連続テレビ小説
「水色の時」

初回放送

1975年4月から放送  

ストーリー

放送期間が半年になった初作品。

女医志望の知子(大竹しのぶ)と看護師の母を軸に、青春期の若者たちと、青春をくぐり抜けてきた親たちとの心の交流を描いた。
長野県・松本が舞台。

キャスト

大竹しのぶ
香川京子
米倉斉加年

脚本・主題歌など

【作・原作、脚本】
石森史郎

ページトップへ