NHKアナウンス室

アナウンサー仕事の流儀

バックナンバー↓

インタビュー 赤松 俊理

地域の課題と向きあえるアナウンサーに

きっかけは、はじめてみたTV中継の現場

――アナウンサーを志したきっかけを教えてください。

赤松「北海道に生まれ、大学までずっと北海道の中で暮らしてきたので、北海道に根差した仕事をしたいという思いがありました。一方で、マスコミにも関心がありました。この二つの思いから、就職するなら地元の新聞社かNHKかなと漠然と思っていました。僕は秩父別町という小さな町で生まれ育ちました。マスコミの中でも、小さな市町村にもスポットを当てるようなメディアで仕事をしたかったんです。ですから最初からアナウンサー志望では全くなくて、地域の話題や季節のニュース、何気ない風景を丁寧に伝えていけるような仕事ができたらいいなと。そして北海道に活力を与えられるような仕事をしたいと思っていました。」

――そのためにはNHKか地元新聞社の二択しかない、と。

赤松「結果としてそうなりましたね。実家がお寺だったこともあるかもしれませんが、家のテレビはほとんどNHKしか流れない家庭で育ったことも大きいと思います。僕は小学校のころから『NHKスペシャル』をビデオに録画していたんですけど、子供心にNHKの番組が好きだった。自分にとって身近であり憧れのメディアでもあったんです。」

――ディレクターや記者もある中で、なぜアナウンサーを選ぼうと思ったのですか?

赤松「いや、当初はディレクターか記者志望だったんです。むしろどちらにするかで悩んでいました。ところが、番組も大好き、地域のニュースも大切、と考えるほど迷ってしまいました。エントリーシートにうまく志望動機を書くことができないし、どっちつかずで中途半端な感じになってしまう。締め切りのギリギリまで悩んでいた時に、改めてある経験を思い出したんです。」

赤松「先ほど実家がお寺だと言いましたが、僕が浪人生のときに実家からNHKの中継を行ったことがありました。実家にはギャラリーがあって、そこに広島に投下された原爆の悲惨さを描いた"原爆の図"が展示されているんです。実は、作者の一人丸木俊は僕の祖父の姉にあたります。地域の話題として、我が家のギャラリーから中継をすることになったわけです。そのときのことは今でもよく覚えていて、放送に備えてアナウンサーが中心となって父に取材し、絵画の配置やカメラの動き方も考えていました。試行錯誤を重ね、伝え方と見せ方を考えているその姿を見たときに、「アナウンサーってこんなこともするのか!?」と思ったんですね。そして、最後は自らの言葉で伝えている! ......その光景をエントリーシートで悩んでいる時に、改めて思い出したんです。」

――土壇場ですね(笑)。

赤松「土壇場で思い出したと言うよりは、本当に自分の仕事としてやりたいことは何かと突き詰めて考えた結果、実家からの中継の記憶が、違う意味合いで見えてきたんです。その中継を担当したのは、現在NHKマイあさラジオを担当している加藤成史アナウンサーです。加藤さんが中継に来てくれなかったら、今の僕はないと思います。加藤さんの姿を思い出したとき、アナウンサーという職業なら、自分で取材をして見たもの聞いたものを自分で組み立て、自分の言葉として伝えられると気が付いた。すると、すらすらと筆が進んで志望動機を書くことができたんです。とは言っても、ものすごい倍率になるアナウンサー。全く訓練も受けていません。かなり不安でもありましたし、周囲からも止められました。「アナウンサー」を○で囲むときは「本当にこれでいいんだよな!?」と手が震えましたし、「いや、自分には絶対にこれしかない!」と強い思いで○をしたことを覚えています。」

――お寺だからなのか、とりわけ"縁"を感じますね。

赤松「そうですね。NHKとの縁、とりわけ加藤さんとの縁は本当にそう感じます。その後、初任地でご一緒することにもなりました。NHKに入れたのは、僕自身が好きな道を目指せたことも大きかった。感謝の気持ちもあるため、兄が札幌を離れて京都の大学に行っている間......僕が高校から大学のときですね。実家とは言え、こんな貴重な体験はこの先できないだろうと、お寺の手伝いを好んで行いました。衣を着て檀家参りに行き、式典で演奏される雅楽も習いました。お手伝いに過ぎないですが僧侶の世界を体験できたのは貴重な財産です。いかに檀家さんに支えられているか、地域の中に根差しているかも体感しました。そのときの名残で今でも竜笛が吹けるのは、ちょっとした自慢ですね(笑)。」


赤松アナウンサー あの日あの時

実家がお寺という赤松アナウンサー。お経をあげる姿も様になっている!?



大学の卒業式にて。今も熱く語り合う親友たち。アナウンス受験は止められましたが・・・



北海道と向き合い続けたい

――赤松さんは初任地が札幌局です。大きな局への赴任となるわけですが、いかがでしたか?

赤松「とにかく出来る仕事が少なかった。アナウンサーとして採用されたものの、アナウンスメントはひどい有様です。札幌局には泊まりの業務があります。夕方3時頃に出局し、夕方のラジオニュースや、夜のテレビニュースを読んだ後、仮眠して朝5時55分からまたラジオニュースをお伝えするのですが、最初はその勤務しかできませんでした。自分なりに問題意識を持って企画を提案しても、取材者としてはほとんど素人です。レベルが達していないため通らない。しかも札幌のような大きな局となると、管中放送(北海道全域)扱いとなるため放送内容も重要なニュースが大半をしめます。ローカル局であれば新人でも身近な話題を放送することもできたかもしれないですが、札幌となるとそういうわけにはいかない。全然自分の企画が通らないので、ひたすら泊まりの勤務......同期がどんどん中継やリポートで画面にでている姿をみて焦っていましたね。初めて自分の提案が採用され中継したのが11月でした。」

――赤松さんは、札幌、旭川、札幌、釧路、そして東京というキャリアを歩んでいます。東京以前は、北海道に特化されています。

赤松「希望もありましたが、ありがたいことに結果的に北海道勤務が多くなりました。「メディアを通じて、北海道に根ざした仕事がしたい」という当初の思いは、今なお強いです。極端な言い方ですが、僕は北海道のために仕事ができればいい。東京で経験したことを北海道で活かすために、今は東京にいると思っています。それこそが、各地域に放送局があるNHKの一つの役割でもあると思います。もちろん、東京で自分の力を試したいという気持ちもありましたから、今はとてもありがたい環境にいると思います。」

――13年間の北海道時代で、赤松さんがやりたかったことはどれくらいできたのでしょうか?

赤松「まだまだ北海道は課題が山積していますから、向き合わなければならないテーマは数知れずです。それだけに、若手の頃はどこまで自分ができていたかは分かりません。ただ、二度目の札幌局勤務のときに担当した『北海道クローズアップ』以降は、自分なりに北海道と向き合うことができたと思います。それまでは問題に対する視点も取材力も足りていなかった。地域の小さなニュースを取り上げることはできますが、人口減少や農業、災害、地域活性化など地域が抱える課題に向き合うための視点や取材力が足りていなかった。」

赤松「『北海道クローズアップ』や釧路時代は、そうした地域の課題に対してもようやく向き合うだけの問題意識と発信する力が備わってきたと思います。例えば、北海道では暴風雪の災害が起こりますが、2013年3月には北海道全域で、一晩で8人が亡くなるという、暴風雪災害がありました。私自身、道産子として吹雪や暴風雪の経験は何度もありましたし、生活に影響がでることは肌感覚で知っていました。しかし一晩で8人もの命が失われたことに本当に驚きましたし、何とかできたのではないか、という思いがこみ上げました。伝えて終わりでは意味がない。どうすれば、災害から命を守ることができるのか。防災のキャンペーンを立ち上げてラジオの特集番組としてシリーズでお送りしたり、同じ思いを持つ研究者とともに勉強会を開催したり、一時的なテーマで終わらないように、いろいろと取り組むことができた。『北海道クローズアップ』は「北海道の今を見つめ、この先を問う」という番組のテーマを掲げていたのですが、北方領土の問題、人口減少の問題、震災、災害の問題......さまざまな専門家へ取材を重ねていく中で、より北海道の課題を見据える視点が培われたと感じます。そうした問題意識が今の自分のベースになっています。番組の担当が終わった後に、先述したような取り組みができたのは『北海道クローズアップ』があったからこそです。」

――これだけ長い間、一つの地域を追ってきたアナウンサーも珍しいと思います。

赤松「本当にありがたいですよね。人よりも一つの地域を長く見てきたという自負はあるので、初めて訪れる全国各地の事柄に向き合う際も、北海道の課題や変化を見つめてきた視点がベースになっています。それぞれの地域で、どういう問題なのか、深刻であるのか、どういうところにチャンスがあるのか......それが分かる感度は大切にしたいです。」

赤松「東京での暮らしには、まだまだ慣れないところもありますが(笑)、仕事に関しては今までやってきたことが間違っていなかったんだなって思える自分がいます。視点や取材の方法がいきなり変わることはありません。自分のスタイルが最低限通用すると感じてますので、さらに実力をつけていきたい。中央から見た地域というものと向き合う良い機会だと思うので成長していきたいですね。」


赤松アナウンサー あの日あの時

北海道屈指の景勝地として知られる層雲峡(北海道上川町)から中継。道産子だからこそ伝えたいものがある。



2度目の札幌局時代に担当した『まるごとニュース北海道』ではキャスターを担当。北海道洞爺湖サミットを現地からリポート。



よりスピーディーになる現場の中でどう伝えるか

――現在、『おはよう日本』のリポーター、そして緊急報道を含めたニュースを担当されています。留意していることは何でしょうか?

赤松「緊急報道で言えば、いかに"初動に対応するか"です。我々はIP中継と呼んでいるのですが、以前はカメラのケーブルを中継車につなぎ、そこから主に衛星回線をつないで中継する必要がありました。ところが、今はカメラ本体に通信回線をつなげる機材があって、中継車がなくてもインターネット中継が可能になりました。つまり携帯電話がつながる場所であれば、どこからでも中継が可能。カメラマンが現場に向かいながら車の中で撮っている映像を生中継として放送することができるようになったということです。」

赤松「これまでは、現場に到着→取材を行う→コメントの精査、構成→中継という流れでしたが、今では現場につく前から放送ができる状態になったため、前述した流れを一足飛びするようなスピード感が求められている。アナウンサーには、到着した瞬間に状況を伝える"即時描写能力"が今まで以上に必要になるということです。この2~3年で、一気に技術革新が進み時代が変わってきた。それこそスマートフォンで中継をすることも珍しくないんですよ。」

――スマホで中継を??

赤松「熊本地震の際は、前震が起きた翌日に熊本入りし、その日の夜に本震が起きました。このとき僕は、ホテルで飛び起きて、その後、熊本市内の公園から取材クルーとともにスマートフォンで中継しました。画質に限界はあるのですが、周囲のマンションから公園に数百人が避難していました。その後も揺れが続く中で、現場の不安な様子や状況を、まさに同時進行的に伝えたんです。カメラマンも撮影しながら自分でリポートする場面が増えていますし、現場から何を伝えるかが、ますます重要になってきています。そういう緊急報道の初動でアナウンサーは何ができるかということですよね。」

――アナウンサーも技術的なことを知っている方が望ましい、ということでもありますね。

赤松「そうだと思います。IP機材を持っているカメラマンと一緒に研修をしているのですが、今後はリポートの能力が高い記者やカメラマンが増えていくと思います。だからこそ、現場についてすぐに描写し現場から伝える力がアナウンサーには一層必要だと感じています。映像がつながっている以上、詳細は分からなくても中継しなくてはいけない。まず現場で何が起きているのか。どんな災害なのか、描写する視点が重要です。だからこそ、災害に対する専門的な知識を勉強しておかなければならない。中継の合間の瞬間的な取材力も必要ですし、何より、何のために伝えているのか?「命や暮らしへの影響を伝える」という緊急報道で最も大切な核を強く心がけています。」

――『おはよう日本』のリポーターとして、全国さまざまな場所を訪れることも多いと思います。北海道時代にはなかった経験ですが、いかがでしょう?

赤松「ずっと北海道にいた僕からすれば、知らないことばかりでとても新鮮です。やはり心のどこかで"知ったつもり"になっていたんだなぁと気持ちが引き締まります。アナウンサーとして15年のキャリアを積んできて、こんなにも新鮮な機会があることは恵まれすぎていますよね。一つ一つ丁寧に取材する気持ちを忘れないようにしないと、ですね。というのも、年数を重ねていくと「何となく分かったつもり」になる怖さがあります。きちんと現場や取材対象者と向き合い続けて、毎回毎回を新鮮な気持ちで仕事をしていくことを心掛けたいです。」

――最後に、「北海道のために」と考える赤松さんが目指すアナウンサー像を教えてください。

赤松「『北海道クローズアップ』のような番組をもう一度やりたいという気持ちはありますね。取材者として、生活者として自分の立ち位置を見据えて、自分の言葉を発せられるようなアナウンサーになりたいです。地に足の着いた言葉を出せるようなアナウンサー......僕の場合、その場所がやっぱり北海道なんですよね。当事者として問題意識を大事にできる場所。東京にいると、地域のニュースがどういうポジションにあるかも分かる。自分のベースを忘れずに、自分の言葉として偽りなく発言できるようなアナウンサーでありたいですね。」


赤松アナウンサー こだわりの道具

「リポーター道具一式」

赤松「普段から持ち歩いている取材・中継道具一式です。これさえあればどんな状況でも取材と中継を行うことができます。道具は、レインコート、どんなに電波の悪い場所でも衛星が見えている限りどこでもつながる衛星携帯電話、イヤホン、マイク、ヘッドライト、モバイルバッテリー、携帯電話3つ(私用、業務連絡用、IP中継用)、充電ケーブル(2m)、スマホ用ミニ三脚、携帯ラジオ、腕章、油性ペン、メモ、洗顔道具、宿泊しても良いように着替えなどなどですね。」



赤松「個人的なものとして風邪薬や胃腸薬など、薬一式をポーチに入れています。「今すぐ行って!」と言われ、結果的に1週間ほど現地に滞在することもありますから、そうなっても大丈夫なように。この重たいリュックを背負うことで「どこに行っても大丈夫!」と自分自身に言い聞かせています(笑)。」



"ジンパ"という至福の時間

――赤松さんのリフレッシュ方法は何でしょうか?

赤松「デイキャンプです。といっても、バーベキューをしに行くだけ......さらに言えばジンギスカンを焼きたいだけです(笑)。今でも実家に兄弟の家族が集まると、誰とはなしに七輪で火をおこし始めるほど、イベントなどにジンギスカンは欠かせないですね。」

――北海道ではそんなにジンギスカン文化が当たり前なのですか!?

赤松「地域や家庭によって差はあると思いますが一般的ですね。お花見もジンギスカンですから。さらに僕が通っていた大学では、伝統でジンギスカンパーティー、略して"ジンパ"というものがあります。「ジンパしよう」と言うと、授業が終わった金曜午後にはゼミのメンバーが集まってきて、学部の前の芝生でパタパタと七輪を囲み、ジンギスカンを始めるというのが当たり前の光景でした。その名残なのか、北海道にいる頃は車に七輪やバーベキューのセット一式を積んでいました。海水浴でもジンパ、どこかイベントに行くと七輪で焼くという感覚です。」

――アナウンサーになってからも定例化していると(笑)。

赤松「釧路局時代は、車で30分も走れば湿原の近くのとてもきれいなキャンプ場に行くことができました。札幌時代は豊平川の河川敷などでパタパタとあおぎ始める(笑)。東京と違って料金も安く、お金のかからない公園も数多くあります。ありがたいことに妻もそういうことが好きなので、東京に来てからもデイキャンプという名のジンパをしています。ただ、東京のキャンプ場はいろいろとカルチャーショックが多いですね。」

――というと?

赤松「ふらっと行ける場所が少ない......まぁ、当然なんですが(苦笑)。事前予約で埋まってしまっているケースが多いので、行く前は「キャンセルありませんか?」と電話することが当たり前になりつつあります(苦笑)。僕はお肉の美味しさはさほど求めていなくて、ジンギスカンをすることが好きなんです。もはや七輪で火を起こすというシチュエーションがリフレッシュかつ原点回帰になっている。ですから、気合を入れてオートキャンプ場に繰り出すという感じではなく、ふらっと行ければ......くらいの気持ちなんです。とは言え、運転手もかねていますからお酒を飲めない悲しさはありますけどね(笑)。」

――「七輪で」とのことですが、我々がよく目にするジンギスカン鍋ではなく七輪にこだわりが??

赤松「七輪のよいところは何でも焼けるところです。肉汁のたまる脇の部分で野菜を煮ることができるジンギスカン鍋もいいですが、僕は七輪派ですね。網の手入れも簡単ですし。大学生協には、七輪と野菜と肉がセットになった「ジンパセットが売られていたほどだったので、七輪が当たり前になってしまった。「予約した赤松です」と学生証を見せるとセット一式を受け取ることができて、すぐに学内で焼くことができる......北海道っぽいでしょ?(笑) ただ、現在は芝生を守るためにどこでも焼くことはできないらしいのですが。」


ジンパ写真



赤松「七輪を使う際にぜひオススメしたいのが、小さな扇風機を利用することです。七輪の下って開けることができますよね? そこからうちわであおいで風を送るわけですが、100円ショップで売っている小さい扇風機をそこに置くとあっという間に炭に火がつきます。これは革命的ですよ! こんなに簡単に火を起こせるのに、キャンプ場に行くまでが難しいという......歯がゆいです(笑)。あと、欲を言うならホタテがほしいです。東京のスーパーの鮮魚コーナーでは、刺身は見かけるのですが、炭火焼用の(殻付きの)ホタテがないんですよね。発砲スチロールの中からトングで取るコーナーが懐かしい。」

――大自然のある北海道には敵いませんからね(笑)。北海道愛の強い赤松さんがオススメするあまり知られていない北海道スポットはどこでしょう?

赤松「僕は水田の風景がとても好きなので、夕日をバックに秋の田園地帯をドライブしてほしいですね。見渡す限り、黄金色の景色。北海道の豊かさを感じるはずです。そして定番ですけど冬の流氷。さらに流氷にオジロワシが飛んでくる世界も感動的です。知床の海を泳ぐシャチも驚きです。自然の豊かさを感じられる北海道の風景を体験してほしいですね。そしてやっぱりジンギスカンでしょうか!」


カヌー写真



赤松 俊理(あかまつ しゅんり)
昭和54年 北海道生まれ。平成14(2002)年入局、札幌・旭川・札幌・釧路で勤務し、現在は、東京アナウンス室所属。災害や事件事故などの緊急報道や、おはよう日本リポーターとして、さまざまな現場から中継やリポートを担当。


ページトップへ↑