連続テレビ小説
「繭子ひとり」

初回放送

1971年4月から放送  

ストーリー

都会でけなげに生きる女性の物語

両親と離れて育った繭子(山口果林)が、故郷の青森県・八戸から母を訪ねて上京。都会で幸せを探し、けなげに生きる姿をドラマチックに描いた。

キャスト

山口果林
北林谷栄

脚本・主題歌など

【原作】
三浦哲郎
【脚本】
高橋玄洋

ページトップへ