NHKコンクール受賞番組

2009.11.24

特集「星新一ショートショート」が国際エミー賞を受賞

ニューヨークで現地時間11月23日(月)夜、第37回国際エミー賞の授賞式が行われ、最終ノミネートされた41作品の中からNHKとテレコムスタッフが制作した作品が、コメディー部門で部門最優秀に当たる「国際エミー賞」を受賞した。NHKの番組が受賞するのは10年ぶり。

コンクール概要

国際エミー賞

アメリカ(ニューヨーク) (2009年11月21日~23日(現地時間))

特集「星新一ショートショート」
2009年2月27日放送 30分

コメディー部門

国際エミー賞(部門最優秀賞)

「ショートショートの神様」として知られる作家・星新一。生涯に残した作品は1000話を越え、奇抜な発想、ウィットとユーモア、そして、少し毒のある作風は、没後10年以上たった今も絶大な人気を誇る。アニメやドラマなど多彩な演出手法を用いて映像化された彼の作品は、近未来の不安や恐怖、そして時に、暖かさや、安堵さえ感じる、ちょっと不思議な“大人のための童話”である。

制作者から

Page Top