OnAir

ニュースやスポーツ中継のため放送日時が変更になることがあります

BS1 7月23日(日) 午後6時00分~6時44分

釣り

老若男女、子供からお年寄りまで釣りを楽しむのは日本では当たり前だが海外では珍しい??都内で簡単に楽しめる釣りや、釣りができる居酒屋、女性専用の釣りウエアの店に、魚拓、鮎の友釣りなど独特な日本の釣り文化はクール?
--------------------------------------
ご意見番:
小林 康夫 さん(青山学院大学教授)
出演外国人:
マックス・トマス(ニュージーランド)、ナタリー・ロブエ(スイス)
ジェイムズ・オーグレーディー(イギリス)、ジィ・ヤン(中国)
ピーター・メーシー(アメリカ)、ハイケ・ブロック(ドイツ)
マーセル・フィハジ(ブラジル)、ビンセント・ダベンポート(カナダ)

◆日本の釣り事情をハンティング
公園や池、川など身近なところで釣りができるのは、日本の特徴という外国人。早速、赤坂見附の駅から徒歩3分の釣り堀を訪ねると、ボートでのブラックバス釣りや、桟橋からの鯉やフナ釣りなどを楽しむ人が…。子供用の「金魚釣り」までありました。一方、渋谷には生け簀で釣りができて、釣った魚を調理してくれる居酒屋が外国人に人気!これほど身近で釣りを楽しむ日本はクール?
----------------------------
出演:マーセル・フィハジ(ブラジル)、取材先:弁慶橋ボート場(釣り堀)/ざうお 渋谷店(釣りができる居酒屋)
----------------------------
[感想トーク]
手ぶらで行っても釣りができるしリラックスできそうという感想の一方、喧噪から逃れるために釣りをするのだから、都会の釣りは意味ないという外国人も。また、ドイツでは免許がないと釣りができない(*)、スイスも魚の保護に力を入れているので一部の人しか釣りはしない、イギリスでは「さお」ごとに許可が必要とのこと。釣りのできる居酒屋は、目の前で釣った魚を食べることに抵抗感がある外国人も多いようだった。
*ドイツの釣り免許:日本の自動車免許のように学科試験と実技試験をパスすると取れる国家資格。
◆日本独特の文化 魚拓の世界
そもそも江戸時代に始まった魚拓。釣り船屋さんでは今でも大物が釣れると魚拓を取るが、最近では釣った魚が「まさに水の中を泳いでいるような」カラー魚拓も作られている。日本独特の文化「魚拓」はクール?
----------------------------
出演:ナタリー・ロブエ(スイス)/山本龍香さん(カラー魚拓作家)、取材先:荒川屋(墨の魚拓)
----------------------------
[感想トーク]
外国人は全員、魚拓を知らなかったが、日本人はシンプルなモノから芸術を生み出すなど絶賛された。写真に比べ、大きさがわかるし長く残しておくことができるのがいいという。
◆日本だけの釣り方 鮎の友釣り
伊豆・狩野川は鮎の友釣りで有名な川。縄張り意識を持つ鮎の習性を利用して釣る友釣りをビンセントさんが挑戦!そして、釣果を塩焼きにして丸ごと食べる経験は、初めて。頭も内臓も丸ごと食べるのは、苦手のようだった。
----------------------------
出演:ビンセント・ダベンポート(カナダ)/植田正光さん(鮎釣り名人)、取材先:山あいの宿「うえだ」
----------------------------
[感想トーク]
自然を利用して魚を捕る日本人はクールだという外国人が多くいた。鮎をまるごと食べることに関しては、試してみたいという意見や野蛮だという意見が出た。鮎は日本では夏の魚とされているが、海外では魚で季節を感じるということはないそうだ。