特集ドラマシリーズ
「ABUアジア子どもドラマシリーズ 2013」

初回放送

2013年7月29日(火)から放送[連続5回]
午前9時  Eテレ

ストーリー

今年で9年目を迎える『ABUアジア子どもドラマシリーズ』は 毎年、バラエティに富んだアジアの国と日本の子どもが主役のドラマをラインナップ。 アジアの国々を旅するように、夏休みのひと時、子どもたちと家族揃って楽しめるエンターテインメントドラマシリーズです。

もっと読む

各回のあらすじ

中国「ベストメロディー」
浜辺で開催されるコンサートでの演奏者を決めるために、音楽室の子どもたちはステージで一人ずつピアノを弾く。ルウが途中でつかえてしまった小節をワンは間違えることなく上手に弾いたが、しかめ面で演奏しているのが気になるルウ。一緒に練習しようと誘うが断られて…。

香港「小さな約束」
チーは聴覚障害をもつ父親と二人暮らし。父親は毎日チーを学校まで迎えに来るが、手話を使う父親をからかわれるので、チーは本心では来てほしくない。「学校では手話を使わないで」と父親にお願いして、2人は指きりをする。そんなある日、父親が仕事中に両手を怪我してしまい…。

韓国「パパは悪役」
テレビのヒーロー番組「X線マン」が大流行中。人々のピンチを救ってくれるX線マンがジュンも大好きだ。しかし実は、X線マンの敵である悪役を演じているのはジュンの父親なのだ!ある日、学校で作文の発表中、思わず自分の父親はX線マンだと嘘をついてしまい…。

モンゴル「ママがくれた鏡」
ウジンは父親と二人暮らし。1年前に母親が亡くなり、形見である三面鏡がウジンの宝物だ。左側に母親の、右側に父親の写真を飾って、正面の鏡に自分を映せばいつだって家族三人でいられるからだ。ところがある日、近所のいたずらっ子2人によって大切な鏡が割れてしまい…。

日本「折鶴」
足を骨折して入院中のたけるは、折り紙をしている少女さやと出会い、淡い恋心を抱く。仲良くなった2人は、病気や怪我が治るよう祈りを込めて、千羽鶴を一緒に折り始める。千羽を目前に、ある晩、千羽鶴を手に退院していくさやの夢を見たたけるは、一緒に折った鶴を窓から捨ててしまう。
マレーシア「ウングのドレス」
ウングはダンスが大好きな女の子。ダンス教室に遊びに行ったところを母親に見つかって怒られてしまう。なぜかダンスのこととなると怒りだす母親。今度の行事では衣装が必要だがウングは持っていない。物置の箱の中でついに衣装を見つけたが、母親に破かれてしまい…。

イラン「わたしの料理」
お人形とおままごとをしているサラ。隣の部屋からは父親のくしゃみや咳が聞こえてくる。風邪をひいているのに仕事が忙しくて休めていないのだ。何とか父親から書類を取り上げ、ベッドで休むよう説得する。早く風邪が治るようスープ作りに挑戦するが、トマトが二つ足りなくて…。

ブルネイ「捨てられた絵の具」
ダニーは絵を描くのが大好きな男の子。いつも描いているスケッチブックがいっぱいになったので、家の扉や、友達の学習帳にまで絵を描くようになってしまい、両親にひどく怒られ画材をすべて捨てられてしまった。そんなある日、学校で美術コンテストが開かれることになり…。

ブータン「おばあちゃんの大事な袋」
週末はおばあちゃんの家に遊びに行く孫の2人。畑仕事をしたりピクニックをしたり、2人ともおばあちゃんが大好きだ。おばあちゃんはいつも袋を肌身離さず持っている。亡くなったおじいちゃんがくれたものだ。その袋を、ふざけているうちに破いてしまった…!

日本「ケータイ電話と川のヌシ」※再放送
10才の女の子・まひると、同級生のりのは、大の親友だった。ふたりは、通学路の橋の下の川に「おっきな魚のヌシサマ」が住んでいると信じていて、ヌシサマによく願い事をしていた。ある日、携帯電話ばかりかけているりのを見て、まひるは、りのの携帯電話を橋の下の川に投げ込んでしまう…。

キャスト

ガレッジセール

脚本・主題歌など

※この番組に関する原作・脚本などの情報はありません。

ページトップへ