土曜ドラマ
「チャレンジド ~卒業~」

初回放送

2011年5月14日(土)・5月21日(土)放送[前後編]
毎週土曜午後9時  総合

ストーリー

あの熱血教師が帰ってくる! 人を愛することの大切さを教えていく盲目の教師・塙啓一郎、再び!!
全盲となった中学教師・塙啓一郎が困難を乗り越えて教壇に復帰し、生徒や同僚の教師たちとのふれあいの中で成長していく物語の続編。
1年後、中学3年生の担任となった啓一郎と生徒たち。みんなで力を合わせる最後の運動会、そして受験や卒業、進路という新たな問題に、体当たりでチャレンジしていきます!おたのしみに!!

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「熱血教師、再び」
塙啓一郎(佐々木蔵之介)は熱血中学教師だったが、難病で失明し職を失う。リハビリセンターで点字や、白杖の使い方を必死で覚え、再び教壇に立ちたいと願うが、都内の学校からは断られる。何とか妻の幸江(富田靖子)の恩師で、静岡県で校長をしている花村聡吉(西郷輝彦)に採用してもらえる。他の教師たちは採用に反対で啓一郎に対し非協力的で、担任になったクラスにはパニック症候群に悩む比夜(小池里奈)がいた。

第2回「パートナー」
啓一郎(佐々木蔵之介)は副担任の新谷京子(村川絵梨)に手伝ってもらって授業を始めようとする。しかし、担任になり損ねた京子は反発し、独力で授業を進めなければならない。啓一郎の教室での失敗を生徒たちが助けたりはするが、生徒たちは単に盲目の教師を珍しがり、面白がっているだけだと校長の花村(西郷輝彦)は厳しく言う。啓一郎からテストの採点を頼まれた京子が帰宅途中で答案の一部を紛失してしまう。夜の川で必死に答案を探し回る啓一郎の姿に京子は心を打たれる。

第3回「14歳のメロス」
盲目の啓一郎(佐々木蔵之介)の授業に不安を感じる保護者がいることが分かり、花村校長(西郷輝彦)の提案で、啓一郎は授業参観を行う。授業を見た保護者は理解を示したがただ一人、鵜飼秀彦(竹内寿)の母・里子(七瀬なつみ)は秀彦を私立の中学に転校させるという。啓一郎は秀彦と一緒に走り、秀彦が大学准教授の父・良一(国広富之)の家庭内暴力に悩んでいることを知る。啓一郎は秀彦と里子を守るため、2人を自宅に泊める。秀彦と里子が勇気を奮って良一と話し合う。

第4回「悲鳴が聞こえない」
啓一郎(佐々木蔵之介)は日光への修学旅行に同行することを許されない。いたたまれず、有給休暇を取って強引に旅行に合流する。友坂真鈴(藤本七海)がいじめを受けて山中で行方不明になる。啓一郎と京子(村川絵梨)が捜しに行き、身投げしようとしていた真鈴を見つける。道に迷いながらも無事に連れ帰すことができた。そして、啓一郎は学校に戻ってから、真鈴をいじめていた月本麗(夏未エレナ)と話をしようとするが・・・。

第5回「さよなら、先生」
生徒の真鈴(藤本七海)を、修学旅行中に遭難させた啓一郎(佐々木蔵之介)は教師として適格かどうか教育委員会が審議を始める。そんな中、真鈴をいじめていた麗(夏未エレナ)が学校を休む。啓一郎はフルマラソンに挑戦し、完走できたらクラスに戻るという約束を麗とする。
 マラソン当日、クラスの皆が交代で啓一郎の併走をする。そして最後に――。

キャスト

塙啓一郎(佐々木蔵之介)
塙 幸江(富田靖子)
新谷京子(村川絵梨)
筧 丈治(夏八木勲)
花村聡吉(西郷輝彦)
奥寺比夜(小池里奈)
友坂真鈴(藤本七海)
鵜飼秀彦(竹内 寿)
江藤元気(秋元龍太郎)
角田みず帆(村崎真彩)

脚本・主題歌など

【原作・脚本】
渡邉睦月

ページトップへ