NHKアナウンス室

アナウンサー仕事の流儀

バックナンバー↓

インタビュー 上原光紀

最終走者として、情報を届ける。
11/5
スポーツが大好き。
  • 子どものころ夢中になっていたことはありますか?

    幼いころから好奇心が旺盛で、いろいろなことに興味をもっていました。
    小学生の時は水泳教室に通っていたのですが、ある程度泳げるようになったところでアーティスティックスイミングを始めました。そして、中学生になると、「袴姿がかっこいい」、「動物と触れ合える」、という理由から弓道部と馬術部に。
    さらに高校では、大勢で1つの曲を奏でるオーケストラに興味が湧き、コントラバスを弾いていました。何かひとつのことを極めるというより、幅広く好奇心のおもむくままに挑戦していました。

  • 大学では何に打ち込んだのですか?

    4年間、フィールドホッケー部でほとんどの時間を過ごしました。朝から練習して、その後急いでシャワーを浴びて、スウエット姿で授業に出て。夏は合宿もあったので、いつも真っ黒に日焼けしていました(笑)。雨の日も雪の日もグラウンドで過ごした大学時代は、華やかなキャンパスライフとはほど遠いものでしたが、最高に楽しかったです。

  • 就職活動には、どう取り組みましたか?

    「おもしろそう!」と思った企業にエントリーシートを出して、その中に放送局もありました。これまでにアーティスティックスイミングや弓道、乗馬やフィールドホッケーと、様々なスポーツに取り組んできた中で、その魅力や頑張っている選手に、もっとスポットライトを当てる番組を作りたいと考えたんです。

  • そんな中、どうしてアナウンサーを志望したのですか?

    NHKの面接で「アナウンサーも、自ら取材をしたり番組の企画を考えたりできる」、そして「最終的に自分の言葉で伝えることもできる」と聞いて、「やってみたい!」と。アナウンサーになるための勉強をしていない自分で大丈夫か?という不安もありましたが、「おもしろそう!」と思うと、考えるよりも先に行動しちゃうんです(笑)。今はあのときの自分の「おもしろそう!」という素直な気持ちに従って大正解だったと思っています。

11/11
新人時代の思い出。
  • 新人時代のことを教えてください。

    初任地は新潟で、はじめはカメラに向かって自分が一方的に話すことを不自然に感じていました。まだ、カメラの向こうにいる視聴者のみなさんを想像できていなかったんです。その上、私は「アナウンサーは常に真面目な表情をして、カメラをまっすぐ見続けて話すものだ!」と思い込んでいたので、余計に不自然になって・・・。「しゃべっている顔が怖い」と言われていました(笑)。

  • それがどう変わったのですか?

    取材などで地元の方と接するようになって、「そうか、私はこの人たちに伝えるためにニュースを読めばいいんだ」と思えるようになったんです。すると、カメラの向こうに皆さんの顔が浮かんできて、語りかけるつもりで伝えると表情も柔らかくなったし、ニュースの内容によって、喜怒哀楽を表現できるようになった気がします。

  • 2局目の広島では、どんな仕事が印象に残っていますか?

    被爆体験の伝承活動を続けている男性へのインタビューです。その男性は当時80代後半で、体調を崩されることも多かったのですが、自身の体験を通して戦争や核兵器の怖さと悲惨さを伝えたいと、取材に応じてくださいました。 何度も会って話を聞かせていただいたのですが、ある時「原爆で大勢の同級生が亡くなったのに、自分だけ生き残ってしまった。自分だけ助かってしまって、本当に申し訳ない」と涙を流しながら語られたんです。その涙を見て、私は大きなショックを受けました。その男性が、戦後70年間、ずっと自分自身を責めながら生きてきたのだと知ったからです。自分の命が助かったことを、喜ぶのではなく、悔いていたんです。

  • その取材を通して、どんなことを感じましたか?

    何ひとつ悪くない一市民にそんな思いをさせる戦争は本当にむごいもので、絶対に二度とあってはならない。だからこそ、戦争を体験した方々が減っていくなかで、今、私たちが事実をしっかりと聴き取って、次の世代に伝えていかなければならないのだと強く思いました。放送後、その男性は「いいインタビューをしてくれて、ありがとう」と言ってくださいました。それが本当にうれしかったことを、いまも覚えています。

11/18
刺激的な毎日です。
11/25
大切なのは楽しむこと
ページトップへ↑