BS1 1月13日(日) 午後6時00分~6時44分

TOKYO再発見2020 東京湾

いよいよ来年に迫った東京オリンピック。そんなオリンピックに向けて、東京の魅力を再発見するシリーズ企画「TOKYO再発見2020」、第3弾は「東京湾」。1日500隻もの大型船が行き交う世界屈指の海上交通の要衝、その周りには、来年のオリンピック会場、外国人が大好きな中央卸売市場、絶景の工場群など、外国人観光客も気になるスポットが盛りだくさん。
そこで外国人100人に東京湾のクールなスポットをアンケート。
ランキング形式でおすすめベスト5を発表。
--------------------------------------
ご意見番:
髙井 典子 さん(文教大学 国際学部 教授)
出演外国人:
ミルタ・コラル(ペルー)、ロマン・マルコフツェフ(ロシア)
ヘザー・マクリーシュ(アメリカ)、ニコラ・セラファン(フランス)
ジイ・ヤン(中国)、オマル・イスハグ(スーダン)
ニッキ・スミス(オーストラリア)、アルネ・ヴァン・ラムン(オランダ)

◆クルージング
出港場所の桟橋は外国人で大賑わい。船の種類は様々で、宇宙船をイメージしたもの、本格的なディナーを楽しめるものもある。中でも外国人に人気なのが御座船安宅丸。2時間のクルーズで、和食を堪能し、歌や踊りのショーも楽しめる。
----------------------------
出演:ヘザー・マクリーシュ(アメリカ)、取材先:御座船 安宅丸
----------------------------
[感想トーク]
御座船を体験したヘザーさんは外国人観光客にお勧めしたいと言う感想だった。夜のクルーズは、東京の摩天楼が見られるのかいいが、海外で夜のクルーズはあまりないようだった。御座船のサービス係兼ダンサーが着用していた着物は、コスプレっぽく見えてしまうが、日本文化入門編としては、外国人ウケするようだった。更に海外では、クルーズに食事は付いていてもショーはないそうだ。
◆鋸山
千葉県富津市、房総半島の中央部から東京湾を見下ろす鋸山。ロープウェイで手軽に山頂まで登れ、少し歩くとある「日本寺」。巨大な大仏や石仏、自然の一部のように存在する仏像群。東京湾を見渡す絶景の展望台。山歩き、仏像、絶景と外国人を引き付ける魅力が満載の日帰りスポット。
----------------------------
出演:ニコラ・セラファン(フランス)、取材先:日本寺/鋸山ロープウェー
----------------------------
[感想トーク]
鋸山は高尾山と鎌倉が一緒になったような場所。外国人の多くは、仏像が好きなので、崖を掘った大仏は魅力的だという。東京湾が一望できる絶景もクール。旅行者の多くは、自然が豊かな日本で、手付かずの自然に触れたいと思っているので、鋸山はストレス発散ができる場所。スタジオの外国人出演者全員一致で、鋸山は人気になると言うことだった。
◆東京湾アクアライン
川崎―木更津間を結ぶ約15㎞の有料道路。その壮大な景色や日本人のテクノロジーに外国人、感嘆。さらにアクアラインの地下を見学!災害が起きたとき車道から滑り台で降りる避難通路、狭い地下を走るために特別に作られた緊急車両など、貴重な地下世界を探検。夜には自然と調和した優しいLEDの光がアクアラインを浮かび上がらせる。そのライトは魚の繁殖に影響が出ないよう内側だけを照らすように工夫されている。海と共存する工夫が施された東京湾アクアラインはクール?
----------------------------
出演:ロマン・マルコフツェフ(ロシア)、取材先:東京湾アクアライン/海ほたる
----------------------------
[感想トーク]
パーキングエリアをテーマパークのようにするのは日本ならではで、海外は利便性のみを重視するようだ。アクアラインの建設技術は、奇跡で、技術者の夢が詰まっているなど好評だったがロマンチックな場所ではないのでデートでは行きたくないなどの意見も有った。