連続テレビ小説
「旅路」

初回放送

1967年4月から放送  

ストーリー

鉄道員の妻の、平凡でも幸せな人生。

平凡な夫婦、鉄道員の雄一郎(横内正)と妻・有里(日色ともゑ)の愛情を軸に、大正・昭和をひたすらに生きた人々を描いた。

北海道、東京、大阪など各地が舞台になった。

キャスト

横内 正
日色ともゑ

脚本・主題歌など

【作・原作、脚本】
平岩弓枝

ページトップへ