NHKコンクール受賞番組

2015.6.5

第52回ギャラクシー賞のテレビ部門で優秀賞などを受賞しました。

コンクール概要

第52回ギャラクシー賞

日本(東京)

BS1スペシャル 遠い祖国 ブラジル日系人抗争の真実
2014年8月15、16日放送(98分)

テレビ部門

優秀賞

終戦後、ブラジルの日系社会で、日本の敗戦を拒む“勝ち組”と受け入れる“負け組”が対立。多くの犠牲者が出た。移民同士が引き裂かれていった苦難の歴史を証言で描く。

制作者から

NHKスペシャル ドキュメント”武器輸出”
2014年10月5日放送(49分)

  • 番組サイトへ

テレビ部門

優秀賞

国際情勢が厳しさを増す中、日本の安全保障政策は転換点を迎えている。4月、政府は防衛装備移転三原則を閣議決定、武器の輸出へ動き始めた。現場で何が起きているのか、最前線に迫る。

制作者から

BS1スペシャル 天才 ボビー・フィッシャーの闘い
2014年5月18日放送(99分)

テレビ部門

選奨

冷戦終結から25年、そして新冷戦時代と呼ばれる現在、かつての米ソ冷戦に翻弄された稀代の天才チェスプレーヤーの人生を通じて、“国家間の争い”とは一体何なのかを考える。

制作者から

NHKスペシャル 老人漂流社会 ”老後破産”の現実
2014年9月28日放送(49分)

  • 番組サイトへ

テレビ部門

選奨

一人暮らしの高齢者が急増し、600万人近くに上る。その半数は年金が毎月10万円未満だ。そうした中には、医療や介護の費用さえ負担しきれずに生活が破たんする、いわば“老後破産”に陥っている人が増えているという深刻な事態を伝える。

制作者から

東日本大震災プロジェクト シリーズ「明日へ -支えあおう- 復興サポート」
2012年4月22日から放送(各43分)

  • 番組サイトへ

報道活動部門

選奨

制作者から

特集ドラマ「LIVE! LOVE! SING!」生きて愛して歌うこと

テレビ部門

奨励賞

制作者から

プレミアムよるドラマ 徒歩7分

テレビ部門

奨励賞

制作者から

ETV特集「薬禍の歳月~サリドマイド事件50年~」
2015年2月21日放送(89分)

テレビ部門

奨励賞

妊婦が服用した薬が原因で、子どもたちに重い障害を負わせた「サリドマイド薬害事件」。全国で300人を超える子ども達が被害者と認められた。事件を巡る裁判は、10年争った末、国と製薬会社が責任を認め和解に至った。しかし、和解は事件の終わりではなかった。和解当時、子どもだった被害者は50代になり、これまでにない体の異変に襲われている。目に見える奇形に留まらない内臓や骨などの異常や、無理な体の使用による二次障害の多発など、和解当時には明らかでなかった障害が、国の調査によって判明したのである。終わらぬ被害の存在を前に、被害者は、再び事件と向き合おうとしている。被害者は、薬害を背負った人生をどう生きてきたのか。そして、その傷は償うことが出来るのか。今、被害者が自らの言葉で、「薬禍の歳月」を語り始めた。

制作者から

パリ白熱教室
2015年1月9日から放送(54分)

  • 番組サイトへ

テレビ部門

奨励賞

世界各地での講演の合間を縫って行われた全6回の講義。富が富を生み、不平等が拡大するのはなぜなのか。パリ経済学校のトマ・ピケティ教授が、富と所得の分配の歴史をフランスのエスプリ満載にレクチャーする。

制作者から

NHKスペシャル「メルトダウンFile.5 知られざる大量放出」

テレビ部門

奨励賞

制作者から

プレミアムドラマ「昨夜(ゆうべ)のカレー、明日のパン」

テレビ部門

奨励賞

制作者から

浦沢直樹の漫勉

テレビ部門

奨励賞

制作者から

ニッポン戦後サブカルチャー史

テレビ部門

奨励賞

制作者から

BS1スペシャル 女たちのシベリア抑留 (前・後編)
2014年8月12日放送(99分)

テレビ部門

奨励賞

終戦直後、満州などにいた日本人およそ57万人がソ連によって連行された「シベリア抑留」。その中に、多くの女性も含まれていた。関東軍の陸軍病院にいた看護婦や、撤退する軍にまじって避難していた居留民の女性が、兵士とともに酷寒のシベリアに送られ、労働に従事させられた。中には、ソ連の刑法によって裁かれ、10年をこえる抑留生活を強いられた者もいた。今までほとんど語られることのなかった女性たち。戦争と国家に翻弄され続けた苦難の歴史を、当事者の証言で描く。

制作者から

DVにさらされる子どもたち~見過ごされてきた“面前DV”の被害~

テレビ部門

奨励賞

制作者から

NHKスペシャル 狂気の戦場 ペリリュー ~“忘れられた島”の記録~

テレビ部門

奨励賞

制作者から

明日へ -支えあおう- 是枝監督×女子高生~震災3年 福島を描く~

テレビ部門

奨励賞

制作者から

プロフェッショナル 仕事の流儀 「地域の絆で、“無縁”を包む コミュニティソーシャルワーカー勝部麗子」

テレビ部門

奨励賞

制作者から

ヒロシマ8.6ドラマ「かたりべさん」

テレビ部門

奨励賞

制作者から

NHKスペシャル 水爆実験 60年目の真実~ヒロシマが迫る“埋もれた被ばく”~
2014年8月6日放送(58分)

テレビ部門

奨励賞

第五福竜丸以外の漁船員も被ばくしていたのではないか。長年、原爆被爆者の研究を行ってきたヒロシマの科学者たちがこの疑問に挑み、当時、太平洋ビキニ環礁周辺で操業していた18人の歯や血液から、被ばくの痕跡を探す。さらに、国が存在しないとしてきた第五福竜丸以外の漁船員たちの被ばくの可能性を示す極秘資料を入手。東西冷戦による核開発競争の陰で埋もれてきた大規模被ばくの真実に迫る。

制作者から

戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 知の巨人たち

テレビ部門

奨励賞

制作者から

土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」

テレビ部門

奨励賞

村上龍の小説「55歳からのハローライフ」を、1話読みきりのオムニバス形式で映像化。5編の主人公たちは皆、人生の折り返し点を過ぎた中高年。それぞれに立場は違っても、残酷な日常を抱えている。老いてからの再就職、婚活、家族の崩壊、親友との別れ……。ごく普通の人々に起こるごく普通な出来事を圧倒的にリアルに描いていく。―果たして、人生の「再出発」は可能なの?―様々な不安から目をそむけず、新たな道を探ろうと歩み出す主人公たちの姿を通し、老いていくことの希望を描く、“大人による、大人のためのドラマ”。

制作者から

ETV特集「ふるさと“水俣”に生きる~次世代からのメッセージ~」

テレビ部門

奨励賞

制作者から

バリバラ~障害者情報バラエティー~ シリーズ出生前検査
2014年6月6日放送(29分)

テレビ部門

奨励賞

2週にわたるシリーズ「出生前検査」の第1回。妊婦の血液を分析するだけで胎児の染色体の異常を高い確率で判定できる新しい出生前検査が始まって1年。画期的な技術だが、安易な中絶や、命の選別につながるという意見もあり議論を呼んでいる。そんな中、今回の検査で判定できる障害としてクローズアップされた「ダウン症」。しかし、議論は産むか産まないかばかりで、ダウン症当事者の思いはまったく取り上げられていない。そこでバリバラでは、ダウン症のあべけん太さんにその思いを聞く。なぜ検査が行われるか?なぜダウン症が生まれてはいけないのか?、疑問を持つけん太さんは、街の人、医師、ダウン症のある人たち、妊婦などにインタビューをして回る旅に出る。医師の言い分、仲間たちの本音、妊婦が抱える複雑な気持ち・・・旅を通じて、けん太さんは何を感じていくのか?

制作者から

NHKスペシャル“認知症800万人”時代「認知症行方不明者1万人~知られざる徘徊の実態~」

テレビ部門

奨励賞

制作者から

LIFE!~人生に捧げるコント~

テレビ部門

奨励賞

制作者から

ラストデイズ 「忌野清志郎×太田光」

テレビ部門

奨励賞

制作者から

NHKスペシャル シリーズ 廃炉への道

テレビ部門

奨励賞

制作者から

となりのシムラ

テレビ部門

奨励賞

制作者から

BS1スペシャル「和食・魅惑の世界」

テレビ部門

奨励賞

制作者から

新日本風土記「廃墟」

テレビ部門

奨励賞

制作者から

幻の東京計画~首都にありえた3つの夢~

テレビ部門

奨励賞

制作者から

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編

テレビ部門

奨励賞

制作者から

名盤ドキュメント はっぴいえんど「風街ろまん」~日本語ロックの金字塔はどう生まれたのか?~

テレビ部門

奨励賞

制作者から

FMシアター「真昼の流れ星」

ラジオ部門

奨励賞

制作者から

震災4年 ラジオ特集「福島産、どうですか?」~いま”風評”を読み解く~

ラジオ部門

奨励賞

制作者から

NHK「認知症行方不明者1万人」一連のキャンペーン報道

報道活動部門

奨励賞

制作者から

Page Top