これまでの放送

カミングアウト「その後」

放送日

7月16日(日)夜7:00

再放送7月21日(金)0:00(木曜深夜)

出演者

白鳥久美子(たんぽぽ) 中山義紘ほか

カミングアウト「その後」
もしアナタがカミングアウトされたら、どうしますか?LGBTという言葉は広がったのに、なぜかカミングアウトされた経験がある人は少ない。「自分の周りにはセクシュアルマイノリティーの人はいない、カミングアウトは自分には関係ない」と思っている人が多いようだ。しかし実際には13~20人に1人といわれるセクシュアルマイノリティー。アナタがカミングアウトされないのは、普段無意識に差別的な発言をしているから、避けられているのかもしれない。この機会に一緒に考えてみませんか?

内容

出演者

  • 白鳥久美子さん    (たんぽぽ/芸人)
  • 中山義紘さん     (俳優)
  • ベビー・バギーさん  (ドラァグクィーン/ゲイ)
  • 網谷勇気さん     (NPO法人「バブリング」代表/ゲイ)
  • 森村さやかさん    (関西学院大学非常勤講師/トランスジェンダー)

当事者じゃない人にとっては他人事?「カミングアウト」

放送内容

セクシュアルマイノリティーの人が、自由にカミングアウトできる社会にするためには、カミングアウトされる側が自分の問題として考えることが、不可欠。そこで番組では、「体験カミングアウト」という踏み込んだ企画を実行。関西で初めて同性カップルのパートナーシップの制度を制定した宝塚市役所の協力を得て、今までセクシュアルマイノリティーの人と関わった経験がない職員が、同じく経験のない同僚たちに、偽のカミングアウトをする。カミングアウトをした職員は、当事者側の気持ちを、一方、打ち明けられた同僚は、カミングアウトされた側の気持ちを疑似体験する。緊張感漂う中、切羽詰まった職員の目には涙が…。

カミングアウトする側もされる側も傷つく

放送内容

疑似体験ではあるが、言われた側は「何て言葉を返したら良いのかわからない」「ドーンと重いものをもらった」と体験の重さを告白。言った側も「素敵な言葉が欲しいんじゃない。ただ受け止めてほしいだけ」と、双方が自分の問題として捉え始めた。実はこの偽のカミングアウトは、ある大学で授業の課題の一つとして実施されている。学生達は課題を通して、伝えた相手に泣かれたり、自分の中の恐怖や偏見に気づき、一週間言い出せなかったりといった葛藤を体験し、自分の問題として考えるようになるのだという。

放送内容

事実、カミングアウトして拒絶された体験のある当事者は多い。一方、カミングアウトされる側も、驚きや戸惑いの中、不用意な一言で相手を傷つけてしまうことも。する側も、される側も、傷つく危険と隣り合わせなのだ。ではいっそのこと、カミングアウトせず、ずっと秘密にして生きていく方が、共に傷つかなくていいのでは、という考え方もある。しかし、自分の性を隠して、嘘をつき続ける生活も決して簡単なものではないのだ。

嘘をつき続けて生きるつらさ

放送内容

そこで、嘘をつき続ける辛さを体験すべく、俳優・中山義紘が、ゲイのふりをしてゲイのみが入れるバーに潜入!ミッションは「ゲイでないことが決してバレない」こと。

放送内容

しかし話は“彼氏”との恋愛から親へのカミングアウトまで。嘘に嘘を重ね、遂に黙り込んでしまう中山。最後、“お持ち帰り”されそうになって、実はこれが「カミングアウトせず嘘をつき続けることを疑似体験する」ドッキリ企画だったと知り、思わず座りこんでしまった。「最後は自分が崩壊していく感じだった」と実感したという。

カミングアウトは「その後」が大切

放送内容

してもしなくても構わない。でも、してもしなくても悩みが多いカミングアウト。せめてその悩みをざっくばらんに相談し合える場所を作ろうと、新宿ゴールデン街に「カミングアウトについて話せるバー」が登場。スタッフは全員カミングアウトの経験がある当事者たち。この日は、親にカミングアウトするか悩むゲイの男性が、悩みを打ち明けた。

放送内容

このバーで必ず伝えるのは、「カミングアウトした後が大切」だということ。カミングアウト直後は、関係が壊れたかにみえても、その後何年もかけて話し合い、新しい関係を作ればいい。自分が言い出せず悩んだ年数だけ、言われた相手も受け入れるのに時間がかかると、腹をくくればいい。相手が自分と、性や幸せに関して価値観が違っていたら、時間をかけて話し合い、擦り合わせていくことこそが重要なのだ。

玉木幸則のコレだけ言わせて

玉木幸則のコレだけ言わせて

「隠さないと生きていけない社会がある」

収録で最後に言ったけど、それぞれの暮らしづらさだから、それぞれに聞いてみないと分からない。今回はそんな当たり前のことが見えたんちゃうかなと思う。それと、あのゲイバーでのドッキリのVTRでは、隠して生きていくことのしんどさが伝わったと思う。ドッキリは2時間だけやったけど、あれが何十年も続く苦しさというのは想像を絶する。隠さんでいいやん?って言いがちやけど、隠さないと生きていけない社会があることを確認しないといけない。それが見ていたひとに伝わったら今日はOK。カミングアウトしたいって思えば言えばいいし、言いたくなかったらしなくていい。自分が生きやすくなるように。それだけやから。