NHKコンクール受賞番組

2016.12.27

文化庁芸術祭で受賞しました。

コンクール概要

第71回 文化庁芸術祭賞

東京

プレミアム・ドラマ「奇跡の人」
2016年4月24日~(各49分)

  • 番組サイトへ

テレビ・ドラマ部門

大賞

重いハンデキャップを克服したヘレン・ケラーと、彼女に光を与えた“奇跡の人”サリバン先生の実話をヒントに今の日本を描く人間ドラマ。亀持一択はうだつの上がらないダメ男。鶴里花は過酷な人生と闘うタフな女。ある日、一択が花に恋をした。花は目と耳に障害を持つ娘・海を抱え、様々な困難と格闘していた。そこで一択は考える。人生で何も成し遂げていない自分がやるべきことは、この母娘を助けることだ!と。はたして、一択は海の「先生」になり、暗闇の先にある「世界」を伝えることができるのか?ダメな男の一途な想いが信じられないような奇跡を生む、正真正銘の愛の物語。

制作者から

広島原爆の日ラジオ特集「あの日、母は少女だった ~被爆の記憶をたどる母と息子の対話~」
2016年8月6日(50分)

ラジオ・ドキュメンタリー部門

大賞

80歳を越え、ようやく被爆体験を語り始めた広島の女性と、それを受け止めようとする息子。なぜ母親が体験を語ろうとしなかったのか被爆から70年を過ぎてようやく明らかになる。対話を続ける母と息子の姿を、ラジオ番組初共演の俳優、樹木希林さんと本木雅弘さんが朗読する。ドキュメントも織り交ぜながら、継承に取り組む親子の姿を描く。

制作者から

木曜時代劇「ちかえもん」
2016年1月14日~(各43分)

  • 番組サイトへ

テレビ・ドラマ部門

優秀賞

時は元禄16年の大坂。近松門左衛門は極度のスランプに陥っていた。謎の渡世人・万吉と出会う中、近松は毎度騒動に巻き込まれるが…。傑作人形浄瑠璃「曽根崎心中」誕生秘話を大胆に描く藤本有紀オリジナル痛快娯楽時代劇。

制作者から

NHKスペシャル「ある文民警察官の死  ~カンボジアPKO 23年目の告白~」
2016年8月13日(49分)

  • 番組サイトへ

テレビ・ドキュメンタリー部門

優秀賞

1993年5月。タイ国境に近いカンボジア北西部で、UNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)に参加していた日本人警察官5人が、武装ゲリラに襲撃され、1人が死亡、4人が重傷を負った。番組では、様々な角度からカンボジアPKOで起きた銃撃事件を検証。戦後日本の安全保障政策が大きく転換した今、そこには、私たちが目を背けてはならない多くの現実があった。

制作者から

NHKスペシャル「被曝の森 原発事故5年目の記録」
2016年3月6日(58分)

  • 番組サイトへ

テレビ・ドキュメンタリー部門

優秀賞

無人の町で大繁殖するイノシシなどの野生動物。高い濃度の放射性物質をためこむ森で生きる動植物…。福島第一原発事故で生じた無人地帯の生態系や生き物の体に何が起きているのか―。国内外20を超えるチームによる調査が進む。NHKは、最新機材で調査に協力するとともに、この地域の長期的な映像記録を後世に残していくためにプロジェクトチームを組んだ。今回は原発事故5年の中間報告。科学的な最新報告に、四季の移ろいや帰還を模索する住民の姿を織り交ぜ、無人地帯の知られざるいまの姿を伝えた。

制作者から

FMシアター「ふたりの娘」
2016年1月9日(50分)

ラジオ・ドキュメンタリー部門

優秀賞

関西と関東の同世代の少女達。その揺れ動く思春期の心情を、二人の対照的な会話とともに、京都を舞台に鮮やかに描いた。京都に住むアイコのところにいきなり東京から見知らぬ女子高生・香澄が訪ねてくる。亡くなった親の骨を届けに来たという彼女。二人は、不倫関係にある男女双方の娘であった。不倫を一途な愛と讃える香澄に戸惑うアイコだが、共に行動するうちに父親への葛藤、自身の恋愛観に変化が生じる…。

制作者から

FMシアター「ほかの誰でもないアヤコ」
2016年9月17日(50分)

ラジオ・ドキュメンタリー部門

優秀賞

事故で生死の境をさまようアヤコ(30)が、“都合のいい女”として他人に利用されてきた半生の中に、生きる希望を探す物語。

制作者から

Page Top