注目!情報

NHKアニメの情報をいち早くお知らせ!

アニメ番組のお知らせ / つくもがみ貸します

「つくもがみ貸します」新情報発表!

2018年6月15日(金)更新


©2018 畠中恵・KADOKAWA/つくもがみ製作委員会

江戸の町を舞台に、一種の妖となった古道具たち「つくもがみ」と、人間たちとが織り成す悲喜こもごもの人情噺。畠中恵さんの小説『つくもがみ』シリーズのアニメ化、『つくもがみ貸します』。
その新情報を一挙に発表しちゃいます!
まずは新しいキービジュアルを公開!

そして、総合テレビでの放送日時が決定しました!

<放送>
NHK総合テレビにて
2018年7月23日から毎週月曜午前0時10分~放送予定!(※日曜深夜)
(関西地方は午前0時50分~)


さらに、「つくもがみ」を演じる追加キャストとキャラクター設定も公開!

野鉄(のてつ) (CV:奈良 徹)
蝙蝠の形をした根付のつくもがみ。
出雲屋のつくもがみたちの中で唯一空を飛べるので、
清次やお紅に知られずに自ら飛んで移動し、
情報収集をすることも。とある理由により人間に対してはやたら厳しい。




月夜見(つくよみ) (CV:仲野 裕)

闇夜に浮かぶ満月の絵が描かれた掛け軸のつくもがみ。
気位が高く、教訓、格言めいたことを言いがちで
他のつくもがみから面倒くさがられることも。
ただそのプライドの高さには何か理由があるようで……。





五位 (ごい)(CV:平川 大輔)

キセルのつくもがみ。
つくもがみ同士が噂話で賑やかにしゃべっているときに
話をまとめようとする癖がある。
ただまとめられないことも多々あり。
出雲屋にやってくる前の持ち主は、
艶やかで美しい芸者だった。





お姫(おひめ) (CV:明坂 聡美)

姫人形のつくもがみ。
現在、出雲屋で貸し出されている道具の中でも
特に高価なものだとされている。
前の持ち主の元から賊によって盗み出され、
流れ流れて出雲屋にたどり着いたという経緯がある。





うさぎ (CV:井口 裕香)

うさぎの柄の櫛のつくもがみ。
おしゃべり好きがそろう出雲屋のつくもがみの
中でも特におしゃべり好きで、ついつい余計な
事を言い過ぎてしまう。
ただ気持ちは素直で温かく、情に厚い。


そして、ナレーションは、片岡愛之助さんが担当します!

作風にぴったりの愛之助さんの語り口、お楽しみに!


アニメを彩るOP・EDのアーティストも決定しました!
楽曲への意気込みコメントも到着しました!

OPアーティスト:MIYAVI vs シシド・カフカ


<OPアーティスト MIYAVIさんコメント>

日本独特の価値観である奥ゆかしさや慎ましさなど、
この作品が伝えようとしていることと、
どう寄りそえるか
思案して作らせていただきました。
妖となった古道具たち
「つくもがみ」
その世界観と共に楽しんでもらえればと思います。



EDアーティスト:倉木麻衣


<EDアーティスト 倉木麻衣さんコメント>

エンディングテーマを担当させていただくことになりました
倉木麻衣です。
今作は江戸を舞台に繰り広げられる
恋あり涙ありそして妖怪あり(笑)のお話しということで、
その時代にタイムスリップするような情景をイメージしながら
制作しました。
どんな世界観の歌詞にするか考えている時に、
真剣に耳を澄ますと私にも”つくもがみ"が
良いフレーズを囁いてくれないかなぁなんて期待しながら私も歌詞を制作しました。
これから毎週拝見するのが楽しみです!






<キャスト>
清次:榎木淳弥
お紅:小松未可子
佐太郎:櫻井孝宏

野鉄:奈良徹   
月夜見:仲野裕  
五位:平川大輔  
お姫:明坂聡美   
うさぎ:井口裕香  


ナレーション:片岡愛之助  

<スタッフ>
原作:畠中 恵
監督:むらた雅彦
シリーズ構成:下山健人
キャラクター原案:星野リリィ
キャラクターデザイン:谷野美穂・吉沼裕美
美術監督:村本奈津江
色彩設計:岡 亮子
撮影監督:蒲原有子
音響監督:えびなやすのり
音楽:佐藤五魚

アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム


<あらすじ>
江戸は深川、仲町にて損料屋・出雲屋を営む、お紅と清次という姉弟がいた。損料屋というのは、日用品から骨董品、そして美術品とありとあらゆる品をいくらかで客に貸し出す商いのこと。
ただこの出雲屋が取り扱う道具たちが、他の店のものと一味も二味も違うのは、作られてから百年以上が過ぎ、魂を宿した「つくもがみ」という一種の妖のようなものになってしまっているところ。
お客の元に貸し出されては、色々な話を聞いて来て、噂話を繰り広げる「つくもがみ」たち。人が良く情け深いお紅と清次は、そんな「つくもがみ」たちの力を借りながらこの町で起こる大小さまざまな騒動を解決していく。
江戸の町に花開く「つくもがみ」と人間たちとが織り成す悲喜こもごもの人情噺、骨の髄までとくとご堪能あれ―――。

アニメ『つくもがみ貸します』
7月の放送スタートをどうぞお楽しみに!

つくもがみ貸します番組画像

つくもがみ貸します

総合 毎週月曜
午前0時10分放送 [日曜深夜]
※関西地方は同日 午前0時50分から

江戸は深川、仲町にて損料屋・出雲屋を営む、お紅と清次という姉弟がいた。損料屋というのは、日用品から骨董品、そして美術品とありとあらゆる品をいくらかで客に貸し出す商いのこと。ただこの出雲屋が取り扱う道具たちが、他の店のものと一味も二味も違うのは、作られてから百年以上が過ぎ、魂を宿した「つくもがみ」という一種の妖のようなものになってしまっているところ。お客の元に貸し出されては、色々な話を聞いて来て、噂話を繰り広げる「つくもがみ」たち。人が良く情け深いお紅と清次は、そんな「つくもがみ」たちの力を借りながらこの町で起こる大小さまざまな騒動を解決していく。江戸の町に花開く「つくもがみ」と人間たちとが織り成す悲喜こもごもの人情噺、骨の髄までとくとご堪能あれ―――。

「つくもがみ貸します」ホームページはこちら

注目!情報トップにもどる

関連情報

注目!情報
アニトク!

新着 注目!情報

ページトップへ