メッセージ募集!あなたの投稿が番組を作ります!

みんなのメッセージ

その他のテーマや番組へのご意見、ご感想などをお寄せください

投稿する

投稿メッセージ

皆さんは、マカトンサインというものをご存知でしょうか。知的障がいがある人にとって、とても有効なコミュニケーション手段で、簡単な手話のようなものです。このマカトンサインがもっともっと広まり、障がいがある人もない人も関係なくみんなが使えるようになれば、みんなもっと生きやすい社会になるのにと常々考えています。でも、このマカトンサインは現在、どれくらいの人に知られているのでしょうか。もっとたくさんの人に知ってもらう為に何かできたらよいのにと思っています。

いっちー20代女性

「どきどきコテージ」、すごくよかったです。最初はとても重苦しい雰囲気で二日間大丈夫かなと心配しましたが、二日目みなさんが他の人を思いやり素敵な時間に変わっていたのがいいなと思いました。私も親しくない人とは思ったことを話せなくなったりします。番組を観て、こういう優しい人たちもいるんだな、その場に入ってみたかったなと思いました。参加された方は吃音や場面緘黙をコンプレックスに感じているかも知れませんが、それよりも魅力的な部分の方がはるかに勝っていました。

すあま30代女性統合失調症

「どきどきコテージ」はこっちもドキドキしながらテレビに釘付け!前編と後編二回に分けて放送していただいてとても良かったと思います。内容がとても濃いから。「できないこと」は、できるように努力するのが一般的だと思いますが、できないことはできないので、ほかの手段を探ってみるというのは、とても前向きな考えですね。しかも死ぬほど頑張る必要がない(笑)。人は苦しむために生きているのではありませんから・・・楽しむために生きてるんだと思います。最後の最後の場面で、エリちゃんがゆっくり歩いていって、カメラのほうに振り向く瞬間があったのですが、そのシーンがメチャメチャ印象的で感動しました。エリちゃんが何か言ったんだ、と思うシーンでした。

長男爆笑族40代男性

『どきどきコテージ』を拝見して感動しました。私も幼稚園時代から社会に出る頃まで場面緘黙の状況だったので、皆さんの抱えている複雑な気持ちに共感しまくってました。皆さんの勇気や優しさが相乗効果になって、すごく暖かい優しいコテージになっていく様子に涙してしまいました。映画化しても良いくらいですね!

群馬のひろ30代男性1型糖尿病、(今でも時々場面緘黙かも)

毎回楽しく拝見しております。「バリバラ」で取り上げていただきたいテーマがあります。それは「見た目で苦しむ子への声かけ方法」です。私は国指定難病「ファイファー症候群」の息子(1歳9ヶ月)をもつ母です。この病気は眼球突出や低顔面、水頭症などを併発する病気で見た目のインパクトが強いです。人混みを歩けば「怖い」と後退りされ道ができ、お友だちの中にいれてもあっという間にひとりぼっちになってしまう息子。今はまだ1歳児なのでどこまでわかっているのか不明瞭ではありますが、今後成長し同じ局面に出くわして傷ついた時の親の態度はどうしたらいいのか悩んでいます。我が子への励まし方、病気の説明の仕方、慰め方など教えていただきたいです。息子にはポジティブに生きて欲しいと願っています。そのために親はどういう態度で子どもと向き合うと良いか。ぜひ取り上げていただきたいです。

トミー30代女性

吃音。私もあります。緊張をした時、人前で頭の中が真っ白になった時に出ます。障害と思った事はなく、治す治さないは自分で決める事で、人に言われて決める事ではないと思ってる。「ダメだ~言葉が出ない~」と落ち込む事はあった。でも、「それはそれで良いや~!」と思ってる。母親が厳しく、「早く言って!何でそんな事をするの?お母さんの言うとおりにしなさい!」という詰め寄り方で、焦れば焦るほど吃音が出る。幼少期からその繰り返し。「ゆっくりで良い、ゆっくりの方が分かりやすい」、そんな気持ちでいたら、吃音が少なくなった。小学校の保健室の先生になれた。書くことの方が得意で、話す事は疲れます。舌ったらずも持ちあわせていて、言葉が詰まった時は、「ちょっと待ってね」と少し時間をもらいます。「吃音」の回で模擬授業をした彼も、先生になれると思います。

まあにゃん40代女性精神疾患(うつ病)とそれに伴う障害。

睡眠リズム障害の高校生です。わたしはたいていの場合、朝になるまで眠れず、寝ると昼過ぎまで起きられません。そのため夜に授業が始まる定時制高校に通っています。わたしと同じく睡眠リズム障害の人の話などを読んでいると、「根性がない」や「怠けている」と言われてかなしい思いをした、という事がたくさん書かれていますが、睡眠リズム障害はマイナーな障害で、知らない人が多いからだと思います。認知されていないために努力のできない人や自業自得な人と思われて進路が閉ざされたり、夢が掴めなかったりするのは非常に悲しいことです。「バリバラ」で睡眠リズム障害を取り上げていただきたいなと思います。力を貸していただけたらとても嬉しいです!

みいこ10代女性睡眠リズム障害、双極性障害、発達障害

「高齢者の障害者」についても取り上げて欲しいと思います。包括センターへ行っても、高齢者対応のみで障害者対応はありません。障害者も高齢化しているのですが...。

JUN60代男性てんかん

LGBT温泉旅を見て、いろいろなセクシュアリティーの人たちがいろいろな組み合わせで温泉に入るのは、とても興味深かったです。身体が女性である万次郎さんは胸があるけど、それを隠さず男湯に入るのは勇気があると思いましたが、本人にしたらそれは自然かもしれないと思いました。男性、女性とは何か・・・そして、もはや人は男と女の2通りではないことが社会に広がりつつある。その中間に属す人たちがたくさんいることが知られ始めている。だから、みんながありのままのセクシュアリティーで生きていける社会になったら、ほんとに良いと思います。

虹いろ七いろ50代女性

今日のLGBT温泉旅の放送は、たいへんびっくりしたけど、面白く勉強になりました。お風呂、私なら、身体が女性なら見た目女性の方で、性的に男性を好きになる方なら、元々男でもお風呂OKだと思いました。もちろん身体が女性の、女性を好きになる方もOKです。万次郎さんの勇気、素晴らしい!もっともっとこんな内容の番組があればいいのに。シュウさんが言ってたように、慣れが大切ですね。慣れれば理解できるようになりますよ。だって、本来の心のまま生きれなかったら辛い。多様なことを受け入れて理解するには、知ること、慣れること、想像することだと思うから。

ウルトラのまま40代女性