これまでの放送

「障害者差別解消法」ってなに?

放送日

6月5日(日)夜7:00

再放送6月10日(金)0:00(木曜深夜)

出演者

秋元才加 向井康二 草間リチャード敬太(関西ジャニーズJr.)ほか

「障害者差別解消法」ってなに?
4月1日に施行された「障害者差別解消法」。障害のある人に対して不当な差別的取り扱いを禁止し、「合理的配慮」を提供することが役所や企業、民間事業者に義務づけられた。でも、まだまだ知られていないこの法律。そこで今回は、誰にでも分かるバリバラ流授業を開講!どういう事例が差別にあたるのか?また合理的配慮とは何なのか?寝たきり芸人「あそどっぐ」とダンスユニット「エグスプロージョン」の異色のコラボで制作した障害者差別解消法のプロモーションビデオも披露する。

内容

出演者

  • 秋元才加さん (女優・タレント)
  • 向井康二さん (関西ジャニーズJr.)
  • 草間リチャード敬太さん (関西ジャニーズJr.)
  • あそどっぐさん (せき髄性筋萎縮症)

障害者○○解消法って知ってる?

放送内容

今年4月1日に施行されたばかりの「障害者差別解消法」。まずはこの法律、一般の人たちにいったいどのくらい知られているのか!?という疑問を検証するべく、関西ジャニーズJr.のふたりが、街頭でインタビュー調査を敢行!結果は・・・なんと、44人中知っていたのはわずか3人!!だった。

特別授業を開講!

そこで今回のバリバラでは、特別授業を開講!調査にあたった関西ジャニーズJr.のふたりと、秋元才加さんを生徒に迎え、このほとんど知られていない「障害者差別解消法」を学校の授業さながら学んでいくことに。講師陣は、あそどっぐ、大橋グレース、玉木幸則校長。

1時間目【基礎編】あそどっぐ×エグスプロージョンで学ぶ障害者差別解消法

放送内容

1時間目の授業担当は、「寝たきりのコント職人」として「バリバラ」でおなじみの、あそどっぐ。あそどっぐ先生が用意したのは、障害者差別解消法を広く知ってもらうためのプロモーションビデオ。中高生に絶大な人気を誇るダンスユニット「エグスプロージョン」との異色コラボが実現した!

放送内容

“レストランに車いすで行ったら入店を拒否された” “エレベーターのない駅で対応できないので隣の駅を使ってと言われた”など、あそどっぐが自身や知り合いの障害者の体験談をもとに詞を書き、エグスプロージョンの2人が作曲&ダンスパフォーマンス。“キレキレの”プロモーションビデオができあがった。


あそどっぐ×エグスプロージョン「障害者差別解消法」の動画はこちら

2時間目【応用編】合理的配慮とは?

放送内容

グレース先生のキーワードは、「合理的配慮」。障害者差別解消法では、障害のある人からの求めに応じて、負担になりすぎない範囲で、「合理的な配慮」を行うようにと定めている。国や役所には法的義務、民間事業者には努力義務が課せられている。では、「合理的配慮」とは何なのか?ある事例をもとに考えた。車いすを利用している人がレストランに行ったら、店が狭くて車いすで入店されると他の客の迷惑になる、と入店を断られてしまった、というケース。

放送内容
リチャード
「1番入口に近い人に席をかわってもらう、とか」
秋元
お客様に『車いすの方が来店されるので、ちょっと道を広げていただいてもよろしいですか?』ってアナウンスする」
玉木校長
「どう?たとえば、『今からリチャードさん入りますけど、いいですか?』とかって聞かれると」
リチャード
「それはね、ちょっとそこまでは・・・って」
玉木校長
「だからそこの微妙な気持ちとかも、ほんとに確認しながらなんですね」

3時間目【特別授業】合理的配慮の好事例

放送内容

スーパーで働く男性(自閉症スペクトラム)は、働きはじめたころ、曜日によって出勤時間が違い、遅刻を繰り返してしまっていた。障害の特性から、環境の変化が苦手で、生活リズムを崩していたためだった。男性は、店長に、自分の障害の特性をきちんと伝え、相談したところ、出勤時間のばらつきをなくし、時間を統一してもらう配慮を受けられた。そうすることで遅刻も欠勤もなくなった。
合理的配慮のポイントは、その人の意向を尊重しながら、それぞれの特徴や状況に応じた配慮を考えること。また、配慮する側の負担が重すぎる場合には、ほかにどんな工夫ができるか対話を重ねていくことが重要、ということを学んで今日の授業は終了!

玉木幸則のコレだけ言わせて

玉木幸則のコレだけ言わせて

「合理的配慮の意味を勘違いしないで」

これがスタートやと思う。これから何回もこの障害者差別解消法の内容は伝えていかなあかん。例えば(障害者への合理的配慮において)“過剰な負担がない限り”というのがあるけど、それは「過剰な負担になるなら配慮をしない」ということではなく「違う方法を探していく!」ってことやから勘違いしないでほしい。合理的配慮を英語で言うと、「reasonable accommodation」。リーズナブルは理に適ったという意味。だからお互いにすり合わせてやっていくことが本来の意味。ただ(障害者に対しての)設備を作ればいいとかだけじゃなくて、「ひとを排除しない」ということやから。それを念頭にどんな工夫ができるか、そこが問題やと思う。