メッセージ募集!あなたの投稿が番組を作ります!

みんなのメッセージ

その他のテーマや番組へのご意見、ご感想などをお寄せください

投稿する

投稿メッセージ

被差別部落についての内容、大変勉強になりました。小学4年生の時、「日本に差別があるか?」という問いに「穢多、非人」と回答したら担任が私の発言をスルーして、次の人が発言した「アイヌ」についての話を始めました。両親も詳しくは知らず、今回の内容で色々と学ぶ事が出来ました。無知は一番の差別になります。知る事は理解に繋がります。是非とも教育として学校で教えて欲しい内容でした。

がじゅ40代女性

Black in BURAKU、放送を拝見いたしました。部落出身の青年たちが話していた内容、また結婚差別に踏み込んだ話など、はじめて部落のことを知る人にも伝わったのではないかなと思います。本当によかったです。先日、部落問題について学ぶ機会があり、結婚以外では「部落に住むこと」にハードルがあると感じました。あと、加差別か被差別かではなく、それぞれに強弱があることもしりました。(友達でいるのはいいが、恋人は・・・とか住むのは・・・とか)そういった微妙なところも他の人権諸課題より複雑だと思うので、そういったところも今後番組でやってほしいです。

としお30代男性

Black in BURAKU、当事者ではないですが、思う所があったので失礼します。番組では大阪が取り上げられていましたが、私が住んでいる兵庫県姫路市にも部落はあります。その地域では革製品が主要産業です。私が住んでいる場所そのものは部落でなくどちらかというと地主などの権力者側、そこからさほど離れていないところに部落はあります。大阪から越してきたばかりの中学1年生の時、道徳の時間に「部落」を知りました。担任の先生は「この話をしないでくれという親御さんの意見もあります。知った事によって差別されるから、と。けれど知らずに周りから間違った事を聞かされて正しいことを知らないまま差別につながるかもしれない方がもっと問題です。だから授業で取り上げて正しい事を学びましょう」と話していました。この話をきっかけに部落を知ったのですが(大阪も取り上げられました)、私にとって部落に限らず「無知の危うさと正しい事を知る大切さ」を知ったきっかけでもありました。大人になってから、旦那さんが部落出身でそこに嫁いだ友だちがいますが、年配の親戚の反対がものすごく、結婚式にも「みっともない」と言って親戚は来てくれず、未だに付き合いは途絶えたままだそうです。授業で聞いた時も「部落差別なんて今さら」と思ってましたが、まだまだ残っているんだと思い知らされました。番組を見て「やっぱりまだ」と再認識しました。

池田ちよ30代女性吃音

部落の回を見て。小学生で教わった時は私もまわりも、「こんなことを大人が教えなければなくなるのに」と言ってた。でも、当事者の人達が話しているのを見たら「忘れないで」と言っているみたいに感じた。例えばアイヌの差別のように、もともとあったものを国がなくそうとした、それを戦ってアイデンティティーを守っている人たち。部落はそれとは全く逆なのに、何か、当事者たちが何かを守ろうとしているように見えてしまうのはなぜだろう。差別されてきた側であることを含めて、自分というアイデンティティーを持っていることを認めて!そう言っているように見えた。「歴史を知らなければ過ちは繰り返される」という言葉を思い出した。「こんなひどいことは知りたくなかった」と子供の自分は思ったけど、いま、現代ではネットで知ることになるなんて。やはり正しく知らなければいけないと思う。

シロサギ40代女性過去にうつ病。発達障害の可能性もあり

部落問題に関しては普通の時事問題とは違って、明らかな日本の貧困問題の大きな理由であるにも関わらず、大メディアはこれまであまり取上げられなかったと思います。まるでこの世には存在しないかのように、メディアは部落をカメラに映すのを恐れる余り、再び差別が生まれるようになったのではないでしょうか?ネットの時代は昔とは違い「寝た子を起こすな」は通用しません。朝イチなど他の番組でもやってほしいです。

セイミー20代男性

私は、当事者ではありませんが、部落差別を取り上げられたこと、うれしく感じています。そこで意見ですが、折角切り込んでいくのなら啓発だけで終わらせないようにして欲しいですね。教育や啓発はもう何十年も行ってきたのだから、せっかく角度を変えたとしても大きな変化を期待することはできないと考えるからです。相互理解のためにパンドラの箱をしっかりと開いてください。期待しています。

ムスタファ50代男性

部落についての放送を見ました。共感する事だらけ。私も「引っ越せばいいじゃん」と言われました。「それじゃあ、こっちが悪いみたい。何で逃げなきゃいけないの?ネットに色々出てくるのに、逃げたところで差別は追いかけてくるし、住む場所かえても差別はなくならない」と言っても理解されなかった。「触れない触らない」で風化させる事で差別はなくなるなんて大間違い。差別は大人から子ども、ネットで受け継がれている状況をわかってほしい。

部落の母ちゃん30代女性

料理選手権!優勝した自閉症の方のお母さんにとっても共感です!!我が息子・小4も知的障害を伴う自閉症。「本人よりもお母さんの自立」と玉木さんが言っていたのが印象的!!私もついつい、手を出す母であります…。周囲との違いも目立ち始め、本人への『障害受容、告知』また性の問題など心配性の母はまだまだ、迷う日々…そんなテーマも今度、お願いいたしま!!

ぷよぽよ母40代女性

「障がい者とSNS」という話題をぜひやっていただきたい。ぼくは精神障がい者ですが、SNSに心象悪い話題・辛辣な話題が出ていると、まるで自分のことを言われているかのような気持ちになり、非常に辛くなります。SNSの固定書き込みに「心象悪い話題を書く人は相手にしませんよ」と断り書きをするほどです。精神障がい者の方で、SNSの書き込みに日ごろから心を痛めているのはぼくだけではないはずです。

にし たちかわ30代統合失調症

どうか「境界知能」の存在を番組で取り上げて貰えないでしょうか。これはIQ70~85の軽度知的障害者と健常者のはざまに位置する層です。正直この知能では社会生活は営めません。特に私はほぼ軽度知的障害に寄った境界知能です。この層は福祉や支援はありません。手帳も取れないため、健常者のフリをして職場を転々としています。その結果貧困に陥り、精神障害を幾つも患って来ました。今は運よく良い職場に拾って貰っており支援は不要ですが、場合によっては必ず支援が必要です。圧倒的マイノリティーな上に、知的な問題を包含する為、メディアでもあまり取り上げられません。しかしこの層や境界知能を持つ親御さんは切実に困難を抱えています。どうかこのテーマを取り上げて下さい。そして世間に理解を広め支援を求めたいのです。まずは知って貰う事から始める事が大切だと思っています。この番組ならそれが出来るのではないかと一縷の望みを託し意見させて頂きました。どうかご検討をお願い致します。

すいすい30代女性境界知能 軽度知的障害 ADHD