連続テレビ小説
「マッサン」




初回
放送

2014年9月29日から放送[全150回]
毎週月曜~土曜 午前8時  総合

ストーリー

明治から大正へ、大阪が日本一華やかなりし時代。海外から洋酒も輸入され船場商人たちが活況を呈し、新しい時代の息吹を感じさせるワインや洋酒の製造が始まっていました。そんな中、不可能だと言われていた国産初のウイスキー製造のために、大阪から本場スコットランドへと単身で渡った男がいました。
大正9(1920)年、マッサンこと亀山政春は、 2年の修業を終え、本場の技術を身につけ帰国しました。なんと、スコットランド人の嫁さんエリーも連れて ―― そこから、波乱の日々が始まります。広島・竹原で代々日本酒の造り酒屋を営むマッサンの実家の母は大激怒し「外国人の嫁などありえん!きっぱり分かれて家業を継げ!」と、いきなり大騒動。さらに、世の中は大不況となり、ウイスキー製造計画は頓挫。ついには、失業してしまいます。

一方のエリーも、外国人の嫁は歓迎されず、文化の違いに翻弄され、周囲には誤解され、さらにはマッサンの婚約者が現れ・・・とピンチの連続。それでもエリーは、日本の「おもてなしの心」を知り、時には夫婦げんかを巻き起こしながらも、マッサンを支え続けます。やがて、浪人の身だったマッサンは、ワイン事業で大成功した鴨居商店の鴨居欣次郎に工場長として迎えられ、山崎の地に日本初のウイスキー蒸留所が誕生します。しかし、苦労の末に完成した国産ウイスキーは全く売れません・・・。

昭和に入り、独立したマッサンは北海道余市へと渡ります。エリーの故郷スコットランドに似た北の大地で、二人はゼロからウイスキーづくりに挑戦します。しかし、失敗の連続で事業が頓挫する中、太平洋戦争に突入。故郷が敵国となったエリーはスパイ容疑までかけられます。それでもエリーは「日本人として」生き、マッサンと二人三脚で家族を愛し、従業員を守り、マッサンのウイスキーづくりの夢を支え続けます。

不器用な夫が最愛の妻と育んだ「夫婦の時間」と、夢に生きた「日本人の底力」を丁寧かつ大胆に描き出し、「愛すべき滑稽なる夫婦の丁々発止」が、日本の朝に「笑いと涙と夢と元気」をたっぷりお届けします。

キャスト

亀山政春(玉山鉄二)
亀山エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)
亀山早苗(泉ピン子)
鴨居欣次郎(堤真一)
ほか

脚本・主題歌など

【原作・脚本】
羽原大介
【音楽】
富貴晴美
【主題歌】
中島みゆき「麦の唄」

page top