特集ドラマシリーズ
「帽子(広島開局80年ドラマ)」

初回放送

2008年8月2日(土)放送
午後9時  

ストーリー

軍港の町、呉に、かつて山本五十六連合艦隊司令長官の軍帽を作った帽子店がある。その誇りを受け継ぎ、学生帽を作ってきた職人が春平だ。しかし最近、注文は減り続け、物忘れも多くなった。「ハサミが見当たらない」と警報ボタンを押し、警備員の社員、吾朗を呼びつける毎日だ。

ある日、ふとしたことから、吾朗を捨てた母親が、幼なじみの世津で、今、ガンの末期にあると知る。胎内被爆という重い荷物を抱える世津の兄のような存在だった自分。しかし、最後は支えきれず、世津は春平の元を去った。その記憶は、今も春平を苦しくさせる。
世津が、死を前にしていると知り、春平は、強引に吾朗を連れて、東京に行く。

胎内被爆者として、差別や病気の不安と戦いながら生きてきた世津。しかし、探し当てた世津は意外にも、実に幸せそうに暮らしていた。世津は、40年前の春平との別れの時、春平が作った小さな「水兵帽」を受け取っていた。春平の職人としての「誇り」がこめられた「帽子」。それは、世津にとって、辛く、苦しい時、自分を支えてくれた大切なものだった。「誇り」を失いかけた春平に、世津は、その帽子を見せる。そして、春平の心に再び力がわきあがってくる・・・

現代を生きる私たちが見失ってはならないものとは、そして、時代を経ても変わることのない生き方とは、それをこのドラマでは問いかけます。NHK広島放送局が開局80年を記念して制作する感動の物語。

もっと読む

各回のあらすじ

人間の生きる誇りとは何か?老いた帽子職人と若き警備員が、大切な女性に会うため旅に出る。舞台は広島、呉、東京。池端俊策、渾身の脚本で贈る感動の物語。主演、緒形拳。

キャスト

高山春平(緒方 拳)
河原吾朗(玉山鉄二)
竹本世津(田中裕子)
河原雅之(岸部一徳)
河原美和(柚木佑美)
河原亜紀(小林英里香)
竹本勝人(北見敏行)
竹本晴子(大西麻恵)
太刀山校長(山本晋也)
PTA理事・市村(山本龍二)
高山 優(富田麻帆)
轟主任(岩田丸)
福造老人(牟田悌三)
孫(森脇崇行)
山本五十六(青野光臣)
高山礼吉(高橋克明)
春平8歳(笠原秀幸)
世津19歳(朝倉あき)
英三(梶本浩喜)

脚本・主題歌など

【脚本】
池端俊策
【演出】
元ちとせ「空に咲く花」(いのちのうた) 
【主題歌】
黒崎 博

ページトップへ