BS1 1月27日(日) 午後6時00分~6時44分

市場

いま、日本各地の「市場」が、外国人観光客に大人気。なぜなら、市場は生活に密着した小さな店の集まり、その土地土地の珍しい食材や、雑貨、衣料品などが並び、その地域の食文化や生活がよく分かる。そして何より活気が、外国人観光客を引きつける。そこで今回は、そんな「市場」の魅力を外国人が再発見!
--------------------------------------
ご意見番:
荒俣 宏 さん(作家)
出演外国人:
ハファエレ・リマ(ブラジル)、クレイグ・テイラー(オーストラリア)
ヘザー・マクリーシュ(アメリカ)、フラビオ・パリージ(イタリア)
ジャッキー・ムワンギ(ケニア)、ムリナル・シンハ(インド)
ヘン・シン(中国)、ニコラ・セラファン(フランス)

◆豊洲市場
去年10月11日に開場した新しい首都圏の台所「豊洲市場」。衛生管理が徹底した新しい市場は、マグロの競りをガラス越しに見られ、施設の説明が多言語に翻訳されている。また、レストランが一か所に集まっているので観光客には、分かりやすくクール!
----------------------------
出演:クレイグ・テイラー(オーストラリア)、取材先:豊洲市場
----------------------------
[感想トーク]
実際に「豊洲市場」を見に行ったクレイグさんは、築地とは全く雰囲気が違うけれど、現代的で巨大で見どころ満載、クールだという。フラビオさんとジャッキーさんはすでに行ったことがあり、築地市場がなくなって寂しいが働く人たちにとっては良くなったという。一方で、築地のような雰囲気がなくなってしまって残念という意見も多かった。
◆骨董市とファーマーズマーケット
ニコラさんが訪ねたのは富岡八幡宮で開かれる「骨董市」。神社の中で開かれているのがクールだし、日本人の生活がわかることが魅力という!ヘザーさんは青山ファーマーズマーケットへ。毎週通うほどの常連で、農家の人達と直接ふれあえるのが魅力だとか。アメリカのファーマーズマーケットが、地産地消を目的にしているのに比べ、青山の場合は、日本中から農家が集まり日本の四季を感じることができることや、毎回、出店者が変わるので新しい発見があることがクールだという。
----------------------------
出演:ニコラ・セラファン(フランス)/ヘザー・マクリーシュ(アメリカ)、取材先:富岡八幡宮骨董市/青山ファーマーズマーケット
----------------------------
[感想トーク]
「ファーマーズマーケット」を見に行ったヘザーさんは、お店が頻繁に替わり飽きることがないという。また、日本では、野菜は市場ではなくスーパーで買うというところに驚いたという意見が多かった。「骨董市」を見に行ったニコラさんは、プロが公正で正直な商売をする日本の「骨董市」はクールだという。
◆青森県八戸市「館鼻岸壁朝市」
日曜日の早朝、出現する巨大朝市。日本最大規模と言われる館鼻岸壁朝市には、毎週、数万人の人が訪れ、早朝にもかかわらず外国人観光客も多い。そこでは、地元の人達がさまざまなアイデアを凝らした商品や食べ物がところ狭しと並んでいる。そんな外国人も注目の朝市の魅力を徹底調査!
----------------------------
出演:フラビオ・パリージ(イタリア)、取材先:館鼻岸壁朝市
----------------------------
[感想トーク]
フラビオさん、VTR中に出てきた「幼虫グミ」を見せ、面白いアイデアだという。温かい食べ物があって、食事を楽しめる、地域活性化に効果的、地域の文化を知ることができる、などの意見があった。