プレミアムドラマ
「リキッド ~鬼の酒 奇跡の蔵~」

初回放送

2015年4月12日から放送[連続3回]
毎週日曜 午後10時  BSプレミアム

ストーリー

北陸新幹線が開業し、ぐっと身近になる金沢。その街の小さな酒蔵で醸された奇跡の物語。
大赤字を抱えた老舗の酒蔵。その一人息子でエリート銀行マンの相楽修一(伊藤英明)は、思わぬことから銀行を辞め、酒造りに人生を賭けることに。わらをもつかむ思いですがりついたのが、伝説の老杜氏・鷲尾勇作(津川雅彦)だった。だが勇作は「鬼」と恐れられた男。「鬼に食われても構わない」と覚悟を決めた修一だったが、勇作がめざす“理想の酒造り”のため借金はさらに膨らみ修一は苦境に追い込まれる。しかも、勇作のもとで働く「蔵人」は酒造りの素人。それぞれの事情で行き場を失い、酒蔵に転がり込んできた男女だった。そのひとりが、修一のいとこ、直木(柄本佑)。酒蔵の命運を賭けた大吟醸の仕込みのさなか、直木の目の前で予想もつかない異変が起こる・・・。
酒造りの中で明らかになる男たちの過去と苦悩。追い求めた酒の一滴「リキッド」が流れ出るとき、起死回生の逆転はなるのか?
冬の金沢を舞台に描くヒューマンドラマ。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「鬼の帰還」
金沢の小さな酒蔵で醸された奇跡の物語。大赤字を抱えた老舗の酒蔵。その一人息子でエリート銀行マンの相楽修一(伊藤英明)は、思わぬことから銀行を辞め、酒造りに人生を賭けることに。わらをもつかむ思いですがりついたのが、伝説の老杜氏・鷲尾勇作(津川雅彦)だった。だが勇作は「鬼」と恐れられた男。しかも、勇作のもとで働く「蔵人」は酒造りの素人。追い求める究極の酒とは?崖っぷちの男たちに待ち受ける運命とは?

第2回「理想の酒」
「鬼」の杜氏・勇作(津川雅彦)に「食われてもかまわない」と覚悟を決めた修一(伊藤英明)だったが、勇作の理想の酒造りのため、さらに借金を背負う。さらにうらみを持つ名門酒蔵の蔵元・轟勝久(渡辺いっけい)からは妨害が。肝心の酒米が手に入らない中、勇作が最後の頼みにしたのが米作りの名人・国重五郎(石橋蓮司)。だが五郎は頼みを拒む。二人の間には勇作の妻タエ(星由里子)をめぐる忘れがたい出来事があった。

第3回「名酒のゆくえ」
酒造りに励む蔵人の中で、思いの深さを杜氏の勇作(津川雅彦)に感じさせたのは直木(柄本佑)だった。やがて勇作は直木に亡くなった自分の息子の面影を重ねる。実は息子は、あることが原因で自ら命を絶っていた。直木と酒造りに励むことで心を癒やしていく勇作。だが、蔵の命運をかけた大吟醸の仕込みのさなか、酒母が異変をきたし、激しく泡立ちはじめる。男たちが醸した一滴の「リキッド」。蔵の再生は?大逆転はなるのか?

キャスト

相楽 修一(伊藤 英明)
鷲尾 勇作(津川 雅彦)
相楽 直木(柄本 佑)
轟 勝久(渡辺 いっけい)
国重 五郎(石橋 蓮司)
相楽 好枝(松原 智恵子)
鷲尾 タエ(星 由里子)
鈴原 洋次(甲本 雅裕)
清水 真衣加(関 めぐみ)
田島 直太朗(深水 元基)
谷田 幹二(大高 洋夫)

脚本・主題歌など

【脚本】源 孝志

ページトップへ