OnAir

ニュースやスポーツ中継のため放送日時が変更になることがあります

BS1 11月26日(日) 午後6時00分~6時44分

温泉

温泉が恋しくなる季節…、外国人は日本を代表する癒しリゾート温泉のどこをクールと思うのか?日本の温泉の魅力をより世界に広めるため、温泉のCOOLを語り合い発掘する。
--------------------------------------
ご意見番:
小林 康夫 さん(青山学院大学 教授)
出演外国人:
アーロン・ドッズ(ニュージーランド)、アンジェラ・シュナベル(アメリカ)
アルネ・ヴァン・ラムン(オランダ)、ジャッキー・ムワンギ(ケニア)
ロマン・マルコフツェフ(ロシア)、ジィ・ヤン(中国)
ジャックティップ・リップタシリ(タイ)、ステファニー・コロイン(フランス)

◆スーパー銭湯
スーパー銭湯が大好きなアンジェラと初体験のアルネがさいたま市のスーパー銭湯へ。地下1,100mから湧き出る天然温泉が楽しめ、電気風呂や蒸し風呂など13種類のお風呂がある。他にも岩盤浴やフィットネス、ヨガレッスンなど、カップルでも楽しめる場所として人気。客の平均滞在時間は6時間という、1日楽しめるスーパー銭湯はクール?
----------------------------
出演:アンジェラ・シュナベル(アメリカ)/アルネ・ヴァン・ラムン(オランダ)、取材先:美楽温泉 SPA-HERBS(スパハーブス)
----------------------------
[感想トーク]
1か所に必要なものが揃っていてクールだという意見が多かったが、子供が多くてリラックスできないと言う外国人もいた。日本人がスーパー銭湯を作ったのは、「日本の家は狭いから広いお風呂でリラックスしたいから」、「温泉に行く時間やお金がない家族にとって近場で楽しめるから」という意見が出た。
◆秘湯
東京から新幹線、在来線、トロッコ電車を乗り継ぎ、ロマンさんが訪れたのは富山県黒部峡谷。ヘルメットをかぶり、辿り着いたのは「祖母谷(ばばだに)温泉」。その河原には90℃の源泉が噴出し、スコップ片手に石を掘り、川の水をまぜれば1人用の湯船をつくれる。ロマンさんは自作の温泉と山小屋の露天風呂を堪能。知られざる日本の温泉、秘湯はクール!?
----------------------------
出演:ロマン・マルコフツェフ(ロシア)、取材先:山小屋 祖母谷温泉
----------------------------
[感想トーク]
日本人が秘湯好きなのは、「富士山に登るような達成感があるから」、「自然の美しい場所で特別な体験ができるから」などの意見が出た。

※温泉のノットクール:
小さな椅子に座ってシャワーを浴びる、シャワーのボタンが30秒位で止まってしまう。タトゥーがあると温泉に入れない。という意見が出た。タトゥーに関しては、2015年から観光庁で入浴施設に対して下記の対応策を呼びかけている。
・シールを貼って隠してもらう
・時間帯をずらして案内する
・貸切温泉を案内する
◆これクールでしょ!?「湯守」
群馬県草津温泉の老舗旅館に温泉のお湯を管理する職人「湯守」がいる。この宿は、「源泉かけ流し」で高い温度の源泉を水で薄められないため、バルブを調整しながら流れるお湯の量を調整し温度を管理している。気温や客の人数に合わせて微調整、大小6か所」の浴槽を管理し最高のお湯を提供する湯守、クールですか?
----------------------------
出演:六代目 湯守 中澤孝夫さん(64)、取材先:奈良屋
----------------------------
[感想トーク]
中澤さんは、温泉を愛して誇りを持って働いていて素晴らしい職人だ、クールだと意見が多く出た。一方、日本はハイテクの国なのに壊れない機械を使うとかもっと賢い方法があると思うという意見もあった。