これまでの放送

第6回SHOW-1グランプリ【後編】 アンコール

放送日

3月26日(日)夜7:00

再放送3月31日(金)0:00(木曜深夜)

出演者

IVAN ロッチ 白鳥久美子(たんぽぽ)ほか

第6回SHOW-1グランプリ【後編】
マイノリティーのお笑い日本一を決める「SHOW-1グランプリ」の後編。前半戦でトップに躍り出たのは万次郎。後半戦では期待のニューフェイスや前回王者のTASKEも登場する。果たして第6回のグランプリは誰の手に?!

※再放送は19日(金)になります。

内容

出演者

  • IVANさん (モデル)
  • ロッチ(コカドケンタロウさん・中岡創一さん)(芸人)
  • 白鳥久美子さん(たんぽぽ)(芸人)

前週に引き続き、マイノリティのお笑い日本一を決めるバリバラ名物企画「第6回SHOW-1グランプリ2016」後編。
前編では、トップバッターのあそどっぐが、500点満点中402点と高得点をたたき出し、後に続く鈴本ちえ、あずまっとん、月乃光司が402点を超えられないまま、迎えた前半戦最後。登場した万次郎が、自身が性に悩んだ学生時代の写真を露わにしたネタで、見事417点を獲得し1位に躍り出た。
後半戦、この得点に、4組の芸人たちが挑む。

放送内容

後半戦トップバッターは、全盲の落語家・桂福点とダウン症のタレント・あべけん太のコンビゆっくリズム。凸凹コンビの繰り広げるドタバタ劇が意外にもホッとする和やかな笑いを生み出した。健闘するも得点は伸びず386点

放送内容

続いて登場したのは、初出場、広汎性発達障害の歌姫・鈴木凛子。これまでのSHOW-1にはなかったニュータイプの笑いに会場がざわめく。コワおもしろいネタを披露し、次回に期待の396点! 

放送内容

続いて登場したのは、今回唯一のトリオでコントに挑んだエムズトリック。発達障害の2人と精神障害の1人が実体験満載に、役者顔負けの熱演を披露して笑いをとったが、万次郎には及ばず382点。

放送内容

ラストに堂々登場したのは、SHOW-1史上初の2連覇を達成し、去年は結婚までしてノリにノっている男・TASKE(タスケ)。今回は、左動眼麻痺の左目をネタに、いつもの奇妙な間と空気感で会場をTASKEワールドの笑いに誘い込んだ。果たして、3連覇なるか?
期待のかかった得点は…396点。この瞬間、万次郎の優勝が決定! 

放送内容

チャンピオンに返り咲いた万次郎。喜びの一言は?

「男になれなくても、いいことあるんだな」

捨て身で笑いを取った万次郎、おめでとう。

万次郎のインタビューはこちらから


順位まとめ

1位 万次郎      417点

2位 あそどっぐ    402点

3位 TASKE    396点

   鈴木凛子     396点

5位 鈴本ちえ     386点

   ゆっくリズム   386点

7位 エムズトリック  382点

8位 あずまっとん   377点

9位 月乃光司     295点

次回は「第7回SHOW-1グランプリ」でお会いしましょう。

今度はアナタもSHOW-1に挑戦しませんか?