注目!情報

NHKアニメの情報をいち早くお知らせ!

アニメ番組のお知らせ / 龍の歯医者 / 新世紀エヴァンゲリオン

『龍の歯医者』制作日誌 vol.09

2016年11月11日(金)更新

久しぶりに「龍の歯医者」制作の舞台裏を紹介したいと思います。

10月17日に公開となった本作のキービジュアルは【レイアウト・原画:井関修一、監修:鶴巻和哉】です。Vol.3で監督と撮影監督の山田さんがモニターでなにやら作業していた風景はこちらでした。

「キービジュアルどうする?」となった時、鶴巻監督が「まずは井関の好きに描いてみなよ」と。そして、井関さんが考えに考え抜いた結果、「龍に対峙する」「あえて主人公の顔を見せない」というデザインとなりました。

そして、完成段階では、鶴巻監督に庵野さん(「龍の歯医者」制作統括)も加わり、細部の細部までブラッシュアップを重ねて、あのビジュアルが生まれたのです。


出力紙に修正ペンで桜の花びらの位置を調整する庵野監督


庵野監督の意見をもとにデータを修正していく鶴巻監督&山田さん


全体を見ながら、さらにさらに微調整を加えていきます



花びらの一枚一枚にまでこだわった修正箇所

by スタジオカラー宣伝担当K
龍の歯医者番組画像

龍の歯医者

放送は終了しました

彼の国には龍が棲んでいる──神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという…舞台は “龍の国”。主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。少年の名はベル。大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。激しい戦いに巻き込まれながら、二人はやがて自らの運命を受け入れて行くことに…かつてない壮大なスケールで描かれる冒険ファンタジー!

「龍の歯医者」ホームページはこちら

新世紀エヴァンゲリオン番組画像

新世紀エヴァンゲリオン

放送は終了しました

西暦2015年。第3新東京市に、謎の敵性生命体“使徒”が襲来した。主人公・碇シンジは、人類が“使徒”に対抗する唯一の手段である汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンの操縦者に抜擢されてしまう。今、人類の命運を掛けた戦いの火蓋が切って落とされる。果たして“使徒”の正体とは? 少年たちと人類の運命は?

「新世紀エヴァンゲリオン」ホームページはこちら

注目!情報トップにもどる

関連情報

注目!情報
アニトク!

新着 注目!情報

ページトップへ