ザ・プレミアム ドラマ
「アイアングランマ」

初回放送

2015年1月10日から放送[連続6回]
午後10時  BSプレミアム

ストーリー

おばあちゃんは、特殊捜査官。
かつて「ソルト&シュガー」というコードネームを持ち、外交諜報活動を秘密裏に担ってきた特殊捜査官だった二人。最後の仕事から20年あまり。二人は再びコンビを組んで新たな戦いに挑んでいく・・・。何げない日常生活を送る家族に迫りくる、敵の巧妙な罠、仕掛けと、二人のおばあちゃんが、毎回、スリリングな対決を繰り広げます。見せ場は、緊張感あふれる頭脳戦と、軽妙洒脱な会話、ハリウッドばりの本格アクション。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「ソルト&シュガー」(前編)
塩谷令子(大竹しのぶ)と佐藤直美(室井滋)は、ごく平凡な60代女性。二人はかつて「ソルト&シュガー」というコードネームを持ち日米の外交諜報活動を秘密裏に担う特殊捜査官だった。直美は、イジメに悩む孫・裕太(二宮慶多)の転校のため娘夫婦が一緒に住むことになり喜ぶ。学校の理事長はあの令子だった。事件が起こり、かつての上司・時田(柄本明)と部下・七味(加藤晴彦)と接触した二人は再びタッグを組み任務につく。

第2回「ソルト&シュガー」(後編)
国際犯罪に巻き込まれた令子(大竹しのぶ)と直美(室井滋)は、高梨洋一郎(筒井道隆)の正体を突き止め、犯罪をくい止めようと21年ぶりのミッションに乗り出す。孫・裕太(二宮慶多)の親友・チカ(信太真妃)が洋一郎の娘だと知った直美は裕太を傷つけることなく解決を図ろうとするが、時田(柄本明)と部下の七味(加藤晴彦)は手段を選ばず強引にミッションを進める。洋一郎に接近した直美は逆に銃を突きつけられてしまう。

第3回「ピンクトラップ」(前編)
令子(大竹しのぶ)と直美(室井滋)は、奈々(森田涼花)をマークし、国際犯罪の黒幕を突き止めるべく任務を開始する。奈々は、危険な“運び屋”の仕事に手を染め、国際事件のきっかけになるとも知らず、あるネガフィルムを日本に持ち込む。小学校では、直美の孫・裕太(二宮慶多)に財布を盗んだ疑いがかけられる。直美は裕太をかばうが、理事長の令子は、冷徹に処理をしようとする。令子の態度に直美は不信感を募らせる。

第4回「ピンクトラップ」(後編)
令子(大竹しのぶ)と直美(室井滋)は、財布を盗んだと疑われた直美の孫・裕太(二宮慶多)がいじめにあっていることに心を痛めるが、犯人は大物代議士の息子と分かり、事件は混迷を深める。ピンクトラップの標的となった企業の副社長・草野(二階堂智)を守るため、時田(柄本明)と七味(加藤晴彦)は黒幕につながる鍵を握る亜里砂(尾藤亜衣)を追うよう令子と直美に指示する。激闘の末、二人は犬飼(加藤雅也)にたどり着く。

第5回「裏と表」(前編)
学園の理事長・塩谷令子(大竹しのぶ)はカウンセラー・駒井安子(神野三鈴)に裏の顔
を知られる。令子と直美(室井滋)は人望ある国会議員の妻・ミホ(国分佐智子)に接近
、極秘データを奪還し国実の地位を守るという指令を受けるが、刺客の手にかかりミホは
重傷を負う。情報が漏れたことで直美は味方の七味(加藤晴彦)を疑う。孫・裕太(二宮
慶多)の疑いを晴らすため、校長・二階堂(羽場裕一)と令子のもとへ直美が乗り込む。

第6回「裏と表」(後編)
令子(大竹しのぶ)と直美(室井滋)は裕太(二宮慶多)をめぐって対立。入院中のミホ
(国分佐智子)が狙われると察知した二人は病室を秘密裏に変えようとするが、母・八千
代(梅沢昌代)が誘拐と勘違いし騒ぎになる。チカ(信太真妃)と裕太は盗難事件の犯人
を突き止めるが、なぜか裕太は姿をくらます。七味(加藤晴彦)たちは録音データを他国
へ渡した張本人を調べ意外な人物だと判明する。裕太の事件がついに大詰めを迎える。

キャスト

塩谷令子(大竹しのぶ)
佐藤直美(室井滋)
時田邦明(柄本明)
七味平四郎(加藤晴彦)
二階堂宗典(羽場裕一)
佐藤満寿夫(蟹江一平)
高梨洋一郎(筒井道隆)
柳沢美樹(占部房子)

脚本・主題歌など

【原作・脚本】
飯田譲治
【音楽】
横山克

ページトップへ