OnAir

ニュースやスポーツ中継のため放送日時が変更になることがあります

BS1 7月16日(日) 午後6時00分~6時44分

日本人への大ギモン なぜ日本の家は○○なの?

世界の投資家から注目される日本の不動産「家」だが、外国人には不思議がいっぱい。狭さなど構造上のギモンだけでなく「なぜ持ち家にこだわる?」「なぜリビングが物だらけ?」という価値観や生活の違いまで、外国人からの日本の家に関するギモンを解き明かし、文化の違いを明らかに!外国人に「日本の家」のクールを感じてもらえるのか!?
--------------------------------------
ご意見番:
荒俣 宏 さん(作家)
出演外国人:
ニコラ・セラファン(フランス)、ヘザー・マクリーシュ(アメリカ)
ビンセント・ダベンポート(カナダ)、ジニー・ション(オーストラリア)
ジョアン・オオルイ(ブラジル)、クリスティアン・ブリュー(イギリス)
ムリナル・シンハ(インド)、シー・シュエ(中国)

◆なぜ日本人は新築が好きなのか?
ジニーさんが実際に日本の住宅展示場で調査。オーストラリアにはモデルハウスが一箇所に集まる展示場はないとのこと。2世帯住宅など様々なモデルハウスや天災に強い柱などの展示に驚いた。来場客にインタビューすると、誰かが住んでいた家に住むことに抵抗を感じるのと、機能は最新が良いと思う人が多かった。
----------------------------
出演:ジニー・ション(オーストラリア)、取材先:駒沢公園ハウジングギャラリー
----------------------------
[感想トーク]
欧米で中古住宅が人気の訳は、「安い」という他に「時代によって変化した個性や味わいがある」「誰かが住んでいたと云うことは、配管や設備に問題が無く安全だという証明になる」などの理由があった。外国人が家に求めるものも広さ(フランス)や玄関の方角(インド)など様々。
◆なぜ日本の家はモノだらけなの?
日本の家にはモノが多すぎると言うヘザーさんの自宅を訪問した。アメリカでは家に招かれたら部屋を褒めるのがマナー。スッキリした部屋にこだわり、無駄な物は買わないという。一方、街で聞いてみると、自分の家の居間は片付いていると思っている日本人も、外国人のリビングを見て驚いていた。日本人の居間は、家族が集まり、使う物を身近に置き快適に過ごそうとするライフスタイルが明らかになった。
----------------------------
出演:ヘザー・マクリーシュ(アメリカ)、取材先:ヘザーさん宅、インタビュー場所:武蔵小山商店街PALM
----------------------------
[感想トーク]
外国人達は、きちんとしていると思っていた日本人の家がごちゃごちゃしていることに改めて驚いた様子。欧米のリビングは、客にいつ見られても良いようにキチンとしているのだという。日本の家にモノが多い理由として、一つのモノを一つの用途にしか使わない点や、何かあるたびに贈り物を送る贈答文化などが原因ではないかとの意見が上がった。
◆なぜ日本人は小さな家に住めるの?
日本には狭い土地に建てられた、狭小住宅がある。ビンセントさんが狭小住宅で暮らす小野寺さん一家を訪問。狭い家で快適に暮らすための工夫や住み心地について話を聞いた。さらに設計者の久保宗一さんにもインタビュー。狭小住宅を広く見せる工夫を聞いた。
----------------------------
出演:ビンセント・ダベンポート(カナダ)/小野寺さん一家/久保宗一さん(設計者)
----------------------------
[感想トーク]
狭いスペースを広く見せる工夫は、海外でも役に立つという感想。狭い家には住みたくないという外国人が多かったが、都会で暮らす選択肢の一つとしての狭小住宅の存在は理解できるという外国人が多かった。また、ミニマリストがブームになっているオーストラリアや中国では小さな家が流行しているという。