メッセージ募集!あなたの投稿が番組を作ります!

みんなのメッセージ

その他のテーマや番組へのご意見、ご感想などをお寄せください

投稿する

投稿メッセージ

高校1年生のアスペルガー症候群の娘をもつ母です。「発達障害 ティーンズの悩み」はみんな同じような悩みがあることが知れておもしろかったです。テレビ番組を通して、同じ仲間にあうことができることも良いと思います。娘にもそういった機会があればいいなと思いました。

鈴木めぐみ30代女性

「ティーンズバリバラ」拝見させて頂きとても勉強になりました。たからとくんの話や、まゆちゃんの話は凄く驚きました。私は教師をしています。教師の立場からの意見なのですが、少ししか映ってはいなかったけど、さとちゃんのような方の事をもっと取り上げて欲しいと言うことです。今の教育現場に必要な声が、さとちゃんの話した短い時間に入っていました。勝手なお願いだとは思いますがぜひ、さとちゃんの話をもっと聞きたいです。そして、さとちゃんと同じような考えの方の話も聞きたいです。

20代女性

軽度知的障がいの人のための支援が他国で行われてるのか、行われてる場合はどんな支援なのか教えて欲しいです。職場では子供扱いされ、学歴をつける事もままならない障害なので、辛いです。

あっき20代女性

前回の放送(精神医療の実態)を見て感じた事を書かせて頂きます。10年前まで中規模の精神科病院で勤務していました。入院歴が長い患者さんが多かったので、家族のような感覚で楽しく勤務していた事を思い出しました。私は、何十年と入院生活をしてきた患者さんを社会に出したくありません。世の中には精神科に対する偏見があり、時に辛い思いをする事になるからです。患者さん達を守りたい…という思いがありました。番組を見て、「自由になりたい」という患者さんの思いを知り、気づく事が出来たような気がします。もっと早く気づく事が出来たら、幸せな人生を送ることができたのかもしれない…私の押し付けだったようです。後悔です。これからの私に出来ることは、「偏見を無くすこと」「助け合い、安心して暮らせる社会を作ること」。バリバラと一緒に目指していきたいと思います。

いちごママ40代女性

5月14日のバリバラジャーナル「精神医療」をみました。私も統合失調症で3度の入院歴があります。でも、長くて1か月ほどの入院でした。私の場合、両親が家に戻ることをOKしてくれたので短い期間で済んだのかもしれません。もし、あのまま入院が今でも続いていたらと思うと、想像しただけで胸が苦しくなります。もっとも、退院して家に帰っても親とは折り合いが悪く、心ない言葉も随分言われてました。「こんな事なら、なんで退院させたのか」と疑問に思う事も多々ありました。両親は精神障害に対して理解があるから退院させたのではなく、思いっきり偏見があったのです。でも、あれから20年経った今は、障害者枠で仕事もし、結婚もできて、入院しているよりは良かったと言えるのかもしれません。ただ、辛かった当時のことは、今でも癒えることのない心の傷として残っています。

paka40代女性統合失調症

パラリンピック選手のゲストの方々と、シュウさんはじめスタジオのみなさんが「車いすにのった人たち」と小さい頃から当たり前に関わりあえたらいいのに・・・というような話をされていたと思います。よく新聞紙の全面広告欄におそらくは「幸せな街並み」というコンセプトでたくさんの人々が暮らしている様子を描いたデザインを見かけますが、その中には少なくとも「車いす」「白杖」をもったひとは見当たりません。いつか、当たり前に、義足の人も四肢欠損のある人も、街に存在する一人として描いてくれるような広告を見たいです。

みふー50代女性

東京パラリンピック応援企画で、道に迷っている視覚障害の方に何人が声をかけるかの企画がありましたが、それを見ていて思ったことがあります。私も、何度か視覚障害の方と遭遇したことがありますが、今、その方が迷っているのか、何か困っているのか、見ただけではわからないのが現状ではないでしょうか?また、困って立ち止まってしまっているのか、誰かと待ち合わせをしていて立ち止まっているのか、区別をつけるのは難しいと思います。また、身近な知り合いが車椅子の方に「手伝いましょうか?」と声をかけたところ、怒鳴られたという話も聞きました。声をかけたくても、どのタイミングでかけたらいいのかわからないのが現状であるのではないでしょうか?

20代女性軽度伝音性難聴

LGBT特集、とても興味深かったです。是非ともEテレでLGBTをテーマにした番組を作って頂きたいです。実は今日は夕方のニュースの世論調査で「同性同士の結婚を認めるか否か」(そもそもそんな議論自体おかしい!)の結果を見て打ちのめされた気分を抱いていましたが、バリバラを見て元気が出ました。LGBTへの理解を深め、人の数だけ存在するそれぞれの性的マイノリティーを「当たり前」と思う時代を作り上げるのは、私たち若い世代が集って取り組めば、きっと解決への糸口が掴めると信じています。

めめ20代女性特になし

うちの小4の息子は発達障害のいわゆるグレーゾーンです。障害名はつかないものの、発達に遅れがあり特別支援級と自学級を行ったり来たりしております。発達障害の子の将来については色々と情報が発信されていますが、グレーゾーンの子の情報は少ないので是非取り上げてほしいです。私と同じようにこれから先の事を考えて悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

アイリー30代女性

こどもにどうやって『障害』を教えていったらよいのか悩んでいます。障害を持つ親戚がいます。私の子供はもうすぐ4歳です。親戚を持つ親戚に1、2月に1回会いますが、そろそろどうして彼がお話できないのか、歩けないのか聞かれると思うのですが、どう分かりやすく話したらよいのか悩んでいます。障害を持つ人と接する事に自然に受け止めて欲しくて、「ハ-トネットTV」を一緒に見たりしていますが、「なぜこの人はこんな風なの?」と聞かれた時、うまく説明できないでいます。小さなコーナーでもいいので、障害を持つ人と接する入門編みたいなものがあったらなぁと思います。

まるいける30代女性