これまでの放送

オレたちの青春を取り戻せ!~ロックバンド・スーパー猛毒ちんどん~ 後編

放送日

4月23日(日)夜7:00

再放送4月28日(金)0:00(木曜深夜)

出演者

大島美幸(森三中) スーパー猛毒ちんどん

オレたちの青春を取り戻せ!~ロックバンド・スーパー猛毒ちんどん~ 後編
知的障害者の「ロックバンド「スーパー猛毒ちんどん」のメンバーたちのユニークな日常に密着するシリーズの後編。“自称”リーダーがメンバーたちに呼びかけ、あることを企てたのだが、ハプニング続出!一方、ライブに向けて新しい曲づくりも始まった。メンバーたちの声を拾いながら、職員が歌にしていく。新曲のテーマは、去年、相模原の知的障害者の施設で起きた殺傷事件。4月のライブで初披露される。彼らはどんな思いを歌にこめたのか?

内容

出演者

  • 大島美幸(森三中)       (芸人)

  • 「スーパー猛毒ちんどん」(知的障害者のロックバンド)メンバー

  • 井上正邦(イノウエ)さん    (知的障害・左半身まひ)
  • 小澤光弘(ミツ)さん      (知的障害・てんかん)
  • 市丸敦啓(イチマル)さん    (知的障害・自閉症)
  • 佐藤一成(番長)さん      (「虹の会」副会長)

知的障害者のロックバンド・スーパー猛毒ちんどん

放送内容

前回にひきつづき、ロックバンド・スーパー猛毒ちんどんがスタジオに登場。
(前回の様子は、こちら)福祉事業所「虹の会」のリサイクルショップ「にじ屋」で働くメンバーたちが、今回、何やら新たな挑戦を始めたとか?!

メンバーたちの初挑戦「俺たちだけで旅行に」

放送内容

ある日、知的障害のあるメンバーだけが集まって会議を始めた。健常者スタッフ抜きで、自分たちだけで旅行に行こうというらしい。言い出しっぺは、“自称”リーダーの井上。張りきって仕切るが、みんな初めての挑戦が不安らしく無言。しかも井上は、メンバー1のお調子者・市丸を旅行に連れて行かないと言う。理由は、「市丸はすぐ逆ギレするから」。結局、会議は険悪な雰囲気のまま終わった。ところが1週間後、事態が急変。メンバーのミツら2人が「自分たちも旅行に行かない」と言い出したのだ。誰かを仲間外れにする旅行は嫌だと言う。

喧嘩も、失敗も、“あえて”させる

放送内容

分裂し始めたメンバーたちを見て、「虹の会」副会長の佐藤(健常者スタッフ)が動いた。井上とミツたちが、腹を割って話し合えるよう、飲みに誘ったのだ。「なぜ旅行に行かないのか」と詰め寄る井上に「仲間外れは嫌だ」と言うミツ。口下手な2人をフォローしながら、佐藤は状況を整理していく。やがて、井上が佐藤のように仲間を仕切れるようになりたかったこと、ミツがそんな井上に反論するのに大変な勇気を振り絞ったことを、引き出す。互いの本音をぶつけ合えた2人。そして、旅行計画は振り出しに戻った。

失敗があるからこそ楽しい

放送内容

井上は改めてVTRで旅行の一件を振り返り、一生懸命仕切ろうとするあまり、周りの気持ちを考えていなかった自分に気づいた、と言う。市丸も、周りに自分の気持ちを伝えられず逆ギレしてしまう、そんな自分を抑えられないと打ち明ける。みんなから“番長”と慕われる佐藤のモットーは「失敗があるからこそ毎日が豊かに楽しくなる」。支援者は、極力トラブルを避けることを考えがちだが、「毎日何も起こらない人生」よりも、「失敗して凹むから幸せを感じる日もある人生」の方が楽しい、と言うのだ。ゲストの大島美幸(お笑い芸人・森山中)は、「近くもなく遠くもなく、(適切な距離で)見守っている方がいるからこそ、メンバーが安心して失敗できる。すごくいいなと思いました」

障害者殺傷事件をテーマにした新曲・初披露!

放送内容

そんな彼らの体験や思いを歌にして歌うのがスーパー猛毒ちんどんのライブだ。しかも今回、ある新曲を披露する。去年相模原で起きた障害者殺傷事件に対し、メンバーが同じ知的障害者として抱いた思いに、佐藤が曲を紡ぎあげたものだ。歌詞には彼らの悔しい思いだけでなく、被害者だけでなく加害者にまで向けたあたたかく力強いメッセージが込められている。ライブ当日、客を楽しませようと個性的な衣装に奇抜なメイクをしたメンバーたちがステージに立った。クライマックス、大勢の観客に彼らが歌ったのは、その新曲だった。

Born to be Glory
栄光をつかめ!

          作詞・作曲 佐藤一成

もう限界 満たされない
その矛先を オレにむけるな
母ちゃんオレたちは 殺されるために
生まれてきたのか ここで一生
終わるモノか!

舟はお手製 オンボロのグローリー
オレたちの人生 ここからだ

さぁ手を伸ばせよ 一緒にいこう
お楽しみは ここからだ

玉木幸則のコレだけ言わせて

玉木幸則のコレだけ言わせて

「失敗を繰り返していける環境があってこそ」

失敗というのは「していい失敗」と「したらあかん失敗」があって。あかんのはひとを傷つけたりすること。障害があるから、といって「していい失敗」すらできないのは違う。失敗とはどういうことか?を理解することが大切。今日は井上さんが自分のVTRを見て、「これじゃダメだな」と思ったということは大事。それを繰り返していける環境があってこそ、修正できる。「虹の会」では佐藤さんが見守ってくれている環境がある。佐藤さんは言葉遣いが荒いかもしれない、でも佐藤さんはそれもしっかり分かった上で、ちゃんと見守りながら放っておいてる。ただし、これはこの「虹の会」のケースで、誰でも真似できることではないから、そこは勘違いしないでほしい。
  • HOME
  • これまでの放送
  • オレたちの青春を取り戻せ!~ロックバンド・スーパー猛毒ちんどん~ 後編