放送予定

第1回「バリバラ海の王子」決定戦【後編】 アンコール

Eテレ7月22日(日)夜7:00

再放送7月27日(金)0:00(木曜深夜)

出演者辻よしなり 川村ゆきえ 白鳥久美子(たんぽぽ)ほか

8人のマイノリティーの選手たちが灼熱のビーチで熱い戦いを繰り広げた「バリバラ海の王子」決定戦の最終決戦。水泳競争、ナンパ対決、海上大相撲の3競技に挑む。障害特性は時に武器にもなる!?ゲスト川村ゆきえさんの〇〇〇をゲットすべく、さらに激しさを増すバトル。前代未聞のこの決戦を制し、王子の座を手にするのは誰?

ピックアップ

  • 白熱する海上相撲対決!

    白熱する海上相撲対決!

  • 優勝者には、ゲストの川村ゆきえさんから〇〇〇のご褒美が!

    優勝者には、ゲストの川村ゆきえさんから〇〇〇のご褒美が!

  • どきどきナンパ対決! 海水浴客に果敢に話しかける選手たち

    どきどきナンパ対決! 海水浴客に果敢に話しかける選手たち

  • 1分間で思いを伝える告白タイム 全盲の永野選手のテクニックは通じるか?

    1分間で思いを伝える告白タイム 全盲の永野選手のテクニックは通じるか?

  • 水泳教室で鍛えた技で最後の対決に挑む、あべけん太選手

    水泳教室で鍛えた技で最後の対決に挑む、あべけん太選手

  • 2日間にわたった決戦、“バリバラ海の王子”めざして限界まで力を出し切った

    2日間にわたった決戦、“バリバラ海の王子”めざして限界まで力を出し切った

これからの放送

7月29日(日)

罪をくり返す障害者 支援にどうつなげるか(仮)

刑務所に服役している人の4人に1人に、知的障害などの可能性があると言われている。その多くは、福祉的な支援につながったことがなく、万引きや無銭飲食など軽微な罪をくり返し、その後も刑務所に戻ってきてしまうという。中には人生の大半を刑務所で過ごす人までいる。ハンディがあり、生きづらさを抱え、社会の中で居場所を持てなかった人たち。再犯を防ぐために、なにが必要か考える。

8月5日(日)

障害者×戦争(仮)

戦争のさなか、兵隊として戦争に協力できず、「役立たず」と差別された障害者。一方、視覚障害者が、敵機の来襲を監視する”防空監視員”として任務にあたるなど、多くの障害者が「国の役に立とう」と戦争に協力しようとした事実も明らかになっている。障害者は戦争の時代をどう生きたのか。何が戦争に向かわせたのか、番組では、戦争を知らない世代の障害者たちと一緒に考える。

8月12日(日)

バリバラ×セサミストリート アンコール

友達とのコミュニケーションがうまくいかないことに悩む、小学生の女の子が主人公。会話から思惑を読み取るのが苦手なため、場の流れにそぐわない返答をしてしまうことが続き、自信を失っている。番組は、彼女が過ごしやすくなるきっかけを作るため、アメリカの子ども番組『セサミストリート』とコラボレーション。エルモと、発達障害のある新キャラクター・ジュリアが、主人公の思いや特性をクラスの子たちに表現する手伝いをしながら、互いを理解するきっかけを作っていく。多様な子どもが共に生きる、クラスづくりのヒントを考える。