NHKコンクール受賞番組

2017.4.1

橋田賞で受賞しました。

コンクール概要

第25回 橋田賞

東京

土曜ドラマ「夏目漱石の妻」
2016年9月24日~(各73分)

橋田賞

2016年は、日本を代表する文豪・夏目漱石没後100年の年。漱石の「坊っちゃん」「吾輩は猫である」「こころ」などは、今なお人々読み継がれている名作。実は、その多くは、妻・鏡子と歩んだ夫婦生活を下敷きに描かれている。頭脳明晰で几帳面、諧謔精神に富むが、とんでもなく気難し屋の漱石。一方大らかで、自分の考えをすぐ口にするタイプの鏡子。正反対の二人は、時にぶつかり合い、時に支え合いながらも、やがて、かけがえのない家庭を築いていく。時代は明治。大家族制が崩れ始め、都市型核家族が出現し、個の時代が始まっていた。漱石と鏡子は、その個の時代の体現者と言える。教員だった漱石は、英国留学を経てやがて小説家としてデビュー、数々の名作を描き名声を得る。明治という激動の時代を駆け抜け、夫婦として成長していく二人の姿を、妻・鏡子の視点から、生き生きとユーモアを交えながら描いていく。

制作者から

Page Top