NHKワンセグ2
「ドラマ8芸能社」

初回放送

2009年4月15日(水)から放送[連続17回]
午前0時40分  

ストーリー

渋谷の片隅にある小さな芸能プロダクション「ドラマ8芸能社」。
そこでスターを夢見る3人の若き女優たちの日常を描く、5分のミニコメディー。何も考えずに笑ってるうちに、木曜夜の「ドラマ8」が見たくなる。

舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)の3人は、幽霊役のオーディションに備えて演技の練習を始める。しかし、ほかの2人の演技を本気だと勘違いした舞がとんでもないことを始める。

もっと読む

各回のあらすじ

渋谷の片隅にある小さな芸能プロダクション「ドラマ8芸能社」。そこでスターを夢見る3人の若き女優たちの日常を描く、5分のミニコメディー。何も考えずに笑ってるうちに、木曜夜の「ドラマ8」が見たくなる。舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)の3人は、幽霊役のオーディションに備えて演技の練習を始める。しかし、ほかの2人の演技を本気だと勘違いした舞がとんでもないことを始める。

第1回「今日も結果待ち」
舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)の3人は、電話を待っていた。先日受けた「ドラマ8」のオーディションの結果がそろそろ来るはずだからだ。しかし待っている間に3人の妄想がどんどん膨らみ…。

第2回「執念の女優魂!?」
舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)の3人は、幽霊役のオーディションに備えて演技の練習を始める。しかし、ほかの2人の演技を本気だと勘違いした舞がとんでもないことを始める。

第3回「後悔できない」
舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)の3人は、オーディションに備えて演技の練習に励んでいた。「幽霊役には後悔の念が肝心」と社長に言われ、自分の後悔したことを思い出そうとする3人だが…。

第4回「俺の背後に立つな」
舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)の3人は、オーディションに備えて演技の練習に励んでいた。「幽霊役には人の背後に立つことが必要」と社長(岩橋道子)に言われ、互いの背後に立とうとするが…。

第5回「挨拶を忘れるな」
ついに舞(荒井萌)がドラマ8のオーディションに通った! 直美(鈴木かすみ)と園子(剛力彩芽)は、舞に収録現場での心得について教える。「挨拶(あいさつ)を相手によって使い分けねばならない」と、手本を見せる直美だが…。

第6回「芸能記者に気をつけろ!」
舞(荒井萌)がドラマの収録を終えて戻ってきた。園子(剛力彩芽)と直美(鈴木かすみ)は、舞が有名になった場合に備えて芸能記者の対処法を練習し始める。だが、肝心の芸能記者役がうまくできず…。

第7回「舞が初めて来た日」
直美(鈴木かすみ)と園子(剛力彩芽)は、舞(荒井萌)が初めて事務所に来た日のことを思い出す。2年前、あるオーディションから帰ると、舞が社長に連れられて事務所に来たのだった。

第8回「心をひとつに」
舞(荒井萌)と園子(剛力彩芽)と直美(鈴木かすみ)は、今日も演技の練習中。宇宙飛行士の気分を味わうため、3人で狭いところに入って協力し合うことにしたのだが、ちっとも息が合わず…。

第9回「スターの気持ちがわからない」
オーディションに向け、星の動きについて学ぶ舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)。聞くだけではなかなか頭に入らないので、自分たちで星の動きを再現してみることにするが…。
第10回「管制塔からこんにちは」
宇宙飛行士役のオーディションを受けるため、管制塔からの指示に従う練習をする舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)。しかし、直美と園子の2人が別々の指示を出すため、舞が混乱してしまい…。

第11回「なんか変な感じ」
オーディションに向けてSF用語を勉強する舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)。しかし、そもそもSFが何の略なのかわからない。思い当たる単語をいろいろ当てはめてみるのだが…。

第12回「無重力ってむずかしい」
舞(荒井萌)と園子(剛力彩芽)と直美(鈴木かすみ)は、今日も演技の練習中。社長(岩橋道子)から「宇宙飛行士役を演じるため、無重力での演技を研究しろ」と言われ、困り果てた末にあるアイデアを実行するのだが…。

第13回「突入せよ!」
今日も宇宙活動の演技を練習する舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)。しかし、何の表情か解説しないとわかってもらない。リアルさが足りないのだと考えた3人は…。

第14回「レギュラーの座を奪え!」
舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)の3人は、いす取りゲームの練習に励んでいた。ドラマのレギュラーを勝ち取る力をつけるためだというのだが、つい練習に熱が入り…。

第15回「面接がとまらない」
舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)は、「なかなか面接に通らないのは、マナーができていないからではないか?」と考え、自己紹介などをシミュレーションし始めるのだが…。

第16回「恐怖のプレゼント」
舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)たちに、社長から突然プレゼントが贈られた。「理由は特にない」といわれ、かえって不思議に思った舞たちは、「ドラマ8芸能社の経営が危ないのではないか?」と思いはじめる。

第17回「やっぱり結果待ち」<終>
ついに3人そろってテレビ局に呼ばれた舞(荒井萌)、園子(剛力彩芽)、直美(鈴木かすみ)。しかしドラマの内容を知らされていない。「ふだんどおりでいいから」と言われ戸惑う中、案内されたセットはなんと…!

キャスト

荒井萌
剛力彩芽
鈴木かすみ
岩橋道子

脚本・主題歌など

【作】
故林 広志

ページトップへ