アニトク!

最新動画や声優インタビューなどスペシャルコンテンツ

一覧へ

「声優さんに聞いてみた」川本ひなた役 花澤香菜さんに聞いてみた!<後編>

インタビュー

2017年12月15日

毎週土曜よる11時から放送中のアニメ「3月のライオン」第2シリーズ。
主人公の高校生プロ棋士・桐山零の心の支えとなる川本家の次女・ひなたを演じる花澤香菜さんに、アフレコの裏話や声優として花澤さんご自身のこともたっぷりと伺いました。
「3月のライオン」ホームページはこちら

花澤香菜
1989年2月25日生まれ、東京都出身。主な出演作に「STEINS;GATE」(椎名まゆり役)、「PSYCHO-PASS サイコパス」(常守朱役)、「言の葉の庭」(雪野百香里役)、「東京喰種トーキョーグール」(神代利世役)、「orange」(高宮菜穂役)など。2012年に、歌手としてソロデビュー。2018年2月には、コンサートを開催予定。
アフレコ現場で印象的な出来事はありますか?

全部ではないんですけど、リハーサルをせずに一発録りをしてくださることが多いんです。例えば、ひなちゃんがいじめられて家に帰ってきて初めて泣きわめくシーンとか、いつも以上に集中力がいることを音響監督の亀山俊樹さんが察知してくださったシーンは一発録りをしていただいて。一発録りって私だけが集中するのではなくて、ミキサーさんもすごく集中しなければいけないんです。どういうふうに心情が変化して行って、声の音圧が変わっていくのかっていうのがあらかじめわからないので。いろんな人が協力して一緒に作っていることを感じました。

3月のライオン番組画像 3月のライオン番組画像
花澤さんが声優として大切にしていることは何ですか?

私、ほんとに不器用なんです。これでもかっていうぐらい準備していかないといけない人間だと分かっているので、手を抜かないっていうのは心がけていますね。

声優として転機となった作品は?

いちばん大きかったのは「ぽてまよ」という作品です。事務所に入りたてで、声優としてこれからちゃんとやっていけるのかなっていうタイミングで。冷蔵庫から生まれた謎の生物という役で、ニャーとかポニーとかしか言わないんです(笑)。現場でアドリブをすごく求められました。それまではセリフを言うことにいっぱいいっぱいだったんですけど、アドリブを自分で考えてやっていく中でどんどん楽しくなってきて。「あっ、アフレコってこういう風に楽しむこともできるんだ!」って知って、そこから少しずつお芝居をする楽しさもわかってきました。

声優として職業病だなと感じることはありますか?

変わったしゃべり方の人がいると食いついちゃいます。この間、病院の女医さんで、何を言っても怒られている感じがする先生がいて。「何の目薬使ってるの?あ〜それ、目がお気の毒!」って言われて(笑)。この人特徴的なしゃべり方するなって思ったら、おもしろいなもうちょっとしゃべりたいなってなっちゃうんですよね。「何だろう?」って興味を惹かれちゃうんです。
インパクトのある人は頭の中にストックしておいて、ここでいけるかなって時にお芝居に出したりもします(笑)。ゲームとかで、キワものの役をやったりするときに使ったり(笑)、突然変なことを言うときのテンションの参考にしたり。

花澤香菜さんにとって声優とは何ですか?

声優という職業に出会ってから自分の人生が豊かになったと思います。今まで出会うことのなかった人に出会えたり、やってこなかったものに挑戦できたりして。いいもの作ったねって言って、みんなでホクホクしている感じも幸せです。こんなにいい作品がみんなに伝わってるんだって感じられたときは、本当にうれしくて幸せだなって感じますね。

最後に「3月のライオン」を見たことがない人へメッセージをお願いします

私、おじいちゃんおばあちゃんにも勧めて、見てもらっているんですけど、やわらかい物語だったり熱い人情が描かれたり、ネコちゃんもいっぱい出てくるし(笑)、本当にいろんな方に見ていただけるアニメだと思います。
第2シリーズは、特に学生さんやそのお父さんお母さんに見てほしいなと思っています。私自身はいじめというものには関わりがなかったのですが、もしこれから関わっていく人がいたとして、いじめにあっている人をどういうふうに応援して行ったらいいのかということを「3月のライオン」のあたたかい絵柄を通じて、思いつめずに感じてもらえると思います。

3月のライオン番組画像
3月のライオン番組画像 3月のライオン番組画像
3月のライオン番組画像 3月のライオン番組画像
3月のライオン番組画像 3月のライオン番組画像
3月のライオン番組画像

花澤香菜さんありがとうございました!
アニメ「3月のライオン」は、総合テレビで毎週土曜放送中です。どうぞお楽しみに。

関連サイト

3月のライオン

3月のライオン

放送は終了しました

桐山零は、将棋という厳しい勝負の世界に挑む高校生プロ棋士。幼い頃に家族を失ったことで心に深い孤独を抱える零だが、下町に暮らす川本家の3姉妹や棋士仲間、高校の友人など、人々と出会いふれあうことで少しずつ成長していく。第2シリーズでは、個性あふれる棋士たちなど、零以外の人物にもスポットが当たり、多彩なエピソードがつづられる。そして、零の心のよりどころとなった川本家では、次女・ひなたが中学校でのいじめに巻き込まれていることが明らかになっていく。これは、様々な人間が何かを取り戻していく、優しい物語。そして、戦いの物語。

「3月のライオン」ホームページはこちら

関連情報

アニトク!
注目!情報

新着 アニトク!

ページトップへ