NHKコンクール受賞番組

2017.3.10

科学技術映像祭で受賞しました。

コンクール概要

第58回 科学技術映像祭

東京

NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」
2016年5月15日放送(49分)

  • 番組サイトへ

研究開発部門

文部科学大臣賞

2016年春、グーグルの開発した囲碁の人工知能が、世界最強の韓国人棋士に圧勝した。囲碁は、人類が発明した最も難解なゲームと言われ、人工知能が人間を凌駕するにはまだ10年はかかると言われる中での衝撃だった。私たちは、これまでメディアの取材にほとんど応じていない、開発者デミス・ハサビスにロングインタビューを行った。ハサビスは、人間しか持てないと言われてきた「直感力」「創造力」を人工知能に組み込んだという。このほか、ガンを画像から精緻に見分ける人工知能を発明したアメリカのベンチャー企業や、人工知能に感情を持たせる研究を続ける日本企業など、開発の最前線を取材。人工知能の進化に伴い、どんな未来が出現するのか。人工知能、それは天使なのか悪魔なのか。

制作者から

NHKスペシャル「シリーズ MEGA CRISIS 巨大危機 第1集 加速する異常気象との闘い」
2016年9月4日放送(49分)

  • 番組サイトへ

自然・くらし部門

優秀賞

日本を襲うさまざまな巨大危機との闘いの最前線に迫る、新シリーズ。第1回は、異常気象との闘い。日本列島を強力な台風や豪雨が相次いで襲う中、異常気象に備えるための挑戦は、新たな展開を見せている。北極圏で見つかった未知のリスク、不可能とされた豪雨の予測で見えた可能性、そして、巨大な落雷のパワーへの備え。今後、温暖化の進行によって加速することが恐れられている異常気象の脅威に立ち向かう最前線の現場に迫る。 

制作者から

Page Top