放送予定

東京2020応援企画 障害者×ボランティア

Eテレ11月18日(日)夜7:00

再放送11月23日(金)0:00(木曜深夜)

出演者IVANほか

東京2020オリンピック・パラリンピックで11万人のボランティアが募集される。『多様性と調和』をスローガンにぜひ障害者に参加してほしいのだが・・・とバリバラへ相談が。そこで、寝たきり芸人あそどっぐが、どうすれば障害者がボランティアできるか検証!さらに、ボランティアを運営する大会組織委員会へ、障害者がボランティアするときに必要な配慮サポートを受けられるかどうか、話し合いへ!障害があってもなくても当たり前に付き合える、心のバリアフリーが「レガシー=遺産」になることを目指し、みんなで考える。

ピックアップ

  • 寝たきり芸人あそどっぐ「案内ボランティア」はできるのか?

    寝たきり芸人あそどっぐ「案内ボランティア」はできるのか?

  • 「式典ボランティア」にも挑戦!プロサッカー選手との模擬表彰式、どうなる?!

    「式典ボランティア」にも挑戦!プロサッカー選手との模擬表彰式、どうなる?!

  • 障害があってもボランティアしたい!必要な合理的配慮を求め、大会組織委員会へ

    障害があってもボランティアしたい!必要な合理的配慮を求め、大会組織委員会へ

これからの放送

11月25日(日)

2人の怒れる男 アンコール

今回は“怒れる子どもたち”が主人公。ちょっとしたことで怒りが爆発してしまうため、学校でうまくいかず悩んでいる。本人たちは怒った後で自己嫌悪に陥っているが、その葛藤はなかなか知られることなく、理解は得づらいままだ。そこで番組では、“ポジティブ芸人”井上裕介(NON STYLE)と、ラッパーの晋平太が、スペシャル講師として子どもたちを訪問!感情をコントロールして怒りをまろやかにする方法をともに実践する。

12月2日(日)

玉木幸則 “平成”を語る 前編1989-2008

まもなく終わる“平成”…今回は、障害者・マイノリティーの視点から“平成”を振り返る企画!語り部は、今年50歳を迎えたミスターバリバラこと玉木幸則だ。前編は、平成元年20歳だった玉木の人生年表に沿って振り返る。どんな学生時代を過ごし、社会へ出たのか?障害者の自立をサポートしながら、何を考えてきたのか?障害者をとりまく時代の動きは?玉木が大事にする「自立」「自分らしさ」をキーワードに語り尽くす!

12月9日(日)

玉木幸則 “平成”を語る 後編2009-2018

まもなく終わる“平成”…今回は、障害者・マイノリティーの視点から“平成”を振り返る企画!語り部は、今年50歳を迎えたミスターバリバラこと玉木幸則だ。この30年、障害者の社会参加や性的マイノリティーへの理解が進んだ一方、2年前に相模原市で起きた障害者施設殺傷事件など、差別意識や優生思想の根深さが露わになる出来事も。“平成”という時代が積み残した課題とは?玉木目線で平成後半のトピックを選び、みんなで徹底トーク!