みんなのためのバリアフリー・バラエティー

2012年にスタートした、障害者のための情報バラエティー「バリバラ」。

笑いの要素を織り交ぜ、これまでタブー視されてきたテーマにも挑んできました。

2016年4月からは、障害のある人に限らず
「生きづらさを抱えるすべてのマイノリティー」の人たちにとっての
“バリア“をなくすために、みんなで考えていきます。

みんなちがって、みんないい

多様性のある社会を目指して、バリバラは進化します!

出演者

山本 シュウ

山本 シュウ

ラジオDJ。エイズの知識を深める活動「レッド・リボン・ライブ」の総合プロデューサーもつとめる。大阪出身でおせっかい大好き。自称「男の顔した、ただのおばちゃん」。番組MCとして本音トークでズバズバ切り込む。

大西 瞳

大西 瞳

義足のスプリンター。パラリンピック出場をめざし練習に励む日々。義足の女性たちの美しさをアピールする「切断ヴィーナス」のメンバーとしても活躍中。番組ではシュウさんとともにMCをつとめる。

玉木 幸則

玉木 幸則

障害者相談支援専門員として全国各地を講演で飛び回る。バリバラではご意見番として「それおかしいやん!」「これだけ言わせて!」と当事者ならではの視点で熱く語る。玉木ファンがひそかに増殖中という噂も。

大橋 グレース

大橋 グレース

自称「恋する難病乙女」。多発性硬化症をはじめ3つの難病とつきあいながら、大阪で自立生活を明るく実践中。かつて柔道の選手でアメリカの元オリンピック代表候補にもなった。ホームページの「グレースの難病女子日記」も好評連載中。

岡本 真希
岡本 真希

今は某外資系企業で働いているが、将来の夢はメイクアップアーティスト。先天性四肢欠損症で、左腕と顎でメイク道具を自在に使いこなす。カナダに留学し、半年間、メイクの専門学校で学んだ経験も。2016年5月から、レギュラー陣に仲間入り。

ナレーション 神戸 浩

神戸 浩

俳優。映画「無能の人」「学校Ⅱ」などに出演。バリバラではVTRナレーション担当。ゆったりとした独特の味わいのある語り口は、多くのバリバラファンを魅了している。

テーマ音楽

チャラン・ポ・ランタン

チャラン・ポ・ランタン

もも(唄/平成生まれの妹)と小春(アコーディオン/昭和生まれの姉)による姉妹ユニット。2009年に実家の部屋にて成り行きで結成。 ボーダーを設けない風来坊な活動方針により、 濃ゆい音楽ファンからお茶の間までをハッ&グッとさせている。国籍・年代不詳な世界観に 鮮やかな毒をぶちまけたサーカス・エンターテインメント。’14年avexよりメジャーデビュー、’16年1月に2ndアルバム「女の46分」をリリース。

  • オープニングテーマ:「夢を運んだアヒルの子」(バリバラver.)
  • エンディングテーマ:「ハバナギラ」
チャラン・ポ・ランタンのインタビューはこちらから

デザインコンセプト

デザインコンセプト

番組のデザインコンセプトは、マイノリティー・パレード。

17人のアーティストが描いた個性あふれるキャラクターたちが、
えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイ~♪と踊りながらパレードしていく。

多様性のある豊かな社会への賛歌をイメージした世界観を表現。

メインキャラクター

いろいろさん

バリバラのめざす「多様性のある社会」を象徴するメインキャラクター。
番組の所々に出没し、番組を進行したり、解説を加えたり、時にはスタジオトークにツッコミを入れたりする。

田村拓也

田村拓也

滋賀県の福祉事業所「やまなみ工房」に所属。毎日同じ時間、同じ場所、同じリズムで作業を繰り返す。彼の作品には、その几帳面な性格が表れ、どれも色鮮やかな模様が交わることなく丁寧に塗りこまれる。展覧会の出展を目標に、創作活動が彼の仕事となる。「バリバラ」のメインキャラクターを制作。

作品

横山裕一

横山裕一

漫画家。1967年宮崎県生まれ。1990年武蔵野美術大学油絵学科卒。著書に「ニュー土木」「トラベル」など国内外に出版と展覧会参加多数。

作品

小田島等

小田島等

1972年東京生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。90年に「ザ・チョイス」入選。95年よりCD、広告、書籍のアートディレクションを手がける。同時にイラストレーターとして活動。近年は展示活動にも重点をおく。

作品

黒川知希

黒川知希

イラストレーター、画家。1975年三重県生まれ。現在、埼玉県在住。2000年より書籍、雑誌、ウェブ、ファッション等のメディアでアートワークを手掛ける。また、2008年より現代美術ギャラリーNANZUKAに所属し絵画の制作も行っている。

作品

死後くん

死後くん

イラストレーター。雑誌『POPEYE』やNHK 『おやすみ日本』の眠いい昔話コーナー、mmmの2ndアルバム『ほーひ』のジャケット等々、紙媒体をはじめ、TV、CD、Web様々な媒体で活躍。マンガ『I My モコちゃん』玄光社より出版。

作品

名取 祐一郎

名取 祐一郎

アニメ作家。「バリバラ」のイラストの他「おかあさんといっしょ」「新日曜美術館」「テレビでフランス語」「なりきり」などの番組のアニメ、美術を担当。

作品

秋場康平

秋場康平

東京芸術大学油絵科卒業。主な展示に、個展「Visages」(Galerie Liusa Wang、パリ、フランス)、グループ展「autumn place」(NANZUKA、東京)/「paint as figure」(Thomas Erben Gallery、ニューヨーク)他多数。

作品

寺門孝之

寺門孝之

画家・神戸芸術工科大学教授。大阪大学文学部美学科、セツ・モードセミナー卒。天使や夢物語の世界を描き、独自の絵画世界を発信中。人形劇の人形デザインや映画「人間失格」の劇中画など、他分野とのコラボレーションも多数。絵本「ぼくらのオペラ」など。

作品

水野健一郎

水野健一郎

1967年岐阜県生まれ。鳥取大学工学部社会開発システム工学科中退。セツ・モードセミナー卒業。自身の原風景であるテレビアニメの世界観を脳内で再構築し、ドローイング、ペインティング、グラフィック、アニメーションなど、多様な手法でアウトプット。

作品

白根ゆたんぽ

白根ゆたんぽ

イラストレーター。1968年埼玉県深谷市生まれ。学習コンテンツのイラスト素材からセクシーな女性ビジュアルの作品集の制作まで幅広いジャンルで活動。各種メディアへのビジュアル提供の他、個展、企画展への参加なども積極的行う。

作品

牛木匡憲

牛木匡憲

アーティスト。1981年生まれ。自身の経験や息子との関係性の中から「特撮」「アニメ」「玩具」などに象徴される男児文化に注目し作品を制作。NHK Eテレ「シャキーン!」や伊勢丹のクリスマスキャンペーンなどにイラストを提供している。

作品

佃弘樹

佃弘樹

1978年香川県生まれ。コラージュをベースにしたドローイングや立体作品を独特の世界観で表現する現代アーティスト。近年は主に欧米で活動し高い評価を得ている。NANZUKA所属。

作品

シンボロン

シンボロン

フェミニンな影絵調のイラストを得意とするイラストレーター。主にVOGUE JAPANなどの女性ファッション誌の他、広告、パッケージ等で活動。2014~2015年は森永製菓のチョコレートのバレンタイン限定デザインを担当。

作品

鵜飼結一朗

鵜飼結一朗

「やまなみ工房」に所属。彼が描くものは、大好きな恐竜や動物、時には骸骨や妖怪等、興味を持つものすべて。同じ物を表情や動きを変え、いくつも重ねて描く技法は彼独特のものである。

作品

西橋直樹

西橋直樹

「やまなみ工房」に所属。絵は彼がコミュニケーションをはかる上での一つの手段である。毎週食べたい物を描いては、その都度母に確認を行う。動物や好きなテレビ番組のキャラクターを描く時も同じ。周囲の声かけで彼は安心を得る。

作品

小春(チャラン・ポ・ランタン)

小春(チャラン・ポ・ランタン)

姉妹音楽ユニット“チャラン・ポ・ランタン” アコーディオンと姉を担当/アーティスト。音楽活動のほか、自身のグッズや公式サイトなどのデザインも手掛ける。「バリバラ」のテーマ曲を書き下ろした縁で参加。

作品

 

姉川たく

姉川たく

KANIKAPILA DESIGN Inc. 代表/アートディレクター、アーティスト。ポンキッキーズの「なぞのやさい星人あらわる」や「あらびき団」がお茶の間で話題に。「バリバラ」のアートディレクションを2012年から担当。

作品