放送予定

絶対にウマい”はず”料理選手権①暴走する妄想編

Eテレ1月23日(木)夜8:00

再放送1月26日(日)0:00(土曜深夜)

出演者IVAN 枝元なほみほか

障害のために料理経験がほとんどない“素人シェフ”3人が集結、「こう作れば絶対にウマいはず」という妄想レシピに、ぶっつけ本番で挑戦するスタジオドキュメント。目の見えない中年男性が、初めて出会う食材に興奮して大暴走! その裏には、視覚障害ならではの日々の食事の「妥協」があった……。審査員には『きょうの料理』講師が参加し本格アドバイスも。キッチンを舞台に障害者たちが、「挑戦(と失敗)」の自由を解放する。

ピックアップ

  • 3人の障害者シェフたち(料理は素人)が、ぶっつけ本番の真剣勝負!

    3人の障害者シェフたち(料理は素人)が、ぶっつけ本番の真剣勝負!

  • 目が見えないシェフがオリジナル料理に込めた愛。届けたい相手とは・・・?

    目が見えないシェフがオリジナル料理に込めた愛。届けたい相手とは・・・?

  • 言葉を失うIVANと、爆笑する枝元なほみ(『きょうの料理』講師)。審査員2人の表情が物語るのは?

    言葉を失うIVANと、爆笑する枝元なほみ(『きょうの料理』講師)。審査員2人の表情が物語るのは?

これからの放送

1月30日(木)

絶対にウマい”はず”料理選手権②自由からの挑発編

障害のためにふだん料理ができない“素人シェフ”たちによる、ぶっつけ本番の妄想料理対決、後半戦へ!自閉症の青年が「自由に作っていい」と言われて頭を抱えてしまったわけとは?脳性まひの男性は、究極の「グロランチ」でスタジオを混乱させる。だが、最後に待っていたのは意外な結末だった……。3人の障害者による初めての挑戦を記録した、料理×哲学×笑いのドキュメント。バリバラ史上初の料理選手権、果たして初代王者に輝くのは?

2月6日(木)

BLACK IN BURAKU ~アフリカンアメリカン、被差別部落をゆく~ 前編

メディアではタブーとされがちで、教育現場で教えられることも少ない「部落問題」。同じく被差別の歴史を持つアフリカ系アメリカ人たちが、大阪市内の部落をたずね、地域に暮らしてきた人たちの思いに触れる。その目に、現代日本の被差別部落はどのように映るのか? スタジオには、部落にルーツを持つ6名が出演、誇らしい部落内の濃い人間関係から、ネットの書き込みを見て受けたショック、結婚忌避に打ちのめされた悔しさまで、赤裸々に語る。

2月13日(木)

BLACK IN BURAKU ~アフリカンアメリカン、被差別部落をゆく~ 後編

アフリカ系アメリカ人の視点を交え、部落問題を再考するBLACK IN BURAKUの第二回。よりディープに被差別部落の歴史や文化を掘り下げていく。あまり知らない部落の歴史、若者たちが抱える複雑な心情、ブレイク必至の部落発祥グルメなど、部落がもつ多様な側面に、自分たちの歴史や文化を取り戻そうとしてきたアメリカ黒人たちが鋭くコメント。スタジオには、前編に引き続き、部落ルーツの若者たちが出演、新しい時代をどうつくる?