OnAir

ニュースやスポーツ中継のため放送日時が変更になることがあります

BS1 9月24日(日) 午後6時00分~6時44分

外国人への大ギモン! なぜ美容整形で○○するの?

日本でも近年、美容整形は増え、各国の人口割合では1位韓国、2位ブラジル、3位アメリカ、に次いで、日本は4位(2014国際美容外科学会)。だが、日本の美容整形のほとんどは脱毛やしわとりなど。豊胸や脂肪吸引など見た目の変化が大きく、手術を必要とするものが多い欧米とは明らかな差が!更に、外国人の多くは美容整形した事実を隠さないようだ。そこで、今回は美容整形に関する外国人へのギモンを徹底解明!美容整形を通して各国の美意識の違いに迫る。
--------------------------------------
ご意見番:
荒俣 宏 さん(作家)
出演外国人:
マックス・トマス(ニュージーランド)、ハファエレ・リマ(ブラジル)
ニコラ・セラファン(フランス)、ヘザー・マクリーシュ(アメリカ)
イヴァン・パゾス(スペイン)、ジュ・サンイ(中国)
イリーナ・ババノヴァ(ブルガリア)、シニパー・ピンムアン(タイ)

◆スタジオトーク「なぜ整形を隠さないの?」
スペインは「整形はズルい」と思われているから隠す人が多いが、他の国々は、生まれつき綺麗な人とそうでない人がいるから美を求めて手術するのを隠す必要が無いとか、見たら整形したか否かすぐわかるので隠さないと言う意見が多かった。日本人は「努力が良いこと」だと思っていて、「手術はズル」だと思うのだろうという意見が出た。
◆街頭インタビュー
Q:人気の美容整形は何?
外国人の答え…胸や唇を大きく、太ももをリフトアップなど。
Q:どこを整形したい?
外国人の答え…胸を大きく、顔のしわとり、お腹の脂肪をおしりに入れるなど。
日本人の答え…目を二重にしたいが圧倒的に多かった。胸を大きくしたいは、ほとんどいなかった。
----------------------------
取材先:浅草、渋谷駅周辺
----------------------------
[感想トーク]
アメリカでは大きい胸が女性らしくて美しいとされている、ブラジルは胸よりおしりの方が大事だという。ブルガリアでは大きい胸が魅力的で、豊胸手術が出世に繋がるとか…。タイでは、肌の色を白くする(体に薬を入れてメラニン少なくする危険な手術)のが人気だという。
◆疑似整形グッズに挑戦
生活雑貨店には「疑似整形グッズ」がズラリ。「二重瞼を作る糊」「たるみやシワを引き上げるテープ」「鼻を高く見せるグッズ」まで。クールスタッフが、二重のり、涙袋テープ、鼻を高くするグッズ、唇を厚くするグッズに挑戦。その変化は?
----------------------------
取材先:PLAZA 汐留シオサイト店
----------------------------
[感想トーク]
疑似整形グッズについては衛生面が不安とか、美を追求するために使うのはクールなどの意見が。アメリカでは美容整形の技術も進歩してきて安全になったから抵抗はない、フランスや韓国は疑似整形グッズを毎朝使うのは面倒だから、整形を選ぶという。日本人が「親からもらった体」と考えることについては、昔はそう考えた人がいたが今は変わったとか、「体は自分のものだ」と考える人が多かった。