと思ったんです。

  • その後、目標はどう変わりましたか?

    音楽の世界に身を置きたい、音楽で世の中に貢献できれば、という思いは強かったので、大学は音楽学部に進み、大学院の音楽研究科でも学びました。
    アルバイトもクラシックコンサートの制作スタッフやNHK交響楽団のコンサートスタッフなど、音楽に関わるものでしたね。
    そして、卒業後の仕事としては、音楽番組を作るディレクターに憧れるようになりました。

  • どんなきっかけでアナウンサーを志望するようになったんですか?

    就職活動を前に進路について改めて考えていた時、知人からすすめられたことがきっかけです。その時に思い浮かんだのは大学3年生のときに起こった東日本大震災でのNHKアナウンサーの姿でした。スタジオから避難を呼びかけたり、避難所から不足しているものを伝えたり、アナウンサーは、言葉の力で人の命を守る仕事なんだと、改めて、興味を持つようになりました。

  • そういえば、大学時代にオーケストラサークルで指揮をしていたとき、言葉で自分の思いを伝えることの難しさを実感したことがありました。
    指揮者は、大勢いるオーケストラの団員に自分がイメージしている音を伝えなければいけません。しかし、大勢いるオーケストラの団員に自分がイメージしている音を伝えるのはとても難しいことです。たとえば、「芯のある音で」と言ったことがあるのですが、みんながイメージする「芯のある音」は千差万別で、思っていた音は出てきませんでした。いろいろ思い悩んで、「スパゲッティのアルデンテの茹で加減をイメージしてください」と言ったら共通のイメージがパッと伝わって、私が表現したかった音が聴こえてきました。そのとき、正確に伝える言葉の表現の難しさや大切さ、そして、言葉の持つ力を感じたんです。
    今思えば、その体験も、アナウンサーに興味を抱くきっかけだったような気がします。

5/13
長崎で学んだこと。
  • 初任地の長崎では、どんな仕事をしましたか?

    長崎では、どの仕事もやりがいがあり、いろいろなことを学ばせてもらいました。そんな中、特に思い出深いのは、カクレキリシタンの取材です。
    2018年、『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』が世界文化遺産に登録されましたが、私が入局した2014年は、世界文化遺産への登録を目指しているところでした。その取材をする中で、『潜伏キリシタン』の信仰の形を禁教期が終わったあとも守り続けてきたカクレキリシタンの人々が、長崎県内にいまも暮らしていることを知ったんです。
    そこで、2013年のバチカン国際音楽祭で、カクレキリシタンの祈りである『オラショ』を演奏した、世界的に活躍する指揮者の西本智実さんにインタビューする企画を提案し、作ることができました。

  • 音楽に関わる仕事ですね。

    だから、とてもうれしかったです。だけど、インタビューの難しさも学びました。収録したあと、私が面白いと思った部分を先輩や上司に見てもらったら、難し過ぎてわからないと言われてしまったんです。自分が学んできた分野なので、西本さんへの質問がついつい専門的になってしまい……。しかも、肝心な、西本さんが「オラショ」を演奏したいと思った理由は、あまり引き出せていませんでした。私には、テレビの前の人が、どんな話を聞きたいのかという意識が足りなかったんです。放送は、コメントで情報を補足することで分かりやすくできたのですが、このとき、改めて、アナウンサーは、常に視聴者のみなさんの視点を持っていなければならないことを痛感しました。

  • ほかにはどんな取材をしましたか?

    カクレキリシタンと、カトリックの信者、仏教徒の方が暮らしている長崎市の外海地区を取材してニュースリポートを制作しました。その地域では、禁教時代は、潜伏キリシタンの信仰が守られていましたが、明治以降3つの宗教に分かれました。そのため地区の人々の間に生まれ、今も残る心のわだかまりをなくそうと、合同で先祖の慰霊祭を行う取り組みを紹介したものです。
    日本にもそのような宗教のわだかまりがあったことに驚きましたし、取材を通して、それぞれの信仰を守りながら、地域のつながりを大切にしてゆこうという人々の思いに、私は、とても感動しました。
    そこには、世界の平和へのヒントがあると思ったんです。

  • 長崎で学んだことで、いまも大切にしていることはありますか?

    新人のころ先輩から、「放送で言葉を発するときには、その言葉で傷つく人がいないか?ちゃんと考えなさい」と指導されました。何気ない言葉が、誰かを傷つけることもある。アナウンサーとしてこれは胸に刻みつけていないといけないことだと思っています。
    番組を視聴者に直接伝えるアナウンサーとして、自分が発する言葉の一つ一つに細心の注意を払うことを心がけるようになりました。

5/20
心がけているのは「仕事をしないこと」。
  • 『ブラタモリ』の見どころを紹介してください。

    同じ景色をみても、私たちが感じることと、タモリさんが考えることは違うというか、視点が違うんです。そこを楽しんでほしいと思います。たとえば、湘南に行ったとき。私が「あっ、烏帽子岩(えぼしいわ)、これがまさに湘南のシンボル!」と思っていたら、タモリさんは「あれは、プレート同士がぶつかって盛り上がったんだろうね。一千万年前に盛り上がったところが長い年月をかけて削られて、この部分だけ残ったんだ」と。それを聞いて、学生のころ何気なく見ていた景色が新鮮に見え、様々な偶然が重なってできた、奇跡のような景色なのだと感激しました。

  • また、宇治では、現地に行く前に、地形図を見ながらタモリさんが「このくぼみ、怪しいな」、「川だね、川があったんだね」と楽しそうに話していました。そして実際にその場所に行ってみると、元々川だったところが、埋め立てられて道になっていることが分かったんです。タモリさんを通して景色を見ると、いろいろな発見があるところが、この番組のおもしろさだと思います。

  • どんなことを心がけていますか?

    「仕事をしないこと」です(笑)。
    『ブラタモリ』を担当することになって、タモリさんにごあいさつしたとき、「仕事をしないこと。仕事だと思ったらダメ、遊びだと思ってやらないと」とアドバイスしていただきました。それは「アナウンサーの仕事をする自分と自然体の自分が同じになること」で、とても難しいことだなぁと感じています。はじめは「知らない、わからない」と言うことにも勇気がいりました。でも、どんなことも受け止めてくれるタモリさんのおかげで、少しずつではありますが、自分が感じたことをそのまま言葉にできるようになってきたと思います。ただし、その一方で、内面が問われることになるので、自身を高めていかなければと日々考えているところです。

  • 『おはよう日本』は2年目になりましたね。

    朝は、誰にとっても忙しい時間だと思います。
    出勤前で慌ただしい人、夜勤明けで帰って来てこれから寝る準備をしている人など。だから、何かをしながら見ていても、声だけ聞いていても、内容がすっと入っていくように、端的でわかりやすいコメントを心がけています。
    そのためには自分がしっかり内容を理解していなければならないので、疑問に感じたことは、時間がある限り調べ、取材したスタッフや詳しい人に納得できるまできくことにしています。

5/27
「伝えたいこと」を持ち続ける。
  • 趣味は何ですか?

    最近またピアノをはじめました!子どものころは、練習曲を機械的に弾くことが辛いと感じていたんですが、久しぶりに練習曲を弾いて、その大切さやすごさがわかりました。「これを弾けるようになると、あの曲のあの部分も弾けるようになる」とか、「ここを練習すればどの曲にも応用できる」と。好きではなかった練習曲を弾くことが、楽しくなりました。
    これは仕事にもつながっていますね。改めて、発声練習など、基本をおろそかにせず、目的意識を持って取り組んでいこうと思いました。
    あと、趣味と言えるかわかりませんが……スイーツを食べることです(笑)。特にチョコレートが大好きで、幼稚園のころ「チョコレートのうた」を作ったくらいです。
    世界のいろいろなチョコレートを食べ比べするのが好きで、ヨーロッパ旅行に行ったときには、スーツケースの半分くらいチョコレートを買ってきたことがあります。それを見た家族からは「あなた、仕入れに行って来たの?」と笑われてしまいました。

  • 今後、どんな番組を担当してみたいですか?

    1つは音楽番組です。たとえば、音楽マニア向けに、ジャンルを問わず徹底的に音楽のコアな話をする番組。また、クラシック音楽を身近に感じてもらうために、クラシックのコード進行が今のヒット曲に応用されていることや作曲家の意外な素顔などを紹介する番組も担当したいですね。
    そして、もう1つは平和をテーマにした番組。長崎にいたころ、戦争の悲惨さを若者がどう後世に伝えていくかをテーマにした討論番組を担当するなど、平和について考える機会が数多くありました。以来、平和に関する番組に携わりたいと強く思うようになったんです。

  • 最後に、アナウンサーを目指している人たちにどんなことを伝えたいですか?

    アナウンサーとして「伝えたいこと」を持っていてほしいと思います。私は「音楽の魅力を伝えたい」という思いから放送の仕事を志望し、アナウンサーになりました。NHKには、新人でも「やりたい」と手を上げれば挑戦させてもらえる環境があります。だから、私も「伝えたいこと」を持ち続けることを大切にしています。

    ありがとうございました。


ページトップへ↑