ノアのちょっとずつ猛進日記

多発性硬化症という難病で、視覚障害もある「バリバラ」レギュラー出演者ノア
(グレースより改名・現在アメリカに留学中)が、日々の生活の中で感じたことを綴っていきます。

静かなハロウィン

  • 2020年11月5日
毎年、ハロウィンというと…

彼氏とテーマパークに行ったり、コスチュームを着て楽しんだりしていたけれど、今年は世界中で蔓延している新型コロナウイルスの影響で全てのイベントがキャンセルに~

なんだか寂しすぎる~

でも、シカゴはまだまだ新型コロナ感染者が増え続けている状況なので、少人数とはいえ直接集まってパーティーするのはリスクが大きい……

ということで、今年は介助者たちと一緒に、パーティーというよりも部屋のデコレーションをして、ハロウィンを楽しむことに~

  • 今年のハロウィンの過ごし方をお届けしまーす! 車椅子に乗っているノアが笑顔でカメラ目線の一枚。右手には、カボチャのスパイスワイン、左手にはお手製のパンプキンパイを持っている。

    <今年のハロウィンの過ごし方をお届けしまーす! 右手には、カボチャのスパイスワイン、左手にはお手製のパンプキンパイ!>


まずはハロウィンで使うグッズを集めに、大型スーパーへショッピング!

アメリカの食料品店はお菓子であふれているけれど、近頃新型コロナウイルスの影響で活動量が低下し体重が増えているので、お菓子は少しだけ楽しむことに……

誘惑をなんとかすり抜け、雑貨のコーナーにへ行くと……

ハロウィンテーマにぴったりのアイテム!かつ、生活にも必要なものが、そこかしこに並んでいる!!!

まずはハロウィンをモチーフにしたパジャマ! いつもはボクサーパンツで寝ており、一着しかパジャマがなかった私、介助者が横からちゃっかり、「さすがに家の中ではパジャマを着たほうが……」と、日頃感じていたことを苦言(笑)

  • ドクロ模様のイラストが描かれたパジャマ(ズボン)を履いて、車椅子に乗っているノア。上半身には、青色のブランケットを羽織っている

わかりましたと買い物かごに入れ、次の場所へ進むと…

ハロウィンをテーマにしたコップとタンブラーが並んでいた!

これまた介助者が横から「家にコップ2つしかないよね~。私たち、お水もらうとき、コップないことがあるんだよなぁ~」とまたまたチクチク……!

2つ買うと、1つタダになるというという懐にも優しい条件だったので、これまた買い物カゴに入れ次の場所へ行くと……

すると、ハロウィンテーマの毛布が!!! シカゴは既に最高気温が一桁という寒さ
なので、これには、私もテンション上がった~!

  • ドクロとカボチャのイラストが描かれた毛布をベットの上で足先までかけて、顔だけをひょっこりと出しているノア


部屋の温度も徐々に下がりつつあり、朝起きると15度程度。

私の障害は体温調節が難しいため、その寒さだと体の筋肉が通常以上に固まって動きにくい

ので、今もすでに2つの掛け布団と3つの毛布があるけれど、こちらも喜んで購入!


毎朝、私のベッドの布団をキレイにセットし直す介助者が「まだ布団増えるの~!?え~!?布団たち、重いのよね~」とボソボソ言っているのを全無視して、カゴに入れる~!!

というのも、なるべく家の電気代を減らすためにも、究極に寒くなる12~2月までは暖房をつけたくないので、ここは介助者に諦めてもらってと……


ついでに可愛い(?)ハロウィン靴下とキャンドルを購入して、ウキウキでアパートに帰ると……

デコレーションのカラーリングをできるキットが、アパートのフロントに"自由にお取りください"と置いてあり、季節を感じられるアイテムにテンションあげあげ!

さらに郵便ボックスを開けると、友達からハロウィンのギフトが届いていた~

  • 左上が友達からのギフトのマグカップ置き、左下のドクロと右上のインク(3色)がデコレーションをカラーリングできるキット。机に並べて置かれている

    <左上が友達からのギフトのマグカップ置き、左下のドクロと右上のインク(3色)がデコレーションをカラーリングできるキット>


プレゼントしてもらったのは、有名なメキシコの画家のマグカップ置き。ハロウィンの起源は様々だけれど、ラテンアメリカではハロウィンは「死者の歓迎をする」一つの伝統的な行事であり、カラフルなドクロがその象徴でもあるのだ

介助者の一人はメキシコからの移民一世なので、そんなラテンアメリカの儀式の説明も聞きつつ、かぼちゃのデザートを作って……

  • チョコレートプロテインパウダーで作った生地の上に、チョコチップクッキーの生地を乗せて焼いたお手製クッキー。本当は激マズに作って、罰ゲームに使おうと思ったけれど、意外にもおいしく出来てしまい、良き栄養が取れるお菓子になりました。後ろには、ドクロのタンブラーが見える

    <チョコレートプロテインパウダーで作った生地の上に、チョコチップクッキーの生地を乗せて焼いたお手製クッキー。本当は激マズに作って、罰ゲームに使おうと思ったけれど、意外にもおいしく出来てしまい、良き栄養が取れるお菓子になりました。後ろには、ドクロのタンブラーが!>


  • デザートのパンプキンパイと、カボチャの煮つけを作るのに使ったいろいろな種類のパンプキン。その隣には、ドクロのお姉さんがモチーフのマグカップがその横に置いてある。

    <デザートのパンプキンパイと、カボチャの煮つけを作るのに使った、いろいろな種類のパンプキン。その隣にあるのは、新しく買ったドクロのお姉さんのマグカップ。>


多文化で楽しいハロウィン月を楽しみつつも、買い物しすぎてクレジットカードの決済だけが少し不安なノアでした~