これまでの放送

玉木幸則 “平成”を語る 前編1989-2008

放送日

12月2日(日)夜7:00

再放送12月7日(金)0:00(木曜深夜)

出演者

藤本美貴ほか

玉木幸則 “平成”を語る 前編1989-2008
まもなく終わる“平成”。2週にわたって、障害者・マイノリティーの視点から“平成”を振り返る企画!語り部は、今年50歳を迎えた「ミスターバリバラ」こと玉木幸則だ。前編は、平成元年20歳だった玉木の人生年表に沿って振り返る。どんな学生時代を過ごし、社会へ出たのか?障害者の自立をサポートしながら、何を考えてきたのか?障害者をとりまく時代の動きは?玉木が大事にする「自立」「自分らしさ」をキーワードに語り尽くす!

玉木幸則のコレだけ言わせて

玉木幸則のコレだけ言わせて

「本質的な問題は変わっていない」

小さい頃の施設時代の思い出とかもまだまだあるけど、今日はそこまでは喋れなかった。え? このテーマでもう一回? ないない!(笑)、照れるわ(笑)。あらためて考えると、昔に比べて良くも悪くも、それなりに(障害者が)生きていける社会になったというか。今は障害が軽ければ就職ができたりする環境が整いつつある。けど、障害のある人の権利が確立したか? 守られているか? というとちょっと違う。今も昔も「生産性」という枠組みの中での評価でしかないから。その枠組みが昔と比べるとちょっと広がってそこに障害のある人が少し入れるようになったかもしれないけど、本質的な問題は変わってないと思う。