これまでの放送

「ココがズレてる健常者2」完全版【後編】

放送日

10月29日(日)夜7:00

再放送11月3日(金)0:00(木曜深夜)

出演者

鈴木おさむ 有働由美子アナウンサーほか

「ココがズレてる健常者2」完全版【後編】
今年8月に放送し話題をよんだ特別番組「ココがズレてる健常者2(ココズレ2)」完全版の後編。「マネする?マネしない?親子で比べる社会実験」では驚きの結果が!司会の鈴木おさむさんも、自らの体験をもとに発達障害についてのシチュエーションクイズを出題。そして最後に障害者100人が、タレント7人の中から「MZK=最もズレてる健常者」を選出!果たして投票の結果は・・・?

内容

出演者

  • 鈴木おさむさん    (放送作家)
  • カンニング竹山さん  (芸人)
  • 藤本敏史さん     (FUJIWARA・芸人)
  • 原西孝幸さん     (FUJIWARA・芸人)
  • 岩井勇気さん     (ハライチ・芸人)
  • 栗原類さん      (モデル)
  • 千秋さん       (タレント)
  • 菊地亜美さん     (タレント)
  • 有働由美子アナウンサー

健常者よ! あなた、こんなときどうする!?

ココズレ写真1

前編に引き続き障害者100人と健常者7人がトーク。後半戦最初は、シチュエーションクイズ。「電車で座っていると、目の前に杖をついた人と、妊婦さんがやってきた。慌てて席を譲ろうとしたが、譲れる相手は1人だけ。さあ、あなたならどうする?」
①杖をついた人に譲る②妊婦さんに譲る③その他

出題者の外山カイさんは、体幹機能障害があり、立っているのがとてもつらいという。

見た目には杖をついているだけで、わかりづらい。わかってほしい、という思いからの出題。一方、障害者の側も、自分の状態は言わないと伝わらない。お互いに声をかけあっていくのが大切、ということを再確認。

あなたはマネする?マネしない?親子で比べる社会実験

ココズレ写真2

親子でモニターに出てくる人の変顔をマネするという実験。変顔をする人が、健常者から障害者になると、どんな反応をするのか、親子で比べてみた。すると・・・親子で顕著な違いが明らかに。子どもは同じようにマネをしようとするのに対し、親の方はマネするのをやめてしまったのだ。なぜ?聞いてみたところ、「うーん、どっか失礼があるかなって」。千秋さんも「小さい時にマネをして先生に怒られたことがあって、なんかしちゃいけない、って思う」と発言。

ココズレ写真3

これに対して変顔をした当事者からは、「真似をしてくれないのは寂しい」という声も。子どもは悪気がなくても傷つく行為をしてしまう可能性もあり、いじめにも繋がる。だからそれを止める・・・というのは簡単だが、「理解していく、それぞれが納得していく、という取り組みが全然ない」というのも問題だ、と玉木さん。

ココズレ写真4

ここで「唐突やけど、僕がやるマネを、藤本さん、やってくれる?」と玉木さんから無茶ぶりをされたFUJIWARAの藤本さん。戸惑いながらも、覚悟を決め、玉木さんのマネに挑戦したところ、スタジオは拍手喝采!はからずも新ネタが誕生した(!?)


お笑い芸人は、カミングアウトすべき?

ココズレ写真5

最後は、鈴木おさむさんが自身の体験をもとに出題。「鈴木はお笑い芸人Aから、自分はアスペルガー症候群だとカミングアウトされた。しかし本人は、世間にバレたら芸人として笑ってもらえなくなるので、黙っていてほしいという。お笑い芸人Aは、テレビでカミングアウトするべき?しないべき?」

障害者側は圧倒的にカミングアウトした方がよいという意見だが、芸人側は、ステージで笑いを取るのであれば、すべきじゃないという意見。

まだ、世間がそこに追いついてないところが大きいとの見解。だから、時間がかかるけれど、そのズレを直していこう!という意見でまとまったところで、今回のMZK(最もズレてる健常者)の投票結果が。

ココズレ写真6

「最もズレていない健常者」に選ばれたのは、FUJIWARAの藤本さん。そして、MZKに選ばれたのは、ハライチ岩井さん。前半戦、スタジオ中をざわつかせた彼の質問でほぼ確定した模様。次点につけたのは、菊地亜美さん。2人には「ズレ」をなくすための救済企画が待っている。次回をお楽しみに!