バリアフリー・ファッションショー バリコレが開催!

バリコレとは


「みんな違ってみんないい」を合言葉に、障害を魅力に変えるバリアフリーファッションショー「バリコレ」。2015年大阪で初めて開催し、多くの観客を魅了しました。今年は、東京・六本木ヒルズアリーナにて開催!全国から集った超一流、超個性的なデザイナーたちが、技の限りを尽くして、個性あふれる衣装を制作。今年は大勢のパラリンピアンをはじめ、マイノリティーやさまざまな障害のあるモデルおよそ50人がカッコよく大変身!これまでの概念を打ち破るバリアフリーファッションショーです。


バリコレ2016


開催日
2016年10月10日(月・祝)
開催場所
東京・六本木ヒルズアリーナ

ゲストと参加チーム

  • はるな愛さん (タレント)
  • アン ミカさん (モデル)
  • 道端アンジェリカさん (モデル)
  • チャラン・ポ・ランタン (姉妹音楽ユニット)

  • 切断ヴィーナス
  • YUKIMI KAWASHIMA
  • TSURUTA TAKAFUMI CREATORS
  • Co-Co Life☆女子部
  • 劇団 人の森ケチャップ
  • きっずスペースi
  • ARROW Factory
  • color of Life story(人生の色彩)by 小田桐智絵
  • 文化服装学院

放送

バリコレ前編 11月6日(日)夜7:00
放送内容こちらから
バリコレ後編 11月13日(日)夜7:00
放送内容こちらから

ゲストからのメッセージ


はるな愛さん

ファッションの力、それは、私たちが無限の可能性を持っていることを、知る。今回のバリコレで、私たちの力を確認する、バリアフリーなファッションショーやパフォーマンスを、みんなの力で作り上げましょう!


道端アンジェリカさん

私は今回ケガをしてしばらく下半身が動きませんでした。でも、そんな入院中のなかでも日々美容やオシャレは欠かせませんでした!それは、美容やファッションには自分を前向きにさせる何かがあるからです!!美容やオシャレをすることに境界線なんてありません!自分の思うママ表現して楽しみましょう!!



参加チームの紹介

切断ヴィーナス

●衣装のコンセプト

テーマはホワイトヴィーナス。世界に誇る石川県中能登町の繊維技術が生んだ、独特の光沢と質感の衣装で、ヴィーナスたちが、従来の義足の概念を打ち壊します。


●チームからのメッセージ

切断ヴィーナスチームは昨年に引き続きバリコレ2回目の参加。モデルは、リオパラリンピックに出場したアスリートの大西瞳さん(陸上)や秦由加子さん(パラトライアスロン)ら6名。衣装デザインは、モデルの一人でもある義足のアーティスト、須川まきこさん。前回に続いて、演出プロデューサーにトップクリエーターの澤田智洋さんを迎え、みなさんに、今までより更に魅力的な切断ヴィーナスの世界を楽しんでいただきます。

YUKIMI KAWASHIMA

●衣装のコンセプト

「REBORN」をテーマにモデル各々が感じる新たな自分をデザインに落とし込み、この秋冬を意識したLOOKに仕上げました。それぞれの身体に合った機能性を備えたディテールを取り入れながら、個性あるスタイルに。


●プロフィール

パタンナー、デザイナー、ブランドプロデュースを経て、2002年レディースブランドを立ち上げ、世界展開。2011年 パリ展示会、NYコレクション、東京コレクション、タイにてランウェイを行う。

TSURUTA TAKAFUMI CREATORS

●衣装のコンセプト

今回のテーマは「宇宙人」。宇宙にはたくさんの星があります。それぞれの星を人として捉え表現します。「未解決で謎めいた宇宙」こそ「暴走する個性」に当てはまります。太陽、水金地火木土天海…想像を超える展開にみなさんの視線が釘付けになること間違いなし!!


●チームからのメッセージ

昨年、近未来をコンセプトにマイノリティーの壁を思い切りくずした私たちは、今年は更に誰も予想のつかない衝撃を与えます!個性はもはや既存の服では収まりきれません!溢れんばかりに爆発しているのです。収束不可能な彼らの暴走する個性をファッションで表現できるのは私達だけです。

Co-Co Life☆女子部

●衣装のコンセプト

創刊5周年を迎えた障がいのある女子のためのファッションマガジン「Co-Co Life☆女子部」には、女子たちの声がたくさん集まります。「障がいがあるからって、特別扱いされたくない」「障がいがあっても『普通に』おしゃれしたい!」……そんな声を反映し、今回は敢えて「市販の洋服」でバリコレに参戦。さらに服の「お直し」のプロたちがチームに参加し、全モデルの体型、身体の可動域に対して、適切なお直しを施しました。女性を一番キレイに魅せる色「赤」×輝く「星」が演出テーマです!


●チームからのメッセージ

「Co-Co Life☆女子部」から、さまざまな障がいのある10~30代女子のモデル、総勢20名が出演します。

劇団 人の森ケチャップ

●衣装のコンセプト

『不思議の国のアリス』の登場人物と自分たちを繋げたら…合言葉はこの3つ。「この人がこの役である意味」「日常こそが不思議の国の正体」そして「このwonderlandなら、アリス(或いは登場人物)になってもいいかも…と、あなたに思われる事」。アッチとコッチ2つの世界を繋ぐのは、今日ここにいる私たちだ。オシャレは我慢!の名言を胸に、素敵でバリアフルで、観る人が巻き込まれたくなるワンダーなランドをお届けします。


●チームのプロフィール

千葉県松戸市を中心に活動している劇団です。「障がい者と健じょう者が一緒につくる・みる・あつまる舞台づくり」を目的としたオリジナル作品による演劇公演や、他団体や地域が主催するイベントへの出演等の活動を行なっています。

きっずスペースi

●衣装のコンセプト

パニックになった時、いつでも視界を遮り、クールダウンの出来る【モバイルシェルター】として衣装を作り始めました。 子どもたちに合わせて制作を行う中で、衣装は更に進化していっています。アウターは、子ども達が好きなふにゃふにゃとした感触や、大きなフードが付属しているパーカー。インナーは、お気に入りのものを入れておけるポケットや、自分の意思表示が出来るデザインになっているTシャツです。もこもこの芋虫を模したパーカーを脱ぐと、身軽な可愛い蝶になり、ゆっくりだけど成長をしていくというストーリーを表現しています。


●チームのプロフィール

衣装作成をしているメンバーは、普段は障害者就労支援事業所に所属しているスタッフと、同事業所をを利用している利用者さんです。またモデルの子どもたちは、放課後等児童デイサービス事業所の利用児たちです。色々なデコボコ感がありながら、日々さまざまな困り感もありますが、皆ゆっくり成長をしています。

ARROW Factory

●衣装のコンセプト

視覚障害があると服の柄や色をはっきり見て確認することが難しいと思います。そこで直接触れて自分がどんな服を着ているのか感じられる服を考えました。柄の輪郭に凹凸を持たせ、また色ごとに違うテクスチャーを使い、言葉だけでは伝えきれない微妙な柄の形や配色を、触れることで周りと一緒に楽しめるデザインにしました。柄はモデルの前川裕美さんの好きなカサブランカとバラをモチーフにデザインしました。


●プロフィール

矢口寛子・・・神奈川県出身。高校から大学まで服飾系の学校に通い、現在は大阪の婦人服の縫製工場で働く。2~3ヶ月に1着ほど作品撮りのために衣装を制作。

color of Life story(人生の色彩)by 小田桐智絵

●衣装のコンセプト

人と違ううえに見た目問題を抱え悩んでいた、ひとりぼっちのライオンと、深海でひっそり暮らす聖霊。2人のアルビノの女の子は、初めて出会い、互いの存在に勇気づけられたことで、ゆっくり変化を遂げる。そんな2人の物語を、色とファッションで表現。彼女たちの新たな魅力を引き出す服が完成しました。舞台で輝く彼女達を是非ご覧ください!


●チームのプロフィール

モデルは、アルビノ団体「アルビノドーナツの会」の代表 薮本舞、競泳のパラリンピアン笠本明里。衣装制作は着ぐるみ造形を得意とする小田桐智絵。

文化服装学院

●衣装のコンセプト

障がいがあるから美しい!2020年東京パラリンピック出場を目指すアスリートの方達をモデルに、それぞれの種目で鍛えられた肉体美の魅力を活かすデザインを考えました。また、2020年東京パラリンピックのロゴである市松模様やたくさんの色を使用することでテーマの「多様性と調和」を表現しています。この服を着ることでアスリートの士気を高め、パラリンピックに出場してほしいという我々の願いも込めています。


●チームのプロフィール

文化服装学院の教員による研究グループ。誰でもファッションを楽しめる環境の構築を目標とし、障がいをお持ちの方に向けた衣服の研究活動を行っています。


バリコレ2015の模様はこちらから