これまでの放送

「ココがズレてる健常者2」完全版【前編】

放送日

10月22日(日)夜7:00

再放送10月27日(金)0:00(木曜深夜)

出演者

鈴木おさむ カンニング竹山 FUJIWARA ハライチ岩井 千秋 菊地亜美 有働由美子アナウンサーほか

「ココがズレてる健常者2」完全版【前編】
放送作家・鈴木おさむプレゼンツの特別番組「ココがズレてる健常者2(ココズレ2)」の完全版を2週にわたってお届けする。個性豊かな障害者100人と健常者タレント7人によるタブーなき本音のトークバトル。障害者への対応を求められたとき、あなたはどうする? 目の見えない人も一目ぼれをする? 健常者、障害者、双方からぶつけられる究極の質問にスタジオは騒然!果たして両者の距離は縮まるのか?

内容

出演者

  • 鈴木おさむさん    (放送作家)
  • カンニング竹山さん  (芸人)
  • 藤本敏史さん     (FUJIWARA・芸人)
  • 原西孝幸さん     (FUJIWARA・芸人)
  • 岩井勇気さん     (ハライチ・芸人)
  • 千秋さん       (タレント)
  • 菊地亜美さん     (タレント)
  • 有働由美子アナウンサー

健常者から障害者へ、究極の質問「健常者に生まれたかった?」

ココズレ写真1

健常者から障害者へ、究極の質問――まずは「健常者に生まれたかった?」という藤本(FUJIWARA)の質問からスタート。これに対し「聞こえる人になりたいとは、これっぽっちも思いません」と廣川さん(聴覚障害)。さらに「不便なだけで不幸じゃない」という尾崎さん(全盲)の名言まで飛び出し、開始早々、エンジン全開! 発達障害のあるサリチルは、「障害者だから配慮されるっていうのは逆に嫌だっていうか、一人の人間として見てほしい」と発言。どこまでが必要な配慮で、どこからが余計な配慮なのか?認識のズレが明らかに。

「障害がなくなるかわりに、ほかの誰かが障害者になるとしたら?」

ココズレ写真2

「障害がなくなるかわりに、ほかの誰かが障害者になるとしたら?」という“究極の“質問をしてスタジオ中をざわつかせたのは、岩井(ハライチ)。障害者からは、猛然と反論が相次いだ。「私の障害を今すぐ差し上げたいです、って言われたら、でも、どう思います?」「健常者になりたいかというと、じゃ今の自分って何ですか、ってなるんですよ。この障害者として生まれてきた33年間の積み重ねをどうするんですか?って」。議論は白熱し、果ては「障害者って何?健常者って何?」というそもそも論まで飛び出した。岩井の質問に対して「闇の深さを感じる」という発言で一旦ラウンド終了。

健常者よ! あなた、こんなときどうする!?

ココズレ写真3

実際に障害者が体験したことをもとにしたシチュエーションクイズ。「テーマパークで大人気キャラクターと写真撮影。みんな並んでいるのに障害者が優先的に扱われた」「車椅子にのっている人に“荷物を持ちましょうか”と声をかけられた」「子どもが車椅子にのりたい!と言い出した」・・・あなたなら、どうする?
タレントゲストの答えに対し、障害者からは様々な意見が。やっぱり思い込みで行動することは厳禁です。

障害者から障害者へ、究極の質問

ココズレ写真4

前半戦最後は、健常者でなく障害者から、自分と別の障害のある人たちへの究極の質問。聴覚障害者から視覚障害者へ、「見えなくても一目惚れはあるのか?」という質問に対しては、「もちろんあります!」と全盲の女性陣。見えなくても、声の感じ、話し方、コロンの匂い、足音など、様々な“一目惚れ”要素があるという。「声を聞いてこの人ちょっと頭が薄いのかな、とかわかる」という発言に、スタジオ内が騒然!「何でわかるんですか?」「声がハゲてる」「声がハゲてるって何だよ~!」大いに盛り上がったところで、前半戦が終了!後半戦もお楽しみに~


ココズレ写真5