特集ドラマ
「名探偵 赤富士鷹」

初回放送

2005年12月29日(木)午後9時15分※第一夜
2005年12月30日(金)午後9時※第二夜  総合

ストーリー

本格ミステリー 年末2夜連続放送!
複雑な事件、広がる謎・・・果たして犯人は誰だ?
「ミステリーの女王」アガサ・クリスティーの名作2作品のドラマ化
アガサ・クリスティーのご存知「名探偵ポワロ」シリーズから「ABC殺人事件」と 「ゴルフ場殺人事件」をドラマ化。

事件の時代設定は、アガサ・クリスティーが「ABC殺人事件」を出版した昭和11年(1936年)。ヨーロッパでさまざまなジャンルの芸術が花開いていたこの時期、日本ではまだ戦争ムード一色ではなく、大衆が西洋文化を貪欲に吸収していた。その時代状況を存分に活かして、複雑にからみあった難事件の糸を、名探偵・赤富士鷹(あかふじ・たかし)が解きほぐしていく。

昭和の日本を舞台とする「金田一耕助」シリーズとは対照的に、ヨーロッパテイストあふれるファッショナブルなミステリー。

もっと読む

各回のあらすじ

東京・芝で古書店を営む赤富士鷹は、名推理で幾つもの難事件を解決した素人探偵として巷に知られている。古書店といっても、とても日本では手に入らないような西欧の奇書なども当たり前のように並ぶ一筋縄ではいかない品揃え。赤富士は、本当は商売などする必要のないくらい裕福だともいわれているが、その正体は謎。ただ、好奇心にあふれ、人間に興味を持ちその上世話好きな人柄は、出会った人を必ず「赤富士ファン」にしてしまう不思議な魅力となっている。そして、事件が起きた。

第一夜「ABC殺人事件」
昭和11年、赤富士鷹(伊東四朗)が営む古書店に、親友の忘れ形見、如月大正(塚本高史)が訪ねてきたとき、犯罪をほのめかす謎の手紙が届いた。赤富士が心配していると、長年のパートナーである警視庁の木暮刑事(益岡徹)から電報がくる。案の定殺人事件が発生し、頭文字Aの町でAさんが、頭文字Bの町でBさんが殺されていく。赤富士の元に送りつづけられる殺人の予告状、果たして犯人の狙いとは…。

第二夜「愛しのサンドリヨン」(原作:ゴルフ場殺人事件)
如月が「サンドリヨン(シンデレラ)」の本の買取りの依頼に来た美女(吹石一恵)に一目ぼれしたとき、事件がおきた。被害者は大きな洋館に住む画商の夏木和之進(佐野史郎)。使用人によれば、犯人は夏木の妻・絹子(名取裕子)を縛って猿轡をかませた中国人で、夏木が近所に住むクリーニング店・羽立志摩子(多岐川裕美)と関係を持ったための天罰だという。赤富士がふと過去の事件を思い出したとき、再びサンドリヨンの美女が現れる…。

キャスト

伊東四朗
塚本高史
大杉 漣
杉本哲太
山崎 一
音無美紀子
中原果南
山崎樹範
吹石一恵
多岐川裕美
星野真里
柏原収史
佐野史郎
名取裕子
益岡 徹
ほか

脚本・主題歌など

【原作】アガサ・クリスティー
【脚本】藤本有紀
【音楽】服部隆之

ページトップへ