ノアのちょっとずつ猛進日記

多発性硬化症という難病で、視覚障害もある「バリバラ」レギュラー出演者ノア
(グレースより改名・現在アメリカに留学中)が、日々の生活の中で感じたことを綴っていきます。

二度味わう幸せ

  • 2020年10月2日
皆さん、新型コロナ禍で積極的に会うことができず、人肌寂しい感じですが、元気ですかぁ~???

こちらは「シカゴの美しい夏も終わりを迎えるんだなぁ」と感じるくらい、少しずつ寒くなりつつあります~

  • 屋外でのノアの自撮り。メガネをかけて、マスクをして、微笑みながらカメラ目線。背景には、大きな木がピンボケで写っている

そんな中、ある嬉しい知らせが……



8月31日。やたらと携帯が鳴るなぁ~と不思議に思って、画面を開くと…

たくさんの「お誕生日おめでとう」メッセージが来ていた~!!

私の誕生日は9月1日。でも、時差の関係で、日本の9月1日はアメリカの8月31日…

だから、日本からのおめでとうメッセージが誕生日の1日前に送られてきていたのだ~


そして、アメリカの9月1日には、アメリカに来てからつながった、たくさんの友達や同志たちから数えきれないメッセージとプレゼントが~!

  • キュートなチョコレートのバースデーケーキ! ケーキの上には、絞り袋で書かれた文字があり、ミントグリーン色で“Happy Birthday”、白色で“NOAH”と綴られている

    <キュートなチョコレートのバースデーケーキ!>



いつも生活を支えてくれている介助者たちからも、誕生日ドーナッツから、ケーキ、そして、ケーキのプレゼント(笑)

  • アイスケーキもいただきました! 車いすの上であぐらをかいているノア。ケーキが入った箱を抱え、カメラに向かって目を細めながらニヤリ。メガネをかけて、赤いTシャツに、赤いタターンチェックのズボンをはいている

    <さらに、アイスケーキもいただきました!>


結果、3つのケーキとボックスのアイス、ドーナッツ、Tシャツ、マスクなどなど、一度には味わいきれないほど、恵まれた誕生日を迎えることができた

  • 私が代表を務める障害者団体のメンバーたちもかけつけて、お祝いしてくれた。ノアと一緒に写っているのは障害者団体のメンバー。3人での自撮りショット。女性はカメラに向かって微笑み、ノアと男性はグッドの指をつくってポーズ。3人ともマスクをつけている

    <私が代表を務める障害者団体のメンバー達もかけつけてお祝いしてくれた>


正直、誕生日を迎えること自体は、年々歳を重ねていくことを実感するので、嬉しくはないけれど、みんなの気持ちが伝わってきたから幸せな気持ちになった

30歳から31歳になったからといって、これといった明確な違いを感じることは少ないけれど……

30歳はアメリカに来たばかりで、ひたすら社会運動の勉強と活動をし続けることで、いっぱいいっぱいだったので、自分にご褒美だとか恋愛だとか……あまり社会運動のほかに、楽しむことができていなかったから、これからは少し肩の力を抜いて人生を楽しむことができたらなぁ~っと思っている!



  • 去年のプライドマーチ(LGBQs)の様子。大学のクィア(LGBTQIAs)の仲間たちとマーチしている。仲間は、大学のバナーを持って隣で行進中。自撮りでの一枚で、ノアはサングラスをかけ、カメラに微笑んでいる

    <去年のプライドマーチ(LGBQs)の様子。大学のクィア(LGBTQIAs)の仲間たちとマーチしている。仲間は、大学のバナーを持って隣で行進中>


  • ノアが代表を務める障害者団体の仲間たち。会議後、建物の外に出て雑談

    <私が代表を務める障害者団体の仲間たち!>



そういう意味ではアメリカにいるからこそ、2度味わうことができた、この誕生日は、その一歩として受け止めている


ノアがノアらしく生きていく……

その形がどういうものなのか、31歳になっても、まだ分からないけれど、大学院の受験結果を待ちつつ、仕事をかけ持ちして学費のために貯金し、自分がHAPPYに感じる心の声を聞いて、毎日を過ごせたらなぁ~と思っている最近のノアでした~

メッセージをくれたみんな、ありがとうございます~!!