これまでの放送

スモールワールド 低身長の世界

放送日

6月25日(日)夜7:00

再放送6月30日(金)0:00(木曜深夜)

出演者

ロッチほか

スモールワールド 低身長の世界
“スモールワールド”、低身長の人たちの世界を2週にわたってお伝えする。スタジオには10人の低身長の人たちが大集合!第1回は、日常生活に潜むバリアがテーマ。極端に背が低い人たちは、物理的な高さのバリアだけでなく、「レストランでお子様ランチを出される」など、見た目から受けるさまざまな誤解や偏見に悩まされてきた。そこで今回、理解を深めてもらうために街角意識調査を実施!世間が抱きがちな先入観を覆していく。

内容

出演者

  • ロッチ        (中岡創一・コカドケンタロウ/芸人)
  • <低身長の方々>
  • 西村大樹さん     (体育教師志望)
  • 後藤仁美さん     (デザイナー)
  • 土井唯菜さん     (洋服のリフォーム店に勤務)
  • 山崎萌子さん     (スタイリスト志望)
  • 田澤采花さん     (会社員)
  • 安原美佐子さん    (自立生活支援センター職員)
  • マメ山田さん     (日本一小さい俳優・手品師)
  • ブッタマンさん    (ミゼットプロレス・レスラー)
  • プリティ太田さん   (ミゼットプロレス・レスラー)
  • にしくん       (日本一小さい監督)

“低身長”への先入観を変えたい!

放送内容

番組冒頭で登場したのは、日本一小さい俳優&手品師のマメ山田さん。Welcome to the Small World!「銭湯で子ども料金しか払わせてくれなかった」「試食コーナーで『お母さんと来てね』と言われた」など、見た目で子ども扱いされてしまうという低身長のひとたち。そうした先入観をなんとか変えたい!ということで、「私たちのこと、知っていますか?〇×プロジェクト」が始動!「白雪姫」の7人のこびとをモチーフに、メンバーたちで製作した衣装に身を包み、世間が低身長の人たちについてどんなイメージを持っているのか街頭に出て調査してみることに。

私たちのこと、知っていますか? 〇×プロジェクト

放送内容

調査項目は、以下の4つ。それぞれ〇か×で答えてもらう。


  1. 1.低身長は、みな障害者だ(障害者手帳をみな持っているか)
  2. 2.子どもができることはなんでもできる
  3. 3.スポーツが苦手
  4. 4.銭湯は子ども料金で入る

正解はすべて×。調査の結果、特に誤解されていたのは2番の「子どもができることはなんでもできる」。低身長の場合、腕の長さも短くなる傾向があり、足元にあるモノを取ったりするのが難しいことも。また、最も意見が分かれたのは、1番。実際には、障害者手帳を持っている人も持っていない人もいる。低身長の原因は、骨の病気やホルモンの分泌異常など、ひとによって異なり、また、歩くことが困難な人から運動が得意な人まで、機能障害にも個人差があるためだ。

日常生活の中で直面する数々のバリア

放送内容

低身長の人たちは、日常生活の中でどんなバリアに直面しているのか? エレベーターのボタンに手が届かない、店に入っても商品が見えない、見えても取れない、自動販売機で欲しいものが買えないなど、バリアがいっぱい。身長118センチの安原美佐子さんは、そういった場面に直面するたびに、「バリアフリー化が進んでも、自分たちのことは考えられていない」と疎外感を覚えている。

あるあるエピソードトーク

放送内容

スタジオでは、低身長の人たちならではのあるある話を紹介!「ファミレスでお子様ランチを勧められる」「小食だと思われてごはんが少なく盛られる」、といった見た目による思い込みから、「腕が短くお尻が拭けない」、「満員電車で鞄が頭にあたって怖い」など、思わぬ物理的なバリアまで様々なお悩みエピソードが…。

放送内容

一方、見た目が覚えてもらいやすいため、飲食店ですぐに常連扱いしてもらえるなど、実は“得した”というエピソードも飛び出した。低身長は不便なことだけではないのかも…?次回は、低身長という特徴を活かして活躍する表現者たちの世界を紹介する。

玉木幸則のコレだけ言わせて

玉木幸則のコレだけ言わせて

「車いすのひとでも、子どもでも、同じかもしれない」

今回は、安原さんがバリアフリーに対して言った、「私たちのことは考えられてないのかな」という言葉をもっと広げたかった。エレベーターのボタンに手が届かないとか、それは車いすのひとでも同じかもしれないし、子どもだって届かないかもしれない。特に今回は小さいひとにフォーカスしただけに、そこから脱せていない内容になってしまっていたと思う。例えば下の方にボタンが付いてる自動販売機、ああいうのがもっと増えれば、今回の小さいひとだけじゃなく、みんなが使いやすくなるよね?って言いたかった。この番組は、“みんなのための”バリアフリー・バラエティーやからね