NHKコンクール受賞番組

2017.7.12

衛星放送協会オリジナル番組アワードで受賞しました。

コンクール概要

第7回 衛星放送協会オリジナル番組アワード

東京

BS1スペシャル「爆走風塵 中国・激変するトラック業界」
2017年2月18日放送(99分)

  • 番組サイトへ

ドキュメンタリー番組部門

最優秀賞

160兆円規模と言われる巨大な中国物流を支えるのは3000万人のトラックドライバーだ。一日に数百キロを走る過酷なドライバーの暮らしには、中国の今がにじみだしている。番組は中国一の長距離トラックのハブ、「成都公路港」を取材。数千キロ離れた目的地まで日夜貨物を運ぶトラックドライバーに密着した。引退間近のベテランコンビ、父と見習いの息子コンビ、そして幼子と妻と共に旅する新米ドライバーの3組だ。しれつな価格競争、燃料や通行料の高騰。原則する中国経済の影響を受けながら、たくましく生きる人々を描き、庶民の目線から中国経済の実態を浮き彫りにする。

制作者から

ゆる~く深く!プロ野球
2016年6月7日放送(220分)

中継番組部門

最優秀賞

「ファウルボールは、1試合あたり何球?またどの方向に飛んでいくの?」、「球場で演奏されるオルガンはどのように演奏しているの?」、「球場の周辺は今どうなっているの?」などなど普段の中継ではとても扱えないマニアックかつゆる~いネタを、中継とは別の独自カメラを駆使してご紹介。また、ツイッターやメールで寄せられた視聴者からの質問にも、アドリブでスタジオ出演者がお答えしました。ときには「わんぱく相撲と少年野球どっちを優先すればいい?」といった小学生からのお悩み相談にも親身に対応。細かな台本はいっさいなし。ある時は試合の流れに乗ってワンプレーにこだわり、またあるときは「完全脱線」して、気の向くままにトークを繰り広げました。この番組では、行われている「西武対巨人」の試合展開がまったくわかりません。そんな人には従来の野球中継である101チャンネルと切り替えながらご覧いただくことをお勧めしました。

制作者から

めざせ!オリンピアン “野獣”松本薫 דビビり”15歳 柔道 世界のワザと心を本気で伝授!
2016年11月23日放送(50分)

バラエティ番組部門

審査委員特別賞

「野獣」の異名をもつ柔道金メダリスト松本薫が、中学大会の映像を見ながら本気で教えたい選手を選ぶ場面から番組は始まる。指名されたのはどんな選手かスタジオで4択クイズを出し、正解発表VTRで主人公の中3女子の素朴な素顔を紹介。父のスパルタ指導で全国上位の力をつけながら、試合ではビビってしまう課題が浮かび上がる。その15歳の元を松本がサプライズ訪問。驚く選手の稽古を観察し、即座に課題を見抜く。二人だけの時間を作った松本は「ビビりは感受性の鋭さの裏返し」と欠点を長所に変えてみせる。実は松本もかつてはビビりで、それが野獣キャラを生んだのだった。翌日は技術的課題に向き合う1対1の稽古。「目線を1ミリ上げる」「指を巻きこむ」など教科書にはない元世界女王の極意が次々と明かされていく。少女の表情は一変、オリンピアン相手に激しい闘志を見せ始める。陰で見守る父が我が子の成長に気づかされた、本気指導の結末とは?

制作者から

渥美清さん没後20年 “寅さん”特集
2016年7月30日~2016年10月4日

オリジナル編成企画賞

審査委員特別賞

制作者から

Page Top