これまでの放送

絶対にウマい”はず”料理選手権①暴走する妄想編

放送日

1月23日(木)夜8:00

再放送1月26日(日)0:00(土曜深夜)

出演者

IVAN 枝元なほみほか

絶対にウマい”はず”料理選手権①暴走する妄想編
障害のために料理経験がほとんどない“素人シェフ”3人が集結、「こう作れば絶対にウマいはず」という妄想レシピに、ぶっつけ本番で挑戦するスタジオドキュメント。目の見えない中年男性が、初めて出会う食材に興奮して大暴走! その裏には、視覚障害ならではの日々の食事の「妥協」があった……。審査員には『きょうの料理』講師が参加し本格アドバイスも。キッチンを舞台に障害者たちが、「挑戦(と失敗)」の自由を解放する。

内容

出演者

  • IVANさん  (タレント)
  • 枝元なほみさん (料理研究家)
  • 【料理選手権・挑戦者】
  • 上鍛治公博(うえかじ・きみひろ)さん(視覚障害)/サポート:宮川祐一さん(ヘルパー)
  • 髙羅顕生(こうら・けんしょう)さん(自閉症)/サポート:髙羅律子さん  (顕生さんの母)
  • 上田哲郎(うえだ・てつお)さん(脳性まひ)/サポート:片山恵さん(自立生活センター職員)
  • 【司会】 伊藤雄彦アナウンサー

始まりました! 絶対にウマい“はず”料理選手権

絶対にウマい”はず”料理選手権①暴走する妄想編 写真1

「私の記憶が確かならば・・・」惜しまれつつも終了した民放のあの料理対決番組を彷彿とさせる壮大なオープニングで登場したのは、障害のある素人シェフ3人。障害のある人の中には、料理に挑戦してみたいと思いつつも、なんらかの理由で料理をしない、できないでいる、という人も少なくない。そこで今回は、「失敗してもよし!」ということで、そんな素人シェフによる選手権を開催! “失敗しても食べる”を前提に、審査するのは番組レギュラー陣に加えて、ナチュラルフードコーディネーターの資格を持つIVANさん、NHK「きょうの料理」の講師・枝本なほみさん。審査員の紹介が終わったところで、いよいよ料理選手権のスタート!

一人めの挑戦者「白杖の独身中年シェフ」

絶対にウマい”はず”料理選手権①暴走する妄想編 写真2

「視覚障害者を代表して、勝負に挑みたいと思います」と強い意気込みを宣言したのは、普段ほとんどヘルパーに任せて、料理をしないという上鍛治公博さん。レトルトマーボー豆腐が定番で、週3回は食卓にのぼる。ところがそんな彼を料理へと駆り立てる存在が現れた。それは、ハロープロジェクトJuice=Juiceの宮本佳林さん。彼女のブログからタピオカドリンクに興味を持った上鍛治さんは、「目指せ紅白初出場Juice=Juice宮本佳林風お好み焼き」という斬新なネーミングの料理に挑戦! まずは食材を探しに食料品店へ。普段はヘルパー任せのため自ら店を回ることがない。そのためか、初めて出会う食材たちに興奮しまくりの上鍛治さん。「人が考えつかないような、私にしかできないお好み焼きを!」と前のめりでスイーツお好み焼きを作ってみる!

調理スタート

絶対にウマい”はず”料理選手権①暴走する妄想編 写真3

調理では介助者や家族ひとりに手伝ってはもらえるけれども、アドバイスはもらってはいけないというルール。食材を触って確認する上鍛治さん。豆乳に、全粒粉と米粉を加える指示を出す。「視覚障害者は見た目の美味しさが感じられないので」と米粉のモチモチ感がなぜ必要かを説明する。そうして混ぜていくも、あらぬ方向へと進む上鍛治シェフ。なんと隠し味としてホイップクリームを投入したのだ。「宮本佳林さんのパフォーマンスに通じるまろやかさと軽やかさ」と自信満々に語るも、審査員から「ちょっとでいいよ」(玉木)と、ルール無用の注文が飛ぶ。その願いも虚しくドボドボと入る生クリーム。

新製品情報が入って来づらい視覚障害者

絶対にウマい”はず”料理選手権①暴走する妄想編 写真4

無謀な調理と思わせる生クリーム使いをしてしまったのは、上鍛治シェフが絞るだけで出てくる(泡立て不要の)ホイップクリームの存在を生まれて初めて知ったから。実は、上鍛治さん、今回のようにガイドヘルパーさんと一緒に買い物に行くことはほとんどない。利用できるサービスの上限時間が決まっているためだ。上鍛治さんのように、視覚障害者の中には、新しい製品の情報が入ってきづらい人が少なくないという。新商品にテンションマックスの上鍛治さんは、生クリームに続き、タピオカを投入!その量はというと愛情たっぷりということで8杯を指示。どんどん雲行きが怪しくなってきたところで新たな不安(?)食材のモッツァレラチーズが登場。IVANも「栄養素的には、カロリー高めで健康には悪いと思います」と苦笑い!

いよいよ焼きはじめ、独創的? 暴走的? な着眼点

絶対にウマい”はず”料理選手権①暴走する妄想編 写真5

いろんな「お好み」を混ぜ合わせたところで、焼きの段階へーーとその前に、このお好み焼きには欠かせない、ひいきのアイドルにちなんだ「かりんとう」が登場。生地の上にこれでもかというほどに横たわるかりんとう。「もっちり感、トロリ感、カリカリ感と食感の3重奏が味わえる」と自画自賛のシェフ。ひっくり返してしばらく待つ。ようやく出来上がったオリジナリティーあふれるお好み焼きをいざ実食。

絶対にウマい”はず”料理選手権①暴走する妄想編 写真6

「見た目はめっちゃかわいい・・・」と言っていたIVANさん。一口食べて「食べられないことはない。タピオカ、マジでいらない!」枝元さんは「でもまあ、不思議な感じ」とかろうじてフォローするも、上鍛治シェフに「モチモチ感はどうでしょう?」と尋ねられると、「ほとんど消えてる」と微妙な反応。それでも最後に本人よる実食では、「おいしい!」大満足、ぺろりとたいらげた。自身初の料理を思いっきり楽しんだ上鍛治さん。お好み焼きの味はともかく、果敢に挑戦した姿は好印象を与えた!

次に登場するのは、と言いたいところでまさかのタイムアップ!2人目・3人目の挑戦者は、後編に登場。果たしてどんなオリジナル料理が飛び出すのか?栄冠は誰の手に!?乞うご期待!