これまでの放送

シリーズ トイレの悩み②「トイレ・終わりなき戦い」 アンコール

放送日

10月1日(日)夜7:00

再放送10月6日(金)0:00(木曜深夜)

出演者

佐藤満春 桂福点ほか

シリーズ トイレの悩み②「トイレ・終わりなき戦い」
尽きないトイレの悩みシリーズ第2弾!トイレ芸人の佐藤満春に加え、地下のヒーロー・オベンジャーズや、謎のレインボー緑男も参戦。お値段300万円の究極のバリアフリートイレや、賛否両論のLGBTデザイン、尿漏れがなくなるという近未来デバイスを辛口検証していく。最新技術は、果たして障害者や性的少数者たちの助けとなるのか?

内容

出演者

  • 佐藤満春さん  (お笑いコンビ『どきどきキャンプ』)
  • 桂福点さん   (全盲/落語家)
  • 大久保健一さん (脳性まひ)

オベンジャーズVS究極の便器

放送内容

理想的なトイレを求めて・・・バリバラでは、全盲の「見えんジャー」×脳性まひの「揺れるんジャー」による特命チーム「オベンジャーズ」を結成。まずは一般的な多目的トイレを調査すべく役所へ。まずは見えんジャーが意気揚々と調査開始・・・ところが入り口が見つからない!なんとか入れたものの、周りのものに触りまくりながら便器を探す。

放送内容

ようやく便器にたどりつき、無事用を足すことができた見えんジャー。後は流すだけ…と思いきや、ボタンがいっぱい!点字もついてない。「どれが何かわからんなぁ・・」あてずっぽうでボタンを押すと・・・「わぁ~!」間違ってお尻を洗うボタンを押してしまった。おまけに水を止めるボタンもわからない。服はビショビショ。不快な気持ちで、トイレを後にした。次に挑戦したのは、揺れるんジャー。入室、着座とスムースにいったが、ボタンの位置が後ろ過ぎて上手く押せない。さらに、不随意運動でトイレットペーパーが取れない!手こずるうちに、ロールごと床に落としてしまった。

放送内容

そんな踏んだり蹴ったりのふたりの前に登場したのが、トイレメーカーが障害者300人とテストを重ねて作り上げたという究極のトイレ。便器は壁からせり出し、宙に浮いているような作り。そして台の高さは、75センチに統一されている。早速試してみた見えんジャー。スムーズに便器を見つけることができ、操作ボタンにはもちろん点字が。壁に取り付けられた台をたよりに歩けば、自然と出口へ出られた。揺れるんジャーは、やはりここでもトイレットペーパーを落としてしまったものの、便器の下に空間があり、お尻を拭く体勢の四つん這いにもなりやすかった、とまずまずの評価。ここで調査完了!

究極のバリアフリートイレ?~世界トイレ寄行~

放送内容

続いては、“トイレ博士”こと佐藤満春さんによる「世界トイレ奇行」。佐藤さんが独断と偏見で選んだ世界のバリアフリートイレの数々を紹介。1964年の東京オリンピックのときに国立競技場に2機置かれたという男女兼用立ち小便器。女性が中腰で小便ができるというもの。そして、アフリカの川にある水中トイレ。ロープにつかまり川上から川下に流しながら用を足すというもの。浮力を生かせば、自分の体を支えるのが難しい人に役立つ?最後は南米の砂漠にあるトイレ。とにかく何もなく、この辺がトイレと示す棒が立つのみ。これぞ究極のバリアフリートイレ??

日本の最先端テクノロジーが下半身を救う!?

放送内容

佐藤さんが最近注目しているトイレテクノロジー、それは、尿もれを防ぐための技術。下腹部に装着した機器で膀胱の大きさを計り、次にトイレにいきたくなるまでの時間をスマホに知らせてくれるというもの。介護施設などで試験的に導入されている。大便の予測をする機器も開発中だとか。

イケてる?要らない? 渋谷区のLGBTトイレマーク

放送内容

番組では、多目的トイレの入り口にトランスジェンダーのマークを導入した渋谷区のトイレにも話が及んだ。このマークをどう思う?トランスジェンダーで芸人の万次郎が、街ゆく人々に突撃インタビュー。「このデザイン?何を意味するかわかりやすい」「そもそも個室はプライベートなこと。男だろうが女だろうが中間だろうが他人がとやかくいうことじゃない」と意見が分かれた。入り口と出口が別々になっていて、利用者が顔を合わせずにすむトイレを作ろうというアイデアに対しても、当事者から賛否両論が。

放送内容

たかがトイレ、されどトイレ。トイレ談義は尽きないようですが、これにて今回のシリーズは終了。佐藤「トイレのこと10年間、研究して勉強してきたんですけど、恥ずかしくなるぐらい、知らないことだらけ。すごい勉強になりました。」

玉木幸則のコレだけ言わせて

玉木幸則のコレだけ言わせて

「技術の可能性としてはすごいけど、ちょっと待って!」

(排尿の予測装置に関して)仕組みとしてはいいと思うけど、誰がどう使うかが大事。施設で人も限られていて大変やから、手間を省くために管理的に使うっていうのは、ウン?と思う。あと15分でうんこ出るよ、って言われたらどう? 全員が平等に付けていたらいいけど。その機械を付けるかどうかを当事者が選べるならいいし、技術の可能性としてはすごいけど、この段階では手放しでは喜べへん。ちょっと待って!と思う。