連続テレビ小説
「信子とおばあちゃん」

初回放送

1969年4月から放送  

ストーリー

10代と70代の「女の生き方」。

大学受験を断念した信子(大谷直子)が、明治生まれの東京のおばあちゃん(毛利菊枝)のもとで、強く明るく生きていく姿を描いた。

キャスト

大谷直子
毛利菊枝

脚本・主題歌など

【原作】
獅子文六
【脚本】
井手俊郎

ページトップへ