メッセージ募集!あなたの投稿が番組を作ります!

みんなのメッセージ

その他のテーマや番組へのご意見、ご感想などをお寄せください

投稿する

投稿メッセージ

NEW

大学の支援する側にも着目して欲しいです。私は大学で、障害学生(および教職員)の支援に関わっている大学生です。支援する側の学生もいろいろな思いを抱えて支援しています。大学からは扱いが酷かったり、人手が足りなかったり、と悩みを抱えています。勉強する場所が欲しくて、最近は学生団体を立ち上げ、近日中に車椅子で繁華街を歩いてみる企画を実施する予定です。日本の他の箇所にも、同じようなことで悩んでいる学生がいると思います。全国の学生の取り組みを扱って欲しいです。

しまりな20代女性ごく軽度の難聴

NEW

先日、地下鉄のエレベーターの前で行き先ボタンを押そうとしたところ、ベビーカーを押してた方がさりげなく戻って来て、さらっと押して、お互い笑顔で別れました。多分、バリバラ的には「ここが変だよ」とか「大きなお世話」ってなるんだろうなと思いながらエレベーターに乗りました。私はといえばとても嬉しかったです。最近、あからさまに見た目100パーセント障害者の私を意識して見て見ないふりして過ぎ去る人がほとんどな時代になりました。少なからず、「同情するな、大きなお世話」と発信しているバリバラの影響もあると感じてます。けど、同情しない=無関心が一番おそろしいと思うのです。私は、ヘルパーという制度を使うまでではなく、かといってパラリンピック選手になれるほどの身体能力がない、微妙なライン障害者です。この微妙なライン障害者としては地域やまわりの人の優しさって本当に大切で、安心できるのです。私も同情はされたくない気持ちはわかります。でも一方的に助けてくれたりする健常者の人を「ここが変」とは言って欲しくないかなと思います。

リンスとトリートメント40代女性肢体不自由

NEW

私は、重度の自閉症の弟が育成学級にいることでバイ菌扱いの無言のいじめをうけました。その時は理由が分かりませんでした。担任の先生の解決が下手くそで、私は担任に思いっきり反抗しました。発狂、テストをわざと0点にして荒れたし、中学校では、同学年の先生全員と同学年のクラスメイト全員が敵でした。私は、悪者でした。高校では友達もいませんでした。先生も信用できない。挙動不審でした。家族も両親は裁判離婚で父親は養育費1円も渡してない。私自身から悪いことをしていないから牢屋に入れられてないんでしょう。精神障害は、社会が汚れているから綺麗な心の人が病みます。

bluesky30代女性自閉症スペクトラム

NEW

私は障害者として生きたいと思ってます。バリバラに出演されてる障害者の方々も、とてもいきいきとしてる印象があります。でも「障害者として生きたい」というのを話しても、否定的な事を言う人が多かったり、かなりマイナスに見られたり、収入面で損すると言われた事もあります。私のように障害者として生きたいと思ってる人の意見や考えの人がいたら、バリバラでも取り上げてほしいです。また、この意見や考えに、障害に知識のある健常者の方、知識が一切ない健常者の方はどう思うかも取り上げてほしいです。

りえ20代女性広汎性発達障害、軽度知的障害

NEW

「戦争と障害者」色々考えさせられた。富国強兵の中、兵力にならない国民は、邪険に扱われた。玉木さんやグレースさんも言っていたけど、現在もその傾向は強く残ってる。最近、ある女性議員が「性的マイノリティは生産性がないがないから、彼らに税金を掛けるのは無駄だ」と宣言した。戦時中と、根本は何も変わってないのだと、嘆かわしい。「生産性」って何?誰かの、何かの役に立っていれば、「生産性のない人間」なんて存在しない。例えば、保護センターから犬を引き取り、大事に世話してたら、その人にはその価値がある。何も、子供を産んだり、戦地に赴くことだけが、「生産性」ではない。

はーさん40代女性

私は高3の時に発達障害(アスペルガー症候群)の診断を受けた女性です。発達障害の社会での生きづらさは、これまでにも数々議論されてきた事だと思いますが、本当にとても生きづらいです。診断を受けた最初の頃は、これが私だ!という思いで自分なりの表現を見つける為四苦八苦し、結構無茶をしました。死ぬほど否定されました。怒られました。喋ってくれない人もいました。怖くなったのです。トラウマになったのです。人と違う事をしたら、怒られる。それが今の私を作りました。私は今、毎日健常者のモノマネをしています。自分を消して、普通の人間を演じる毎日です。怒られる事はほとんどなくなりました。友達も数人いるし、職場でもなんとかやっています。ですが、なにかモヤモヤするのです。自分はどこに行ってしまったのか…と。そんな時バリバラを見るようになり、障害のある人たちが自分を出して笑いに変えている姿を見ました。なにかとても心が踊りました。私もこういう風に生きたい。自分もなにか番組に協力できないだろうか?なにかないかな?と必死で探しています。(まだ見つかっていません)

UK30代女性発達障害(アスペルガー症候群) 気分変調性障害

私の夫は発達障害です。今は二次障害でうつ病です。約四年前に自閉症スペクトラムとADHDの診断が出ました。行政にも相談していますが、当事者よりの回答ばかりで、私たち家族が寄り添うべき、との事で疲れてしまいました。娘は高校二年で勉強に身を入れたいのに、ヤングケアラー状態です。私は娘に申し訳ないと思っています。番組も、障がい者の皆さんの意見は発信していますが、その家族にも寄り添ってみてください。

文鳥50代女性

7月29日の障害者の犯罪の放送を拝見しました。私も万引きで、警察署での取り調べと検察庁での取り調べを受けましたが、障害者としての話は何もありませんでした。初めての時は警察署の取調室で警察官の方からは、机を叩かれ蹴飛ばされされました。3度目の時は金額が少額だからとお店の店員さんから「買い取りをして今後お店には来ないという書類にサインしてくれれば終わりにします」「大人の解決をしましょう」と言われました。お金を払いサインをしたとたん「警察に通報したから」と。警察官の方も大勢来られました。警察官の方が来たとたん店員さんは「これも盗まれた」と空袋を出されました。警察官の方からは「荷物調べろ。服を脱がせろ」と。お店の事務所でパンツ1枚になりました。当然取ってないのですから何も出ません。しかし、パンツ1枚にされたまま警察官の方からは「障害者知るか」「他にも取ったやろ」「全部出せ」「あとからすいませんでしたでは済まさんぞ」とパンツ1枚に。検察庁でも、パンツ1枚にされてたことを話しても、調書に記載はされませんでした。犯罪者であることには間違いはありません。障害者にせよ健常者にせよ「人」としての配慮が無いのが現実だと思います。

やん40代男性社会不安障害 対人恐怖症

『バリバラ』、今夜初めて見ました。障害者の方たちについて、皆で考えられる素晴らしい番組だと思いました。また、このような番組は他に知らないので、大変興味を持ちました。「障害」といっても様々ですが、偏見ではなく、理解を持つことが出来たら、もっと思いやりのある社会を作れるのではないでしょうか。これからは番組を見続けようと思っています。

みっちゃん40代女性

「罪をくり返す障害者」を見ました。山本譲司さんの著書などで、知的障害のある人が軽犯罪で刑務所に繰り返し服役していることを知っていましたが、テレビで取り上げられて、「やったー」と喜び、半分意外でびっくりしました。私にも内なるタブー意識があったのかもしれません。社会での理解が広がれば、世の中、相当変わると思います。

しらす70代女性