土曜ドラマ
「限界集落株式会社」

初回放送

2015年1月31日から放送[連続5回]
午後9時から  総合

ストーリー

山深い限界集落の村を「農業」で再建!?
寄せ集めのポンコツチームが、村唯一の産業「農業」で起死回生の村おこしに挑む!

関東地方の奥、山深く囲まれた小さな集落「止村」。人口50人ほどの小さなこの村は、市町村合併後、病院・バスも廃止に向かい、消滅寸前の限界集落と化している。農家の大内正登は、かつて20代の頃、有機農業に挑戦したが失敗。多額の借金をつくり、両親と娘を置いて、東京に逃げていた。13年たった今、父・一男が亡くなり、一男の畑を継ぐと言い出した娘・美穂と年老いた母・弥生を助けるため故郷に戻った。だが、そこに待っていたのは「農業」をとりかこむ低収入の壁だった。そんな中彼らの前に謎の経営コンサルタント・多岐川が現れる。多岐川はあの手この手を使って農業の活性化を計るが・・・。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「父の帰還」
関東山間部にある架空の村・止村を舞台に廃村の危機を迎える集落を、農業で再建する21世紀の村おこしエンターテインメント!村唯一の有機農家・大内正登(反町隆史)と怪しげな経営コンサルタント・多岐川(谷原章介)が、ときに共闘、ときに対立しながら、村を復活に導く!頑固な村の老人たち(平泉成・寺田農)の抵抗や村を襲うゲリラ豪雨に立ち向かう正登と多岐川、正登の娘・美穂(松岡茉優)。果たして村に未来はあるのか?

第2回「多岐川の秘策」
廃村寸前の止村に突然現れた謎のコンサルタント多岐川(谷原章介)は、奇抜なアイデアで村を再生する、と豪語する。菅原(寺田農)はじめ村の農家たちは、旧来のやりかたしか知らず多岐川と対立する。一方帰還した正登(反町隆史)は不安定な有機農業の収入ではとても生きていけないことを知り、有機農業を諦めることを決意、一男(井川比佐志)の畑を守りたい娘美穂(松岡茉優)と衝突する。

第3回「嵐」
閑古鳥がなく直売所。姿を消した多岐川(谷原章介)が再び現れ、村を本格的な株式会社にすると宣言する。生産の責任者を引き受けた正登(反町隆史)だったが、ふたりの対立はますます深まる。そんなとき、村をゲリラ集中豪雨がおそい、作物が全滅する。果たしてトマリファームに生き残る道はあるのか?正登の東京時代の恋人・瑞希(井上和香)が本格登場!

第4回「大逆転!幻の野菜」
止村を襲った集中豪雨は、正登(反町隆史)の観光農園はじめ、多くの作物をダメにしてしまった。しかし、多岐川(谷原章介)はめげずに東京から大御所俳優・南部猫助(古田新太)を呼び、テレビ中継を画策する。中継の中で、猫助が注目したのは、村で弥生(長山藍子)が昔から栽培していた「ある野菜」。中継が話題を呼び、視聴者から注文が殺到する。はたして、トマリファームは大逆転なるのか?

第5回「畑のちから」<終>
鉄平(加藤虎ノ介)が誤って農薬をまいた畑の作物は有機野菜として出荷され、トマリファームは食品偽装の疑いをかけられる。記事が出た翌朝から注文キャンセルが相次ぎ、美穂(松岡茉優)は企業にとって信用がどのくらい大切かを思い知らされる。信用を守り、ファームの生き残りをかけるには鉄平を切るべきだとする多岐川(谷原章介)に対して、生産責任者の正登(反町隆史)が出した答えとは?社会派農業ドラマ、ここに完結!

キャスト

大内正登(反町隆史)
多岐川優(谷原章介)
大内美穂(松岡茉優)
萩野定晴(平泉成)
菅原源(寺田農)
大内一男(井川比佐志)
大内弥生(長山藍子)

脚本・主題歌など

【原作】
黒野伸一
【脚本】
櫻井剛
【音楽】
林ゆうき

ページトップへ