コラボレーション企画

バリバラ×セサミストリート


今回は、友達とのコミュニケーションがうまくいかないことに悩む、小学5年の女の子が主人公。相手の言葉から思惑を読み取るのが苦手なため、みんなの会話の流れを止めてしまうことが続き、自信を失っている。そこでバリバラは、アメリカの子ども番組『セサミストリート』とコラボレーション。エルモと、発達障害のある新キャラクター・ジュリアが、女の子の思いや特性をクラスの子たちに表現する手伝いをしながら、互いを理解するきっかけを作っていく。多様な子どもが共に生きる、クラスづくりのヒントを考える。


セサミストリートって?

バリバラ×セサミストリート

およそ50年続く、アメリカの子ども番組(2018年現在、米HBOと公共放送PBSで放送中)』。これまで、障害のある子、移民の子、HIV陽性の子…などを、パペット(人形キャラクター)として取り入れ、多様性や、マイノリティーの思いに光を当ててきました。2017年からは新たに、発達障害のひとつである自閉症のパペット『ジュリア』が仲間入り!多様な子どもたちが共に生きていくことの大切さを伝えます。

バリバラ×セサミストリート 登場人物


  • バリバラ×セサミストリート

    エルモ
    みんなのおなじみ、明るく元気なモンスター。コミュニケーションが苦手なジュリアをサポートしてきた。
    好物はワサビ。苦手なものは芽キャベツ。

  • バリバラ×セサミストリート

    ジュリア
    自閉症の女の子。絵を描くことと、歌うことが大好き。話しかけられていることに気づきにくかったり、返事をするまでに時間がかかったりと、コミュニケーションの面ではすれ違うこともあるが、仲間たちに理解されて楽しく過ごしている。

  • バリバラ×セサミストリート

    主人公の女の子
    友達とのコミュニケーションがうまくいかずに悩む、小学5年生。相手の言葉の奥にある意図や思惑を読み取るのが苦手で、会話の流れを止めてしまうことが続き、自信を失っている。



バリバラ×セサミストリート 概要


  • バリバラ×セサミストリート

    悩める女の子のもとに、セサミストリートから助っ人が参上!

  • バリバラ×セサミストリート

    「会話が苦手なら、○○を使おう」!自分の気持ちを表現する、とっておきの手段とは?

  • バリバラ×セサミストリート

    スタジオでは栗原類さん(モデル・俳優/発達障害を公表)が、子どもたちとともに学校での悩みを語り合います。