よるドラシリーズ
「ブルーもしくはブルー」

初回放送

2003年6月23日(月)から放送[連続16回]
毎週月~木曜午後11時  総合

ストーリー

佐々木蒼子(稲森いずみ)は、裕福だが、冷えた結婚生活を送っている。広告代理店に勤める夫・佐々木祐介(石黒賢)には愛人がいる。しかし、蒼子にも牧原直也(内田朝陽)という若い恋人がいて、それなりの楽しさはあるが、心は満たされない。そんなある日、旅のアクシデントでたまたま博多に立ち寄った蒼子は、自分とうり二つの女・河見蒼子(稲森いずみ)と出会う。驚くことに自分の昔の恋人・河見俊一(細川茂樹)と腕を組んでいる。彼女は蒼子と誕生日も生い立ちも同じで、違うのは結婚相手とその後の人生だけ。「河見蒼子」は、祐介か俊一、どちらと結婚しようかと蒼子が悩んだときに分離してしまった「もうひとりの自分」だった。ひとときでも今の生活から抜け出したかった蒼子は、もう一人の自分・河見蒼子に一ヶ月だけ入れ替わって生活しようと提案。河見・蒼子もそれを引き受ける。だが、そのことが彼女の運命を大きく狂わせて行く。

もっと読む

各回のあらすじ

第1週(第1回~4回)「運命」
佐々木蒼子(稲森いずみ)は、夫・佐々木祐介(石黒賢)の裏切り行為から、牧原直也(内田朝陽)に誘われるがまま不倫旅行へと旅立つ。そんな時、自分にそっくりな河見蒼子(稲森いずみ)に出会う。驚く事に、彼女は自分の恋人・河見俊一(細川茂樹)と結婚していた。「あの時、今の夫ではなく、彼を選んでいたら、私の人生はどうなっていたのだろうか・・・」互いの生活を羨み、疑問を残しながらも、「二人の蒼子」は入れ替わる。

第2週(第5回~8回)「嫉妬」
佐々木蒼子(稲森いずみ)が博多にやって来て、河見蒼子(稲森いずみ)と入れ替わりの練習をする。そして、東京と博多に分かれ二人の入れ替わりの生活が始まる。その事をそれぞれの夫である祐介(石黒賢)も、俊一(細川茂樹)も気づかないでいる。二人の蒼子は、それぞれに今まで味わったことのない楽しい日々を送る。しかし、次第に愛人問題、姑問題、いじめ、夫の暴力と、表に出ていなかったお互いの私生活が現実として露呈してくる。

第3週(第9回~12回)「復讐」
佐々木蒼子(稲森いずみ)は河見蒼子(稲森いずみ)と入れ替わり、河見(細川茂樹)との新しい生活を楽しんでいたが、酒に酔った河見の豹変振りに驚き佐々木(石黒賢)との生活に戻る事を決意。ところが、元の環境に戻ろうと考えた時、「自分の分身」であると思っていた河見蒼子に赤ん坊ができ、「影」だった河見蒼子が「本体」の佐々木蒼子と入れ替わってしまう…。

第4週(第13回~16回)「出発」
佐々木蒼子(稲森いずみ)と河見蒼子(稲森いずみ)の愛憎がぶつかり、あと一歩で殺人へとエスカレートしていく。二人がもみ合う中、河見蒼子が流産。事件をきっかけに佐々木蒼子は意地をはりながらも自分が本当はいつもの夫佐々木(石黒賢)を求めていた事を思い知らされる…。

キャスト

佐々木蒼子/河見蒼子(稲森いずみ)
佐々木祐介(石黒 賢)
河見俊一(細川茂樹)
藤沢美樹(七瀬なつみ)
牧原直也(内田朝陽)
緑川和夫(山寺宏一)
森 早苗(根本はるみ)
田島はるか(ベッキー)
河見よし江(中尾ミエ)
橘耕三(宇津井健)

脚本・主題歌など

【脚本】
中谷まゆみ
【原作】
山本文緒

ページトップへ